追跡者の血統

本書『追跡者の血統』は、「佐久間公シリーズ」の第三弾で、シリーズ初の長編ハードボイルド小説です。

地道なハードボイルド小説であった筈の物語が、主人公の佐久間公の過去までも明らかにする謀略小説の色合いを見せ、面白いのだけれど、これまでの印象とは異なる展開となっています。

広尾の豪華マンションに住み、女と酒とギャンブルとスポーツでその限りない時間を費す六本木の帝王・沢辺が、突如姿を消した。失踪人調査のプロで、長年の悪友佐久間公は、彼の妹からの依頼を受け調査を開始した。“沢辺にはこの街から消える理由など何もないはずだ…”失踪の直前まで行動を伴にしていた公は、彼の不可解な行動に疑問を持ちつつプロのプライドをかけて解明を急ぐが…!?大沢文学の原点とも言うべき長編ハードボイルド、待望のシリーズ第三弾。(「BOOK」データベースより)

 

主人公の佐久間公が行方不明になった親友の沢辺の行方を捜す、というのが本書の基本的な流れです。

これまでの本シリーズの二冊は短編集であり、法律事務所調査課に勤務する探偵という設定そのままの、派手さを押さえたハードボイルド小説でした。

ハードボイルド小説といえば大人の渋さを売りにしていたのですが、本シリーズは「若さ」、「青さ」を前面に出し、さらに東京の六本木などでスマートに遊ぶ若者の姿を背景にしています。

それに対し本書は国際的な謀略の渦に巻き込まれるという、少々荒唐無稽な設定になっている点が異なります。

 

おしゃれな街に溶け込んでいる若者の代表ともいえる存在が公の親友の沢辺でしたが、その沢辺の腹違いの妹の洋子と会う約束をしていたにもかかわらず、その時間に現れません。

公は沢辺の立ち回りそうな場所を片端から探しますが、なんの手掛かりもなく、最後に沢辺と別れたときの様子を思い出し、やっと手掛かりを見つけます。

その後、これまでのトーンとは異なった荒唐無稽ともいえる、国際的な組織との関りへとつながり、物語は佐久間公という男の過去へと繋がっていくのです。

 

この雰囲気の違いを、より面白い話として受け入れる人ももちろん居るでしょうし、そういう人にとっては実に胸おどる面白い物語として感じられることと思います。

しかし、個人的にはこれまでのシリーズの色合いが好みだったのでちょっと残念な気もします。

大沢在昌の描く物語であり、面白い物語であることは間違いありませんが、シリーズに期待していた個人的な好みからすると少しずれてきたのです。

 

ちなみに、本書の宣伝文句によれば、本書はシリーズの第三弾ということですが、実際はこれまでにもう一冊『標的走路』という作品が出版されています。

この『標的走路』は1980年12月に出版されており、大沢在昌のデビュー本だと言います( WEB本の雑誌 : 参照 )。それが種々の理由から幻の作品ということになり、その後復刊されて今ではジュリアン出版から出されています。

そして、この作品の内容が

 

さんだらぼっち

芸者をやめたお文は、伊三次の長屋で念願の女房暮らしを始めるが、どこか気持ちが心許ない。そんな時、顔見知りの子供が犠牲になるむごい事件が起きて―。掏摸の直次郎は足を洗い、伊三次には弟子が出来る。そしてお文の中にも新しい命が。江戸の季節とともに人の生活も遷り変わる、人気捕物帖シリーズ第四弾。(「BOOK」データベースより)

 


 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの四作目です。

 

鬼の通る道」 不破友之進の十二歳になる息子龍之介は近頃、いなみの方針で小泉翆湖という儒者が開いている私塾で素読吟味に向けた勉強をしていた。ところが、その竜之進が熱を出し、塾通いができなくなっていると聞いた。

