佐伯 泰英

吉原裏同心シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 遺文 吉原裏同心21 長編時代小説 (光文社文庫) [ 佐伯泰英 ] へ。


吉原会所の頭取・四郎兵衛の傷がようやく癒えた折り、またも吉原が「脅威」にさらされた。吉原裏同心の神守幹次郎は、いまだ復調ならぬ四郎兵衛に伴って、吉原の秘された過去の「遺文」があるとされる鎌倉へ。そこで彼らを待ち受けていたのは過去最強の刺客たちと衝撃の「秘密」だった。シリーズ史上最高傑作!吉原、鎌倉を舞台に壮大なドラマが繰り広げられる第二十一弾。(「BOOK」データベースより)

吉原裏同心シリーズ第二十一弾です。

ここしばらく続いてきた吉原会所への攻撃も、本書で一応の解決を見ることになります。

前作で大怪我を負った吉原会所七代目頭取の四郎兵衛は、吉原を狙う勢力のおびき出しも兼ね、神守幹次郎を警護として自らがおとりとなって鎌倉の建長寺へと出かけるのです。そして四郎兵衛の思惑通りに刺客らが襲ってきますが、幹次郎の活躍で見事に刺客を撃退してしまうのでした。

この物語について、惹句には「シリーズ史上最高傑作!」との謳い文句がありました。たしかに、吉原の成り立ちからの秘密をめぐって鎌倉で活劇が展開され、物語としては最高の展開になる筈だったと思います。

しかしながら、シリーズ中盤のクライマックスの筈が個人的にはそうでもありませんでした。

というのも、あまりにも幹次郎が強すぎるのです。幹次郎一人がいれば相手が幾人いようと問題ではなく、そのすべてを退けてしまうのですから、幹次郎という存在さえあればもう吉原は安泰だと思えてしまいます。

ここまで主役の存在感があり過ぎると、痛快小説ということを越えて、物語の筋などどこかへ行ってしまいます。主人公さえいれば叶わないことは無くなってしまい、物語としての面白みまで霧消してしまいます。

本書の場合、そこまでは行きませんが、それに近い印象を持ってしまったことも事実です。主人公はそれなりに強くなければならず、それでいて物語としてスリリングな緊張感を維持していかなければなりません。

そうしたことがキャラクター造形や、ストーリー構成の工夫ということになるのでしょうが、本書は決してうまくいっているとは言えないのです。

吉原の成り立ちからの秘密という謎の設定も、今ひとつ物語に馴染んでいるとは感じなかった点もあり、本書についての厳しい印象につながってきたと思われます。

シリーズとしての間延び、マンネリ感が出てきたんかもしれません。今後の展開に期待しましょう。

[投稿日]2017年10月08日  [最終更新日]2017年10月8日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

鬼平犯科帳 ( 池波正太郎 )
言わずと知れた名作中の名作です。
用心棒日月抄 ( 藤沢周平 )
青江又八郎は藩の政争に巻き込まれ、脱藩せざるを得なくなり、江戸へと逃亡する。用心棒稼業で暮らしながらも追手との戦いも待ち受けるのだった。
居眠り磐音江戸双紙シリーズ ( 佐伯泰英 )
佐伯泰英作品の中でも一番の人気シリーズで、平成の大ベストセラーだそうです。途中から物語の雰囲気が変わり、当初ほどの面白さはなくなりましたが、それでもなお面白い小説です。
夜叉萬同心シリーズ ( 辻堂 魁 )
北町奉行所隠密廻り同心である萬七蔵(よろずななぞう)は、一刀流の免許皆伝という腕前を買われ、奉行直属の隠密御用を命じられている「殺しのライセンス」を持つ同心です。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 )
八丁堀の鬼と恐れられる隠密廻り同心・長月隼人が活躍する、ミステリー色の強い、痛快活劇小説です。

関連リンク

佐伯泰英 特設ページ | 光文社文庫 | 光文社
吉原裏同心シリーズ 光文社オフィシャルサイト
新刊情報 | 佐伯泰英 ウェブサイト
佐伯泰英新刊情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です