海堂 尊

イラスト1
Pocket

文庫

宝島社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは ナイチンゲールの沈黙(上) [ 海堂尊 ] へ。


眼球を摘出されてしまう子供たちのために、不定愁訴外来の田口公平がメンタルサポートをすることになる。また高名な歌手水落冴子が神経内科の特別病室に入院してきた。一方、小児科に入院している子供の父親が死体で発見される。そこに、警察庁から来た加納警視正と問題児白鳥が絡み、事件は複雑な様相を呈していくのだった。

この作者の本で最初に読んだのはこの本でした。まずは映画「チーム・バチスタの栄光」で見た探偵役「白鳥」のイメージの違いに驚いたものです。同時に、各キャラの書き分けが実に巧妙で読んでいて面白い

眼球を摘出されてしまう子供たちのために、不定愁訴外来の田口公平がメンタルサポートをすることになる。また高名な歌手水落冴子が神経内科の特別病室に入院してきた。一方、小児科に入院している子供の父親が死体で発見される。そこに、警察庁から来た加納警視正と問題児白鳥が絡み、事件は複雑な様相を呈していくのだった。

この作者の本で最初に読んだのはこの本でした。まずは映画「チーム・バチスタの栄光」で見た探偵役「白鳥」のイメージの違いに驚いたものです。同時に、各キャラの書き分けが実に巧妙で読んでいて面白いと思いました。

文章は論理で組み立っているようで、しかし怜悧というわけでもなく、読み手に畳み掛けてくる面白さがあります。

でも、何といっても一番の特徴は田口、白鳥という探偵役のキャラの設定の面白さではないでしょうか。

ただ、音楽による脳内イメージの喚起、という物語上の重要な設定が素直に受け入れられず、その点に違和感が残り少々物語世界への感情移入が出来にくく感じました。

でも、久しぶりに物語としての面白さを感じた小説です。

本書の「眼球を摘出されてしまう子供たち」の一人に佐々木アツシという少年がいます。後に、この少年を主人公として『モルフェウスの領域』と『アクアマリンの神殿』という小説が書かれます。

佐々木アツシ少年の残された片目をも病魔が襲ったため、彼を世界初の「コールドスリープ」技術により五年間の眠りにつかせる、というSF仕立ての話なのです。特に『アクアマリンの神殿』に至っては青春小説の趣さえあるのですが、個人的には今ひとつの作品でした。
と思いました。

文章は論理で組み立っているようで、しかし怜悧というわけでもなく、読み手に畳み掛けてくる面白さがあります。

でも、何といっても一番の特徴は田口、白鳥という探偵役のキャラの設定の面白さではないでしょうか。

ただ、音楽による脳内イメージの喚起、という物語上の重要な設定が素直に受け入れられず、その点に違和感が残り少々物語世界への感情移入が出来にくく感じました。

でも、久しぶりに物語としての面白さを感じた小説です。

[投稿日]2015年04月08日  [最終更新日]2017年4月15日
Pocket

おすすめの小説

他にも多くの作品がありますが、下記の作品も半分は未読です。
神々の沈黙 ( 吉村 昭 )
世界各地で行われた心臓移植の試みでの担当医の野心と挫折や患者の期待と苦悩など、それにまつわる人間のドラマを浮彫りにした、感動のドキュメンタリー小説。未読です。
鹿の王 ( 上橋 菜穂子 )
戦士団の頭であったヴァンは奴隷として囚われていたが、ある日黒い獣の一団が襲ってきた後、鉱山の者皆が流行り病で死んでしまう。生き残ったのはヴァンと幼子だけだった。第4回日本医療小説大賞を受賞しています。
イン・ザ・プール ( 奥田 英朗 )
『精神科医伊良部シリーズ』の第1作で、伊良部総合病院の地下にある神経科を舞台に患者とその医師とを描いた短編小説集です。第127回直木賞候補作品にもなりました。
使命と魂のリミット ( 東野 圭吾 )
帝都大学病院の心臓血管外科の権威であり、父親の執刀医でもあった西園教授のもと、氷室夕紀は研修医として働いていた。その>帝都大学病院に医療ミスを公開せよとの脅迫状が届いた。
明日の記憶 ( 荻原 浩 )
若年性アルツハイマー病を患ったやり手営業マンと、その妻の過酷な現実に向き合うヒューマンドラマです。渡辺謙主演で映画化もされました。未読です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です