爪紅」 お文のことを考えながら永代橋を渡っていた伊三次は、かつて贔屓の客で今はつぶれてしまった廻船問屋播磨屋の内儀・喜和の娘のお佐和と出会った。爪紅を刺した娘が相次いで死ぬ事件を追っていた伊三次は、お喜和がやっているという小間物屋をのぞいてみる。

さんだらぼっち」 辰巳芸者のお文は、茅場町の木戸番夫婦の駄菓子を売っている店で一人の侍とその幼い娘と知り合った。また、お文は伊三次の長屋近くに住むお千代という子の夜泣きのため眠れないでいた。

ほがらほがらと照る陽射し」 前話で長屋にいられなくなる事件を起こしてしまったお文は日本橋で芸者を始めていた。一方、お喜和の見世に寄った伊三次は掏摸の直次郎という男と出会う。お佐和に惚れたというのだった。

時雨てよ」 いよいよ広いが古さの目立つ佐内町の家へと移った伊三次とお文の生活が始まった。そこに、九兵衛という小僧の頭を結うことになり、ついでに弟子として雇うことになった。また、おみつは子が流れたものの、お文に懐妊の兆しが見えるのだった。

 

「鬼の通る道」は、まだ少年の龍之進の抱えた鬱屈と、その秘密に気付いた伊三次の話です。少年の繊細な心を大切にしながらも伊三次はどう動くのか、気になる一編です。

「爪紅」は、捕物帳としての側面が強い物語です。でありながら、やはり伊三次の過去の話が深く絡んできます。やはり本作品は“捕物余話”だと思わされる話でした。

「さんだらぼっち」は、「心の中を風が吹き抜けて行くような空しさに襲われる」こともあるお文の、幼子に対する思いを思わせる哀しい話です。いなみの懐妊もあり、いまだ子のない自らを思うのでしょうか。

伊三次と一緒になったお文の、芸者をやめてからの普通のおかみさんとしての生活もまた描かれています。ただ、それまで芸者として生きてきたお文の生きざまはそんなに簡単に変えれるものではないでしょう。

ここで「さんだらぼっちは米俵の両端に当てる藁の蓋のことである。桟俵法師が訛ったものだ」そうです。

「ほがらほがらと照る陽射し」は、お文の、早苗という女の子に対する思いがあのような事件を起こしたことを知った伊三次は新しい家に移ることを本気で考えます。と同時に、直次郎という男のお佐和に対する純情が胸を打つ一編になっています。

「時雨てよ」は、二人の新しい生活が始まったのはいいのですが、何かと物入りで稼がなければなりません。そこにお文の懐妊です。これからの二人の生活は明るいものだとの兆しのようでもあり、多難な前途を支援すようでもあります。

でも、赤ちゃんの誕生が難儀な出来事の前兆ということもないでしょうし、九兵衛という新人の登場もあり、新しい未来の始まりということになるのでしょう。

 

著者自身の「文庫のためのあとがき」によれば、著者はまずタイトルを決めてから小説を書き始めるそうです。タイトルを後回しにすると焦点がぼやけてしまうことが多い、とも書いてありました。

これはつまりはタイトルに著者の書きたいことが著されているということでしょうか。

また、この「あとがき」には、意外な事実も書いてありました。

それは、「時雨てよ」というタイトルに関してのことで、このタイトルは「時雨てよ 足元が歪むほどに」という海童という破調の俳句からの引用だというのです。そして、この海童という俳号は女優の故夏目雅子氏だというのでした。

また「余寒の雪」というタイトルも「富士の山 余寒の雪の 目にしみて」からの引用だとありました。

羽化 新・軍鶏侍

兄龍彦が長崎に留学し、甥の佐一郎や新弟子の伸吉らが頭角を現す岩倉道場で、源太夫の実子幸司は二代目を継ぐ決意をする。しかし、幸司には悩みがあった。それは、偉大な剣客である父の秘剣「蹴殺し」を未だその目で見ていないこと。悩める幸司は父の一番弟子を訪ねるが…(『羽化』)。園瀬の里に移ろう時と、受け継がれる教え。それぞれの成長を描く豊穣の四編。(「BOOK」データベースより)

