ラブ・レター   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

『ペコロスの母に会いに行く』の森崎●東監督が、浅田次郎の短編を元に描いたドラマ。新宿の歌舞伎町で裏ビデオ屋の店長を任されている高野吾郎は、世話になっている佐竹から偽装結婚の話を持ち掛けられる。“あの頃映画 松竹DVDコレ … “ラブ・レター” の続きを読む

一路   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は仮の沙汰。差配に不手際があ … “一路” の続きを読む

きんぴか   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

未見です。 全六巻で完結しているようです。

きんぴか   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

きんぴかシリーズ(完結) 三人の悪党 血まみれのマリア 真夜中の喝采   阪口健太、通称ピスケン。敵対する組の親分を殺り13年刑務所で過ごす。大河原勲、通称軍曹。湾岸派兵に断固反対し、単身クーデターを起こした挙 … “きんぴか” の続きを読む

憑神   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

神頼みのはずが、現れたのは三人の災いの神だった-。 時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼いころより文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、戦のない平和な世において … “憑神” の続きを読む

憑神   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

時は幕末、処は江戸。貧乏御家人の別所彦四郎は、文武に秀でながら出世の道をしくじり、夜鳴き蕎麦一杯の小遣いもままならない。ある夜、酔いにまかせて小さな祠に神頼みをしてみると、霊験あらたかにも神様があらわれた。だが、この神様 … “憑神” の続きを読む

黒書院の六兵衛   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

江戸城明渡しの日が近づく中、てこでも動かぬ旗本がひとり━━。 新政府への引き渡しが迫る中、いてはならぬ旧幕臣に右往左往する城中。ましてや、西郷隆盛は、その旗本を腕ずく力ずくで引きずり出してはならぬという。外は上野の彰義隊 … “黒書院の六兵衛” の続きを読む