佐伯 泰英

吉原裏同心シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 流鶯 吉原裏同心25 [ 佐伯泰英 ] へ。


吉原会所に突然、「裏同心」を希望する女性が現れた。十八歳と若い「女裏同心」に戸惑う吉原裏同心の神守幹次郎と会所の面々。一方、札差の伊勢亀半右衛門が重篤な病に罹り、幹次郎は遺言を託される。遺言には、薄墨太夫にかかわる衝撃の内容が書かれていた―。薄墨太夫、幹次郎、汀女にとって大きな転機となる内容とは何か。シリーズ最大の山場が待つ第二十五弾! (「BOOK」データベースより)

吉原裏同心シリーズの第二十四弾です。

 

吉原の「裏同心」になりたいと一人の娘が吉原会所に現れます。名を嶋村澄乃といい十八歳になるその娘は、父親の嶋村兵右衛門が亡きあと、父親と付き合いのあった吉原会所七代目頭取である四郎兵衛を頼って現れたのでした。

とりあえずは見習いとして幹次郎の仕事ぶりを学ぶ澄乃ですが、吉原のことを何も知らない澄乃にとって、吉原の日々は驚くことばかりです。

一方、薄墨太夫の贔屓筋である札差の伊勢亀半右衛門が重い病にかかり、幹次郎は薄墨太夫のこれからにかかわる重要な事柄が記された遺言を託されるのでした。

 

本書は、このところマンネリ感があり、新シリーズへの移行を心待ちにしていたのですが、本巻を持ってこのシリーズの一応の決着を見ることになりました。

だからなのか、本書は久しぶりにインパクトのある物語でした。と言っても、幹次郎の見せる剣戟の場面が多いなどの痛快場面が盛りだくさんというわけではなく、幹次郎の活躍の場面という点では逆に少ないとさえ言えます。

それよりも、新しい裏同心の登場や、薄墨の身分に大きな変化があるなどのストーリー上の新展開がこれまでとは異なる心地よさをもたらしてくれたと思われます。

幹次郎は、札差筆頭行司という高い地位にある伊勢亀半右衛門の最後に立ち合うことになり、その後は半右衛門の息子である千太郎とも知己を得ることになります。こうして江戸の大商人とも繋がりを得、薄墨太夫の今後の生き方にも大きく関わってくるのですが、こうした流れは吉原を舞台にした人情話にも似た雰囲気を醸し出しています。

 

新裏同心が若干十八歳の澄乃という娘であることから、今後の澄乃の成長が描かれるであろうし、澄乃の活躍も期待していいのでしょう。また、薄墨太夫の運命も大きく変動していくことは、今後のこのシリーズの性格も変わってくることと思われます。

次巻からは、新シリーズとしての新展開を期待したいものです。

[投稿日]2018年04月30日  [最終更新日]2018年4月30日
Pocket

おすすめの小説

吉原を舞台にした小説

吉原手引草 ( 松井 今朝子 )
葛城の姿が忽然と消えた。一体何が起こったのか?失踪事件の謎を追いながら、吉原そのものを鮮やかに描き出した時代ミステリーの傑作。選考委員絶賛の第一三七回直木賞受賞作。
吉原御免状 ( 隆 慶一郎 )
吉原の成り立ちに“徳川家康”の「神君御免状」がからみ、宮本武蔵の秘蔵っ子や裏柳生らが死闘を繰り広げる痛快伝奇小説です。続編として『かくれさと苦界行』があります。
輪違屋糸里 ( 浅田 次郎 )
小説の一部で京都島原が舞台になってはいても、描かれているのは主題は新撰組なので、吉原関連の作品として挙げるには若干場違いかもしれません。しかし、面白さは保証つきです。
五番町夕霧楼 ( 水上 勉 )
こちらも舞台は京都島原です。しかし、遊郭が舞台ということで・・・。丹後の寒村に育ち、自ら遊女となった夕子と、同郷の幼友達である青年僧侶との悲恋物語。金閣寺焼失事件に題をとった名作。
吉原代筆人シリーズ ( 高山 由紀子 )
消えた男の行方を追って吉原にたどりついた雪乃。ぷっつり切れた消息の糸を掴むために吉原で生きることに決めた彼女は、読み書きのできない遊女にかわり手紙を綴る代筆屋を手伝うことになる。

関連リンク

佐伯泰英 特設ページ | 光文社文庫 | 光文社
吉原裏同心シリーズ 光文社オフィシャルサイト
新刊情報 | 佐伯泰英 ウェブサイト
佐伯泰英新刊情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です