 


 

新・軍鶏侍シリーズの三作目です。

 

羽化」 幸司は源太夫の岩倉道場の二代目あるじを自分が継ぐことの自覚を持ち始めた。しかし、佐一郎と幸司兄弟は、兄弟子たちは見知っている源太夫の秘太刀「蹴殺し」を自分たちだけが知らないことに焦りを感じていた。

兄妹」 幸司は、かつて才二郎と名乗っていた今の東野弥一兵衛のもとを訪れ、何かを感じたらしい。今では佐一郎との立ち合いでも三本に一本はとるようになっていた。また、戸崎伸吉の姉のすみれに対する恋心も見える幸司だった。

異界」 ある日突然、岩倉道場を訪れてきた「影奉行」と呼ばれた九頭目一亀は、幸司と佐一郎とを相手に稽古を願ってきた。一亀の子鶴松の学友、それも心の友となるべき人材を探しているというのだった。

ひこばえ」 ある朝突然、下男の亀吉が飛び込んできて権助が亡くなったと言ってきた。権助は源太夫の飲み友達でもあり、恵山と名を改めた大村圭二郎のいる正願寺へ埋葬することとした。権助を偲んでいる居る処に戻ってきたのはサトだった。

 

佐一郎と幸司は共に切磋琢磨し、道場の仲間からも一目置かれている存在になった異母兄弟です。特に弟の幸司は岩倉道場の跡継ぎとしての自覚が出てきています。

ただ、正確には幸司だけですが、自分ら兄弟だけが源太夫の秘剣を見ていない、知らないことに焦りを感じつつも、幸司は森正造の描いた絵や、東野弥一兵衛やその子勝五との話などから何かを感じ取っています。

そんな成長を見せる幸司は兄佐一郎とも剣を通しても強いつながりで結ばれているようです。

更には幸司の、戸崎伸吉の姉すみれへほのかな恋心を抱く場面や、また幸司の妹花とすみれ、加えて佐一郎の妹の布美との深いつながりを感じさせる場面などもあります。

そんな幸司は、九頭目一亀の嫡男の学友となることで、人間的にも成長を遂げようとしています。

 

このシリーズも時は移り、以上のように話の中心も源太夫からその子らへと移ってきています。

本編ではそのあたりが明確になってきています。特に本書では岩倉道場のあとを継ぐことを意識し始めた幸司の成長が著しく、その幸司の日々を中心として話が展開していきます。

また、園瀬藩の今後のことを考える九頭目一亀が登場することで、話は岩倉道場だけのことではなく、園瀬藩において生きる岩倉家の物語としての色合いが濃く出てきたように思えます。

ただ、シリーズの当初より源太夫を支えてきた人物との別れが待っているのには驚かされました。幸司の成長もさることながら、シリーズの中での時の移ろいを実感させる出来事でした。

君を乗せる舟

伊三次の上司である定廻り同心の不破友之進の嫡男、龍之介もついに元服の年となった。同心見習い・不破龍之進として出仕し、朋輩たちと「八丁堀純情派」を結成、世を騒がせる「本所無頼派」の一掃に乗り出した。その最中に訪れた龍之進の淡い初恋の顛末を描いた表題作他全六篇を収録したシリーズ第六弾。(「BOOK」データベースより)

 


 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの六作目です。

 

妖刀」 伊三次は、不破から池之端・茅町で主に刀剣を扱う道具屋の「一風堂・越前屋」に持ち込まれた刀について調べるようにと言われていた。刀を持ち込んできた下男の奉公先は向島の寮であり、そこには六十がらみの女隠居が住まうというのだ。

