黒川 博行

イラスト1
Pocket

文庫

角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 疫病神 (角川文庫) [ 黒川博行 ] へ。


本書『疫病神』は、『疫病神シリーズ』の第一弾の長編のピカレスク小説です。

じっくりと描きこまれた、コミカルで、それでいて読み応えのある実に面白い作品でした。第19回吉川英治文学新人賞と第117回直木賞夫々の候補作品になっています。

 

建設コンサルタント・二宮啓之の生業は、建設現場でのヤクザ絡みのトラブル処理。借金に苦しむ生活の中、産業廃棄物処理場をめぐる高額の依頼に飛びつくが、カネの匂いをかぎつけたヤクザの桑原保彦と共闘することに。建設会社、市議会議員、極道。巨額の利権に群がる悪党たちを相手に、ふたりは事件の真相に近づくが―。(「BOOK」データベースより)

 

本書『疫病神』で、建設コンサルタントの二宮啓之は、富南市(とうなんし)の天瀬(あませ)の廃棄物の最終処分場の作成計画にからみ、地元の水利組合の組合長の弱みを探る仕事を引き受ける。

しかし、処理場の開発には様々な思惑が絡み、巨額の金が動く。そこで、二宮が仕事を依頼している二蝶会の桑原という男が金の匂いを嗅ぎつけ乗り出して来るのだった。

 

産業廃棄物処理場の開発に、ゼネコンから暴力団までの様々な思惑が絡み、金の亡者たちの騙し合いが繰り広げられます。

その騙し合いに、金の匂いを嗅ぎつけた二蝶会の桑原が加わるのですから、間に立った二宮はたまりません。

桑原に振り回され、対立ヤクザに袋だたきにされ、果てには命の危険さえ降りかかってきます。

 

この桑原というキャラクタの行動原理は「金」です。一円にもならない仕事は見向きもしません。たとえそれが二宮の命がかかっている頼みごとであっても、自業自得や、と言いきってしまうだけです。

一方の二宮は博打で借金をこさえ、その返済に汲々としているどうしようもない男です。しかし、どこか根底で譲れない芯を持っており、途方も無い無茶をしでかしたりします。

本書『疫病神』での二宮と桑原の大阪弁での会話は漫才そのものです。それも息のあったベテラン漫才師のような掛け合いです。この軽妙な語りに乗せられて、ヤクザの絡みも暗いものにはなりません。

そうしたコンビですが、二宮が、対立するやくざに拉致され監禁されても、桑原は勝ち目が無いと見るや一目散に逃げ出してしまいます。

それでいて、どこかギリギリのところで繋がっているようで、最終的には単なる計算づくではない間柄というものが感じ取ることが出来ます。だからこそ、読んでいて心地よく、感情移入出来るのでしょう

 

本書『疫病神』は文庫本で五百頁を越える分量なのですが、リズムよく読み進めることが出来るのでその長さを感じません。また続編でこの二人の掛け合いを読みたいと思わせられる作品でした。

[投稿日]2015年11月26日  [最終更新日]2020年7月31日
Pocket

おすすめの小説

読み応えのあるおすすめの小説

社会派の推理小説から、冒険小説、SFと様々なジャンルの読み応えのある作品を書き抜いてみました。他にも紹介したい作品は多くあるのですが、少しずつ挙げておきたいと思います。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
警察(サツ)回りの夏 ( 堂場 瞬一 )
ミステリー小説ではありますが、現代のネット社会での「報道」の在り方について深く考えさせられる力作です。
探偵・畝原シリーズ ( 東 直己 )
札幌を舞台にしたハードボイルド小説です。探偵の畝原の地道な活躍を描き出しています。映画化もされた、ユーモラスなススキノ探偵シリーズの方が有名かもしれませんが、このシリーズも実に味わい深いものがあります。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
機龍警察 ( 月村 了衛 )
今も書き継がれているシリーズ作品で、アニメの「機動警察パトレイバー」の世界を重厚に組み立てなおしたような、実に読み応えのある冒険小説としても成立している作品です。
天冥の標 ( 小川 一水 )
全十巻という長大な作品で、SFの種々の要素が入った読み応えのある作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です