朝井 まかて

イラスト1
Pocket

文庫

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは ぬけまいる (講談社文庫) [ 朝井まかて ] へ。


一膳飯屋の娘・お以乃。御家人の妻・お志花。小間物屋の女主人・お蝶。若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれ、界隈で知らぬ者の無かった江戸娘三人組も早や三十路前。それぞれに事情と鬱屈を抱えた三人は、突如、仕事も家庭も放り出し、お伊勢詣りに繰り出した。てんやわんやの、まかて版東海道中膝栗毛!(「BOOK」データベースより)

コミカルなタッチで三人の女の道中記をえがいた長編の時代小説です。

 

最初はこの作家には珍しい(と思える)作品でした。これまで読んだ作品は皆この人の格調高い文章を生かした内容だったので、本書のようなを書かれるとは思っていなかったのです。

 

本書は、一膳飯屋の行かず後家の「お以乃」、御家人の妻の「お志花」、小間物を商う大店の女主人の「お蝶」という、かつて「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれたアラサー三人組が織りなすコメディです。

「抜け参り」とは、「親や主人の許しを受けないで家を抜け出し、往来手形なしで伊勢参りに行くこと。」だそうで、本書の三人もある日突然、誰にも、何も言わずにお伊勢参りへと出立します。その旅先で繰り広げられる騒動記なのですが、結論から言うと結構面白く読みました。

最初は何となくストーリーの運びに乗り切れず、この朝井まかてという作家さんはコミカルなタッチには向かないとまで思い始めていたのですが、江戸を抜け箱根の山を超える頃からでしょうか、はっきりとしたイベントが起き始めるとテンポ良く感じてきました。

結末に絡んできそうな、あの人との出会いなどもありつつ、人情話も絡め、格調の高い、しっとりと読み込ませる文章だけではないこの作家の別な側面を知りました。

楽しい作品でした。

ところで、本書『ぬけまいる』という作品は、お蝶を田中麗奈 お以乃をともさかりえ、お志花を佐藤江梨子というキャストで、竹内まりやの曲を主題歌として「ぬけまいる〜女三人伊勢参り」と題して、2018年10月にNHKで「土曜時代ドラマ」枠でテレビドラマ化されています。

ぬけまいる~女三人伊勢参り : 参照

[投稿日]2015年03月27日  [最終更新日]2018年10月27日
Pocket

おすすめの小説

娘が主人公の時代小説

霊験お初捕物控シリーズ ( 宮部 みゆき )
コミカルというのとは違いますが、霊感を有する娘お初が事件を解決する、怪奇ものともいえる短編集です。
お狂言師歌吉うきよ暦シリーズ ( 杉本 章子 )
大名の奥方や姫君のために歌舞伎舞踊をお目にかけるとを本業とする女芸人である「お狂言師」のお吉を主人公とする、青春サスペンスと言ってもよさそうな、種々の楽しみかたができるシリーズです。
おちゃっぴい ( 宇江佐真理 )
この作者お得意の市井の民を主人公とした人情味たっぷりの短編集です。
みをつくし料理帖シリーズ ( 高田 郁 )
天涯孤独の身である澪は、かつての雇い主であった大阪の「天満一兆庵」の再興を夢に、江戸は「つる家」で様々な事件を乗り越えて生きていく。
上絵師 律の似面絵帖シリーズ ( 知野 みさき )
上絵師として独り立ちしようとする律という娘の、一生懸命に生きている姿を描く長編の人情小説です。事件に関する似面絵を描くことはあっても、事件について探索する姿中心ではないので捕物帳ではなく、律の恋心や、上絵師としての成長などが描かれる物語です。

関連リンク

ムスメ版『弥次喜多道中』? 痛快でコミカルな女3人のお伊勢参り | ダ・ヴィンチニュース
「ぬけまいる」、分かりにくいです。何のことでしょう。「ぬけカード」でたまるポイントのことではありません。「まいる」から説明します。
田中麗奈×ともさかりえ×佐藤江梨子『ぬけまいる~女三人伊勢参り』制作開始!
一膳飯屋の娘、以乃(いの)。武家の妻、志花(しか)。小間物屋の女主人、蝶(ちょう)。 若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれブイブイ言わせた江戸の三人娘も三十路過ぎ。今ではそれぞれに人に言えない事情と鬱屈を抱えた三人、突如、仕事も家庭も放り出し、抜け詣りに繰り出した。
ぬけまいる~女三人伊勢参りのキャストやあらすじ、再放送情報! | NHKドラマ
「三十路を過ぎた女三人組が江戸から伊勢へ抜け詣り!」小説家・朝井まかてさんの時代小説「ぬけまいる」が原作のドラマ「ぬけまいる~女三人伊勢参り」の放送が決定!「ぬけまいる~女三人伊勢参り」のキャストやあらすじ、放送日や再放送情報を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です