小春日和」 悪の限りを尽くしていた元左官の六助という男の捕縛を助けてくれたのは、田口五太夫と名乗る男だった。この五太夫は病弱の兄のためにと家出中の身だったのだが、坂巻巴という女性に思いを寄せていた。そこに美雨との祝言を控えた乾監物が一肌脱ごうということになった。

八丁堀純情派」 不破龍之介の元服の儀が終わり、龍之介は龍之進となり、無足の見習いとして奉行所へと出仕することとなった。そこで待っていたのは、本所無頼派と名付けられた武家の次男、三男の集団だった。

おんころころ」 伊与太が疱瘡に罹り、伊三次もお文も付きっきりで世話をするが伊与太の熱が下がらない。そんな時、冬木町にある仕舞屋で怪談話が持ち上がっていた。入り込める隙はない筈なのに、紫色の小袖を着た娘が入っていくというのだ。

その道 行き止まり」 龍之進は、同じ同心見習いの古川喜六と共に本所見廻りをしながらも本所無頼派を調べようとしていた。そこで、無頼派の首謀者と目される薬師寺次郎衛が、かつて龍之進が通っていた私塾の師匠で死罪となった小泉翆湖の娘あぐりの元へ通っていることを知った。

君を乗せる舟」 本所無頼派の動向を調べていた龍之進は、あぐりに縁談が起きていることを知る。しかし、無頼派の首謀者と目される薬師寺次郎衛もまたあぐりに近寄ろうとしているのだった。

 

「妖刀」は、このシリーズには珍しく、オカルトチックな物語です。緑川平八郎が懇意にしている道具屋の「一風堂・越前屋」は怪談じみた話がやけに好きなのですが、その越前屋に件の刀が持ち込まれたのです。

「小春日和」は、どうしようもない人間である六助の話から始まったので、この物語も重い話かと思っていました。

しかし、逆に軽いユーモアを含んだ明るい話へと転換していきます。前半の六助の話は後半の話への対比のために描かれたのでしょうか。

「八丁堀純情派」は、問題の「本所無頼派」が同じ六人組であるところから、教育掛補佐の片岡監物が「八丁堀純情派」と名付けたものです。

見習組は、龍之進や元町人から養子に入り同心見習いとなった古川喜六、そして緑川の息子で鉈五郎となった直衛らの、青春記ともいえる一編になっています。

次の「おんころころ」もまたこのシリーズには珍しいオカルトチックな話です。

事件のきっかけが怪談めいているというだけではなく、伊三次自身の周りでも不思議なことが巻き起こります。親の子に対する愛の深さを感じさせる話です。

「その道 行き止まり」は、夜中に起きた火事から家族のことへと思いを馳せるようになった龍之進の話です。

あぐりと次郎衛のことを考えていた矢先、偶然出会った伊三次の弟子の九兵衛の言葉に意地を張り、入り込んでしまった行き止まりの小路が龍之進の状況をうまく現しています。

「君を乗せる舟」もまたあぐりのことで思い悩む龍之進の話で、龍之進の想いと物語の結末とが相まった哀しみに満ちた話です。龍之進の成長が垣間見える青春の一頁です。

 

本書では全六話中の半分、「八丁堀純情派」から以降の「おんころころ」を除いた三話が不破友之進の息子の龍之進の描写に軸足が移っています。それも父親のあとを継ぐべく同心見習いとなった龍之進の話です。

それはつまりは龍之進やその同僚らという若者たちの話であり、青春記です。竜之進の恋心や、将来に対する不安など、若者の心の動きをこまやかなタッチで描きだしてあります。

まさに伊三次を取り巻く人間模様として、さまざまな人々の状況を描きながら、江戸の人情話が展開されています。

やはり、再読ではあっても次を早く読みたいという気にさせられる物語です。

紫紺のつばめ

材木商伊勢屋忠兵衛からの度重なる申し出に心揺れる、深川芸者のお文。一方、本業の髪結いの傍ら同心の小者を務める伊三次は、頻発する幼女殺しに忙殺され、二人の心の隙間は広がってゆく…。別れ、裏切り、友の死、そして仇討ち。世の中の道理では割り切れない人の痛みを描く人気シリーズ、波瀾の第二弾。(「BOOK」データベースより)

