鈴木 英治

口入屋用心棒シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 口入屋用心棒(42) 黄金色の雲 42 [ 鈴木英治 ] へ。


目明しの金之丞ら三人を平然と殺め、江戸有数の大店から大金を強請りとった読売かわせみ屋・庄之助の魔の手は、ついに、南町奉行所・樺山富士太郎にも及び、身を挺して主人を守った中間・珠吉が斬られる。湯瀬直之進、倉田佐之助、米田屋琢ノ介らの必死の探索にもかかわらず、包囲網を突破する庄之助。業を煮やした与力・荒俣土岐之助が打った秘策とは!?大迫力の攻防戦、書き下ろし人気シリーズ四十二弾。(「BOOK」データベースより)

口入屋用心棒シリーズの四十二弾の長編痛快時代小説です。

庄之助が登場してきて三作目になり、いよいよ庄之助との対決が迫ります。

 

庄之助に命じられた高田兵庫により、富士太郎の身代わりになって斬られた珠吉だったが、いまだ生死の境をさまよっていた。

翌日の朝、奉行所を出た富士太郎に湯瀬直之進、倉田左之助、米田屋琢ノ介の三人が、玉吉を斬った下手人の探索を手伝わせてくれと言ってきた。

そこで、直之進には想願寺の住職の臨鳴が庄之助の一味なのかどうかを、左之助には左之助が桜源院で見たという一万両の金の存否を調べてもらうことにする。

また、米田屋という店の大黒柱である琢ノ介には危ない仕事は頼めず、結局富士太郎の用心棒を頼むことになり、まずはかわせみ屋にいる庄之助に会いに行く。

直之進は、墓暴きの一件を庄之助に知らせたのは想願寺の住職の臨鳴だったことを確認する。一方、桜源院に忍び込んだ左之助は住職の沢勢の書斎で、沢勢の父親向島の家を手に入れた証文を見つけるが、沢勢に見つかり、宝蔵院流の槍の手練れの沢勢と一線を交え、これを倒すのだった。

富士太郎らは荒俣土岐之助の口利きで向島の家の近くの料理屋を見張りの根城にし、直之進もまた荒俣の口利きで、かわせみ屋のはす向かいにある蕎麦屋の二階で見張りをすることになる。

富士太郎や左之助が見張る中、庄之助が向島の家へとやってきた。その夕刻、役人らの急襲を請けるが、直之進や左之助らのすきを見て逃げ出した庄之助だった。

 

いよいよ庄之助との対決となります。

直之進が全く歯が立たないほどの剣の腕を持つ庄之助ですが、この庄之助を同様にして倒すのか、が気になるところです。

また、直之進と同程度の腕である左之助と庄之助との対決も見どころではあります。

 

と、本書の見どころを挙げることはできるのですが、実際読み終えてみると、私の好みとは若干ずれた結果に終わりました。

せっかく庄之助という強烈なキャラクターを持ってきたのに、そのキャラクターをうまく生かし切れていない印象に終わってしまったのです。

天下の転覆を目指す庄之助ですが、それにしては計画が雑に過ぎますし、他にも庄之助の異常なまでの強さの理由も今ひとつはっきりとしませんでしたし、直之進との対決も尻切れ気味だったのです。

 

このシリーズも四十巻を超える一大シリーズとなってきました。この後どのような展開になっていくものなのか、大きな期待をもって読み続けたいと思います。

[投稿日]2019年04月13日  [最終更新日]2019年4月13日
Pocket

おすすめの小説

同心が主人公の痛快時代小説

鬼平犯科帳 ( 池波正太郎 )
言わずと知れた名作中の名作です。
弥勒シリーズ ( あさの あつこ )
主人公の同心木暮信次郎とその手下である岡っ引伊佐治、そして被害者の旦那である遠野屋主人の清之介というキャラクターのそれぞれのがじつに魅力的な、心に闇を抱えた男たちの時代小説シリーズです。
御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。
夜叉萬同心シリーズ ( 辻堂 魁 )
北町奉行所隠密廻り同心である萬七蔵(よろずななぞう)は、一刀流の免許皆伝という腕前を買われ、奉行直属の隠密御用を命じられている「殺しのライセンス」を持つ同心です。
戻り舟同心 ( 長谷川 卓 )
十年前に隠居した身の元南町奉行所定廻り同心の二ッ森伝次郎は、南町奉行の坂部肥後守はの命により、迷宮入りになっている事件の洗い直しなどを行うことになるのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です