黒川 博行

イラスト1
Pocket

文庫

角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 破門 (角川文庫) [ 黒川 博行 ] へ。


「わしのケジメは金や。あの爺には金で始末をつけさせる」映画製作への出資金を持ち逃げされた、ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪したプロデューサーを追い、桑原は邪魔なゴロツキを病院送りにするが、なんと相手は本家筋の構成員だった。禁忌を犯した桑原は、組同士の込みあいとなった修羅場で、生き残りを賭けた大勝負に出るが―。直木賞受賞作にして、エンターテインメント小説の最高峰「疫病神」シリーズ!(「BOOK」データベースより)

 

『疫病神』シリーズの5作目の長編小説で、本作で第151回直木賞を受賞されました。

 

疫病神コンビのひとり桑原や、兄貴分である二蝶会若頭の嶋田は、映画プロデューサーの小清水の話に乗り、映画制作のために出資をするが、小清水は金を握ったまま行方をくらませてしまった。

嶋田は二宮の名義でも出資してあるという。桑原と二宮は小清水を追って飛び回るが、その先で同じ神戸川坂会ではあるものの、二蝶会とは格上の亥誠組系列滝沢組の連中と衝突してしまう。

 

本作では共に金回りがよくないヤクザの世界、そして疫病神コンビが前提となっています。それは、平成23年春から施行された大阪府の暴力団排除条例によって収入手段が厳しくなったヤクザ、そして建築現場でのヤクザ対策として、ヤクザを使う「サバキ」を業務とする「暴力団密接関係者」の二宮という、暴力団に対する現実を背景とする物語です。

 

この二人の掛け合いが本シリーズの大きな魅力であることは異論のないところです。その二人が、互いにけなし合いながら、いざ相手の生命の危機の場面では、自分の身を賭して助けに駆け付けるのですから、読者もつい感情移入してしまうのです。

 

黒川博行氏は、芥川賞受賞に際してのインタビューの中で、「スーパーヒーローではない、地に足のついた二人が主人公」だという意味のことを語っておられます。

確かに、この二人は特別な能力も何も持たないという意味では普通人です。しかし、喧嘩も弱い二宮は別としても、武闘派のヤクザである桑原が「地に足のついた」普通人であるかは疑問のあるところです。

しかし、著者の言いたいことはそういうことではなく、身近に存在してもおかしくない人ということでしょう。そういう意味ではまさに普通人と言えそうです。

 

黒川博行という作家のもう一つの魅力は、丁寧にに書きこまれたその文章ゆえのリアリティでしょう。加えて、綿密に組み立てられた物語が一段とその魅力を増しています。

更には、ヤクザものの物語としての魅力も兼ねそなえています。特に本書においては、若頭の嶋田が掛け合いの前面に出る場面がありますが、腹芸で相手の幹部クラスと渡り合う場面は読み応えがあります。ここらは、昔読んだ『人生劇場 残侠篇(上・下)』などのような作品とはまた異なる面白さがあります。

 

 

リアリティ豊かなこのシリーズは、エンターテインメントとして一級の面白さを持ったシリーズです。ただ、さすがの桑原も騙され続ける本書は、意外な結末を迎えます。続編で早くその後の桑原の消息を知りたいところです。

[投稿日]2015年12月27日  [最終更新日]2018年12月31日
Pocket

おすすめの小説

読み応えのあるおすすめの小説

マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
警察(サツ)回りの夏 ( 堂場 瞬一 )
ミステリー小説ではありますが、現代のネット社会での「報道」の在り方について深く考えさせられる力作です。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です