 


 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの二作目です。

 

紫紺のつばめ」 お文は朋輩の芸者衆への対抗心から当代の伊勢屋忠兵衛からの援助の申し入れを受け入れることにした。しかし、事件探索中の不破友之進や伊三治と偶然出会い、そのことを伊三次に言う前に知られてしまう。

ひで」 伊三次は、大将と呼ばれるほどに絶対的な存在である大工の棟梁山屋丁兵衛の髪を結いに訪れたところ、丁兵衛の娘おみよと一緒になるために、修行中の板前見習をやめた幼馴染の日出吉と出会うのだった。

菜の花の戦ぐ岸辺」 大伝馬町の小間物問屋糸惣の隠居・惣兵衛が殺され、伊三次が下手人と疑われていた。惣兵衛が死ぬ前に伊三次の名前を残したというのだ。

鳥瞰図」 伊三次は不破友之進の妻いなみが姉菊乃の仇討ちを果たすべく、江戸へと出てきた日向伝佐衛門を討つ覚悟をしていると聞き、いなみの行動を止めようと走り回る。

摩利支天横丁の月」 桜の季節の頃から市中の娘が疾走する事件が続いていたが、ついにおみつの行方も分からなくなてしまう。

 

表題作の「紫紺のつばめ」のクライマックスでこぼれたお文の言葉は「あばえ・・・。」であり、読み手の胸に迫ります。

「ひで」は、惚れた女のために自分の仕事を辞めてまでも意に染まぬ仕事に移った男の哀しみに満ちた物語です。著者本人のあとがきによれば、この話は現代の実話をもとに著者がアレンジをした物語だそうです。

この物語の中で、もうすぐ一人前の板前になろうかという日出吉を全くの素人である大工の世界に引きずり込んだ棟梁の本音はどこにあるのでしょう。

この物語は深川八幡の例大祭の威勢のいい雰囲気を背景にしているだけ、哀しさも一段と深くなっています。そして、日出吉を通して、同時に意地の張り合いを見せている伊三次とお文との関係が浮かび上がっています。

「菜の花の戦ぐ岸辺」では、不破の信頼を失ったと感じた伊三次は不破友之進と喧嘩別れをしてしまいます。代わりにと言っては変ですがお文との仲が元に戻るのです。

よく考えるまでもなく、お文との喧嘩も不破との喧嘩も、伊三次の短気からきたものです。その時の相手の気持ちを推し量ることもなく、単に自分を見捨てたとの勝手な思い込みで自分から縁を切った伊三次でした。

「鳥瞰図」は、不破友之進の妻いなみの話ですが、物語としてちょっと気になる部分がありました。

日向伝佐衛門を討とうとするときのいなみの「不浄役人の妻に甘んじる暮しが何んの倖せでありましょう。」という言葉はどこから出てきたものでしょう。そうした言葉を吐いたいなみが昔の生活に戻れるものなのか、疑問なしとしないのです。

「摩利支天横丁の月」は、おみつの行方不明という事件から、武家社会の歪んだ構造が示され、と同時におみつを想う下っ匹の心情が示されていて、どこかほっこりとする話になっています。

この話では同心の緑川の存在感が増しています。というよりも、伊三次という小者と不破、緑川という同心との書き分けのうまさが光っているのでしょう。

侍と町人、その身分の差は歴然としていて、いくら信頼関係で結ばれていてもその間には深い溝があります。その溝を埋めるものが何なのか、このシリーズを通して探しているようです。

 

