佐伯 泰英

吉原裏同心シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 髪結 吉原裏同心20 長編時代小説 (光文社文庫) [ 佐伯泰英 ] へ。


吉原裏同心の神守幹次郎に女髪結のおりゅうが相談をもちかけた。妹のおきちが不審な者に狙われているのだという。おきちの警固に動いた幹次郎だったが、それがとんでもない騒動の幕開けだった。そして、次に狙われたのは、「吉原の主」ともいえる人物・四郎兵衛。再び蠢きだした「闇の力」の前に、幹次郎の豪剣が立ちはだかる!大人気シリーズ、待望の第二十弾。(「BOOK」データベースより)

吉原裏同心シリーズ第二十弾です。

314頁という頁数の、中身の濃い痛快捕物帳とも言える物語です。

吉原で働く女髪結のおりゅう依頼で、おりゅうの妹であるおきちへのストーカーからおきちを守ることになった神守幹次郎です。

しかし、そのストーカーの影には吉原をつけ狙う大きな勢力が見え隠れします。そしてその先には、吉原会所の七代目頭取である四郎兵衛の命を狙う輩と、その背後に控えている勢力との対決をも見据える話になってくるのです。

文字通りの痛快活劇小説です。幹次郎と吉原会所の面々は、おきちを付け回す男の背後に控える反会所勢力と、吉原そのものの存在にもかかわる闇の勢力との対決にのぞむことになります。

本書の解説はポーラ文化研究所研究員の村田孝子氏が担当されています。この解説が、単に物語の解説を越えて、江戸時代の女性の髪形について詳しく説明してあり、興味をそそられるものでした。

浮世絵に描かれている女性の髪形を挿絵として挟みながら、髷の結い方まで説明されていて非常に関心をそそられました。

[投稿日]2017年10月06日  [最終更新日]2017年10月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

吉原御免状 ( 隆慶一郎 )
色里吉原を舞台に神君徳川家康が書いたといわれる神君御免状を巡り、宮本武蔵に肥後で鍛えられた松永誠一郎が、裏柳生を相手に活躍する波乱万丈の物語です。
鬼平犯科帳 ( 池波正太郎 )
言わずと知れた名作中の名作です。
剣客春秋シリーズ ( 鳥羽 亮 )
剣術道場主の千坂藤兵衛とその娘里美、その恋人彦四郎を中心に、親子、そして若者らの日常を描きながら物語は進んでいきます。
剣客商売 ( 池波 正太郎 )
老剣客の秋山小兵衛を中心として、後添いのおはるや息子の大治郎、その妻女剣客の佐々木三冬らが活躍する、池波正太郎の代表作の一つと言われる痛快時代小説です。
軍鶏侍シリーズ ( 野口 卓 )
デビュー作の軍鶏侍は、藤沢周平作品を思わせる作風で、非常に読みやすく、当初から高い評価を受けています。

関連リンク

佐伯泰英 特設ページ | 光文社文庫 | 光文社
吉原裏同心シリーズ 光文社オフィシャルサイト
新刊情報 | 佐伯泰英 ウェブサイト
佐伯泰英新刊情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です