松岡 圭祐

高校事変シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 高校事変 III(3) (角川文庫) [ 松岡 圭祐 ] へ。


本書『高校事変Ⅲ』は、タイトルのナンバリングのとおり、『高校事変シリーズ』の第三巻の長編のアクション小説です。

今回の舞台は外国であり、戦いのプロである傭兵を相手にした結衣の目いっぱいのアクションが繰り広げられます。

 

『高校事変Ⅲ』の簡単なあらすじ

 

犯罪史に残る凶悪な半グレ連合リーダーを父に持つ優莉結衣を、全寮制の矯正施設・塚越学園のトップが訪ねてきた。結衣は転入を勧められるが、見学に出発した未明、突如として武装集団の襲撃に遭う。結衣の記憶はそこで途切れ、ふたたび目覚めたときには、熱帯林の奥地にある奇妙な“学校村落”に身を置いていた。同じく日本から来た少年少女ら700人が生活しながら通学する、要塞化された校舎の謎。シリーズ最高傑作登場!(「BOOK」データベースより)

 

優莉結衣は、以前在籍していた泉が丘高校での暴力事件がもとで、現在在籍している葛飾東高校を去らなければならなくなっていた。

その事件は結衣が起こしたものではなかったものの、ディープフェイクによる動画をもとに判断されたものだった。

その結衣のもとを訪ねてきた塚越学園学園長の角間良治の誘いに応じ、結衣は塚越学園を見学に行くことになったが、途中で襲撃に会い、角間良治は殺され、結衣も拉致されてしまう。

結衣が目が覚めると、そこは日本ではなさそうなチュオニアンという学校施設であり、七百人を超える日本人の生徒たちがいた。

親たちに見放された子供たちが塚越学園の入学前に集められていて、数多くの監視カメラや盗聴マイクのもと点数制が敷かれており、ある点数が貯まると最悪では銃殺に処せられるのだという。

ここチュオニアンの檜蘇という名の学園長は、結衣に対し、問題を起こせば生徒を一人ずつ処分すると脅しをかけてくるのだった。

 

『高校事変Ⅲ』の感想

 

本書『高校事変Ⅲ』で描かれている時代を反映している事柄と言えば、児童虐待など破壊された家庭環境の問題でしょうか。

でも、本書とテーマというには、壊れた家庭環境のような問題は半グレ集団を相手にする本シリーズでは普遍的な問題のような気もします。

あえて反映された時代性を言うとすれば、それは「ディープフェイク」などの技術上の先進性であると言えるでしょうか。でも、それもシリーズを通して言えることだと思います。

本書では前巻の最後で現れた結衣の妹の凜香も絡んできます。と言っても凜香自身の行動はあまり描かれているわけではありません。

他に、第一巻で登場した啻山(ただやま)理緒子や、矢幡総理を警護するSPの代表の錦織清孝の息子である醍醐律紀などが登場しています。

 

本書『高校事変Ⅲ』の惹句には「シリーズ最高傑作」とありますが、その文句には疑問があるところです。ただ、この異論はまだ三巻しか読んでいない時点でのものです。

少なくとも、インパクトにおいては第一巻のほうが大きいでしょうし、個人的なアクションという面では第二巻の方がリアリティがあったような気がします。

第一巻、そして本書第三巻よりは第二巻の方が起きる事件が相対的に身近であり、結衣のアクションの相手も個人、もしくは暴力団であって、物語として現実味があると感じたのでしょう。

 

本書『高校事変Ⅲ』は、まさに荒唐無稽な物語です。そして、だからこそ、と言っていいと思いますが、アクションに特化したエンターテイメント小説としてただ楽しんで読むべき作品だと思います。

そして、物語に厳密なリアリズムを求める読者でなければ、その期待に応えて物語を楽しむことができる作品だと思います。

今後の展開が楽しみな作品です。

[投稿日]2021年03月12日  [最終更新日]2021年3月12日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

明日香シリーズ ( 大沢 在昌 )
銃撃により頭部のみ損傷を免れた麻薬取締官・神崎アスカは、脳移植によりマフィアの女の肉体に元女刑事の強靱な精神を併せ持つ存在としてを持って生まれ変わり、パートナーの仁王と共こ悪と戦うのだった。
亡国のイージス ( 福井 晴敏 )
日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞を受賞しています。ミニ・イージスシステム搭載ミサイル護衛艦「いそかぜ」を自衛隊員と共に乗っ取った北朝鮮工作員に対し、仙石恒史先任伍長が叩きを挑みます。
ガダラの豚 ( 中島らも )
この作品をアクション小説と言い切っていいものか、非情な疑問はありますが、少なくとも暴力に満ちた作品ではあります。文庫本で1000頁近くもある大作です。
ヘルドッグス 地獄の犬たち ( 深町 秋生 )
深町秋生著『ヘルドッグス 地獄の犬たち』は、『煉獄の獅子たち』の後日譚であり文庫本で560頁の長編のエンターテイメント小説です。『煉獄の獅子たち』と同様に、辟易とするほどに暴力に満ちた物語ですが、かなり面白く読んだ作品でした。
妖シリーズ ( 誉田 哲也 )
本『妖シリーズ』は、誉田哲也お得意のエロスとバイオレンス満載のエンターテイメント小説です。本シリーズの特徴を挙げるとすれば、まず挙げるべきは主人公が人間ではないということでしょう。つまり、主人公は四百年という年を経た吸血鬼です。

関連リンク

高校事変 - KADOKAWA/松岡圭祐公式サイト
高校事変 - KADOKAWA/松岡圭祐公式サイト
「殺したんです。生きるためです」施設への見学の道中に異変が…/ 松岡圭祐『高校事変Ⅲ』
超ベストセラー作家が放つバイオレンス文学シリーズ第3弾! 前代未聞のダークヒロイン・優莉結衣が、シリーズ最強の敵、戦闘能力の高い元・軍人たちを相手に大活躍する…!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です