栄光の岩壁   (  新田 次郎 )   2015年3月23日

本書の主人公竹井岳彦は18歳のときの八ヶ岳での遭難で両足先の大半を失います。しかし、持ち前の負けん気からその不自由な足に登山靴を履き、マッターホルン北壁に挑戦するほどの世界有数のクライマーへと成長していくのです。 この主 … “栄光の岩壁” の続きを読む

孤高の人   (  新田 次郎 )   2015年3月23日

実在の「加藤文太郎」という人がモデルの昭和の初めの頃の物語です。 人との付き合い方が下手で、山登りの仲間からも相手にされない、孤独の中に生きた「加藤」でした。誰にも相手にしてもらえず、一人で行動するしかなかったのです。そ … “孤高の人” の続きを読む

銀色の雨   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

短編集「月のしずく」(文春文庫)の中の一編「銀色の雨」を原作としています。 映画としての評判はあまりよろしくなく、そのため見ていません。

ラブ・レター   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

短編集「鉄道員」の中の一編を映像化したもの。 この作品の原作は、同じく『ラブ・レター』というタイトルで韓国でも映画化されています。 主演は『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシクで、そこそこに面白く見ることができました。 本 … “ラブ・レター” の続きを読む

一路   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

この物語は、コメディ小説と言えるのでしょう。しかし、何となく、コメディと言い切ってしまうにはためらいを感じる、そんな小説です。 十九歳まで江戸表で暮らしていた小野寺一路は、父弥九郎の突然の死去により、参勤交代の御供頭を勤 … “一路” の続きを読む

きんぴか   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

浅田次郎のごく初期のユーモア長編小説です。既に今の浅田次郎の泣かせのテクニックや、見せ場の盛り上げ方などは備わっています。全体として一本の長編ではあるのですが、各章が短編としても読めるエピソードで構成されています。 対立 … “きんぴか” の続きを読む

憑神   (  浅田次郎 )   2015年3月22日

この作品にも西田敏行という名前があり、原作が浅田次郎ということで見る気になりました。西田敏行さんの出番は少なかったのですが、この映画も楽しめた映画でした。 しかし、その後原作を読んだ後に再度DVDを見るとやはり少々物足り … “憑神” の続きを読む