大沢 在昌

イラスト1
Pocket

文庫

徳間書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


素性不明の腕利きボディガード・キリのもとに仕事の依頼が舞い込んだ。対象は森野さやかという十七歳の少女。ミッションは、昼夜を問わず一週間、彼女を完全警護すること。さやかには人の過去を見抜き、未来を予知する特別な能力が開花する可能性があるという。「神眼」と呼ばれるその驚異的な能力の継承者は、何者かに命を狙われていた。そしてさやかの父・河田俊也が銃殺された―。(「BOOK」データベースより)

 

大沢在昌らしいアクション小説です。

 

ボディーガードのキリの今回の保護の対象者は、森野さやかという十七歳の少女であり、「神眼」が開花までの一週間の間の仕事だった。

父親は現在の「神眼」の持ち主で、未来を見通してキリに依頼してきたらしい。ただ、保護対象のさやかは、父とは別に母親と二人で暮らしている奔放な娘だった。

 

序盤は個性的な主人公のキャラクターもあり、あの『新宿鮫シリーズ』にも劣らない面白い小説が出てきたと楽しみに読み進めました。

 

 

しかし、さやかの父親の河田俊也が主宰する至高研究会という集団と、至高会と対立する組織である「ツブシ」と呼ばれる集団の存在が明らかにされ、さやかが正体不明の敵から実際に襲われる中盤あたりから、どうも雲行きが怪しくなっていきます。

つまり、主人公の個性がどこかにいってしまい、普通のアクション小説になってしまうのです。勿論、普通のアクション小説であっても、大沢在昌が描く物語ですから、それなりに面白い物語であることには間違いありません。でも、大沢在昌の物語にはどうしてもそれ以上のものを期待してしまうのです。

 

ボディーガードを主人公とした物語と言えば、 今野敏の『ボディーガード工藤兵悟』シリーズを思い出します。シリーズ初期の作品は別として、近時の作品は 今野敏らしい、アクション描写に力を入れた面白い作品に仕上がっています。

 

 

また、 渡辺容子の『左手に告げるなかれ』を第一冊目とする「八木薔子シリーズ」もリアルな作品でした。本書で保安士だった主人公は、次作の『エグゼクティブ・プロテクション』では女性ガードマンになっており、物語もアクション性を帯びたミステリーとなっています。

 

 

海外の作品に目を向けると、A・J・クィネルの書いた元傭兵を主人公とした『燃える男』から始まる『クリーシィ』シリーズがまず挙げられます。このシリーズは「情」の側面をも持ち合わせた、日本人向けの上質の冒険小説でした。デンゼル・ワシントン主演で映画化もされましたが、残念ながら全くの別物となっていました。

 

 

[投稿日]2015年10月11日  [最終更新日]2018年10月22日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

ガンルージュ ( 月村 了衛 )
韓国の大物工作員キル・ホグンが日本で韓国要人の拉致作戦を実行した際に、祐太朗は巻き込まれて人質となってしまう。祐太朗の母親で元公安の秋来律子は、ワケあり担任教師の渋矢美晴とバディを組み、息子の救出に挑む。
二重螺旋の悪魔ソリトンの悪魔 ( 梅原 克文 )
両作品とも実にまことしやかな理論付けが為され、如何にもありそうな設定が構築されています。その世界の中でノンストップアクションが繰り広げられるのです。少々味付け程度のホラー性もありますが、何よりもその疾走感は凄いです。
グレイヴディッガー ( 高野 和明 )
主人公八神俊彦というワルのある一夜の逃避行を描いた作品で、その疾走感は久しぶりに読みました。「」ジェノサイドは、2012年版の「このミステリーがすごい!」第一位を獲得した作品で、若干アクション性は控えめですが、スケール感は増大しています。ただ、若干の問題が・・・。
亡国のイージス ( 福井 晴敏 )
日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞を受賞しています。ミニ・イージスシステム搭載ミサイル護衛艦「いそかぜ」を自衛隊員と共に乗っ取った北朝鮮工作員に対し、仙石恒史先任伍長が叩きを挑みます。
ガダラの豚 ( 中島らも )
この作品をアクション小説と言い切っていいものか、非情な疑問はありますが、少なくとも暴力に満ちた作品ではあります。文庫本で1000頁近くもある大作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です