海道 龍一朗

イラスト1
Pocket

文庫

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 乱世疾走(上) 禁中御庭者綺譚 (講談社文庫) [ 海道龍一朗 ] へ。


群雄割拠の戦国時代、ついに上洛を果たした信長。天下布武を掲げた彼の者の心中は、我欲への依怙か天下静謐か―。信長の行状と真意を探るべく、剣聖上泉伊勢守の下に集められた五人のはみ出し者たちは、互いに牽制と信頼を繰り返しながらその異能を開花させていく。乱世を生きた若者たちの青春活劇開幕。( 上巻 :「BOOK」データベースより)

新陰流の使い手、豪商の長男坊、陰陽師家の香道師、役の行者の末裔、男装の女剣士。朝廷の命運までも左右する信長とは、果たして何者なのか?その答えを探し続ける五人は、疋壇城近くで於市御寮人が実兄・信長へあてた密状を入手する。海道作品ならではの、典雅な世界観と豪快な剣戟場面に胸が躍る。( 下巻 :「BOOK」データベースより)

 

戦国時代を背景に、天皇の耳目となり活躍する五人の若者の姿を描く長編時代小説です。

 

下流公家ではあるが天皇の信任の厚い立入左京亮宗継は山科言継と共に天皇の耳目となるべき禁中御庭番を作ろうと思い立つ。

そこで上泉伊勢守信綱、宝蔵院胤榮、柳生宗巌との知恵を借りて五人の若者を選びだした。新陰流の丸目蔵人、宝蔵院の大角坊、堺の商人の息子楠葉西門、陰陽師の香阿弥こと土御門有之、そして柳生宗巌の妹の凛の五人である。

五人は織田信長の動向を探るべく、山科言継の同行者としてまずは岐阜へと旅立った。

 

選ばれた五人が活躍する活劇ものだと思っていました。

確かにそうではあるのですが、歴史的事実の方が主人公だと感じました。つまり、歴史的事実があって、その狭間に本書の五人の行動が当て嵌められている印象なのです。

勿論、この五人の役目が天皇の目となり、耳となることであって、何事かを為すことではないのでそれも当然ではあるのでしょう。

 

しかし、個人的には「驚天動地の大活劇がいま始まる。」という謳い文句なのですから、冒険活劇小説を期待していたので残念でした。

この五人が何事かを為すことにより歴史的事実が変わるわけも無いので当り前ではあるのですが、そこはもう少し期待していたのです。歴史が好きで詳しい人ならばかなりはまる小説かもしれません。

 

この作品の後に『真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱』を読んだのですが、『真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱』はあまり資料がないからかもしれませんが、非常に面白く、この作家の力量に脱帽でした。

 

[投稿日]2015年03月16日  [最終更新日]2019年5月7日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です