作者自身の「あとがき」によれば、本書(あとがきには「このシリーズの」とあります)のねらいは「変化」にあるそうです。

伊三次とお文の別れがあり、伊三次の幼馴染の死、伊三次自身への殺人の嫌疑、いなみの敵討ち、おみつと弥八の恋と忙しい内容だというのです。

たしかにそうですが、伊三次とお文の関係は、不破や緑川、その他二人の周りの人たちの生活と共に変化しています。それは江戸時代も現代も同様で、土の時代も市井の人々の暮らしはたゆむことなく続いているのです。

黒く塗れ

お文は身重を隠し、年末年始はかきいれ刻とお座敷を続けていた。所帯を持って裏店から一軒家へ移った伊三次だが、懐に余裕のないせいか、ふと侘しさを感じ、回向院の富突きに賭けてみる。お文の子は逆子とわかり心配事が増えた。伊三次を巡るわけありの人々の幸せを願わずにいられない、人気シリーズ第五弾。(「BOOK」データベースより)

 


 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの五作目です。

 

蓮華往生」 隠密廻り同心の緑川平八郎は、浅草寺近くの天啓寺の大蓮華の台座で信者が息絶えることが頻発している事件を調べることになった。平八郎の妻てやの天啓寺通いや、平八郎の幼なじみでお文の先輩芸者の喜久壽のこともあり、心配をしていた。

畏れ入谷の」 馬喰町にある郡代屋敷の手代・高木茂助は、日々酒におぼれ周りに迷惑をかけるものの、郡代屋敷の者はかまうなというばかりだった。お文は最後の座敷の客がその高木茂助だったために、茂助の酒の事情を聞くことになる。

夢おぼろ」 男勝りの剣の腕を持つ吟味方与力片岡郁馬の娘美雨は、縁談を断っているという。ところが、伊三次は両国の回向院で富くじを買う折にその縁談の相手である乾監物と出会い、その人柄の良さを知るのだった。

月に霞はどでごんす」 昨年、浅草で履物屋の十歳ほどの息子が侍に斬り殺されたものの、犯人には何のお咎めもなかった。その後、その侍は惨殺され、件の履物屋が人を使って仇討ちしたとの噂になった。

黒く塗れ」 伊三次は「畏れ入谷の」の話で緑川の捕物の手伝いもした箸屋の翁屋八兵衛から相談を受けた。八兵衛の妻のおつなが店の金を持ち出しているらしいというのだった。

慈雨」 松浦桂庵の母親の美佐が行方不明になり、数日して帰ってきた。美佐の頼みで、美佐を助けてくれた棒手振りの花屋に礼を言いに行くと、以前伊三次がお佐和という娘と別れさせた当の元掏摸の直次郎だった。

 

伊三次とお文の間には一人目の子が、不破家には龍之介に次いで二人目の子が生まれ、それぞれの家庭の姿が描かれます。

とくに、不破家の龍之介の成長が印象的な本編です。

 

「蓮華往生」は、天啓寺の不正という一件よりも、てやと喜久壽という女の立場の違いを描き出した一編でした。

「畏れ入谷の」は、江戸時代という封建時代ならではの事情を背景に、夫婦相互の想いを記した一編です。

伊三次との子をお腹に抱えたお文と、二番目の子を産んだばかりのいなみ、そして、高木茂助とその妻という三組の夫婦のそれぞれのありようが心に沁みる一編で、龍之介が最後に叫んだ言葉が耳に残ります。

「夢おぼろ」はほのぼのとした話です。竜之介が思いのほかに成長している姿がありました。

「月に霞はどでごんす」は事件もさることながら、お文の初産の苦労、そして夫伊三次の所在なさが描かれています。お文の子は逆子であり、伊三次はもちろん、子が生まれたばかりの友之進も、そして緑川も喜久寿も、お文の身体を心配しています。

「黒く塗れ」はストーンズの名曲「黒く塗れ」からとったというタイトルだそうで、だとすればこの話はタイトルが先にありきだったのでしょうか。

と思ったら、著者本人の「あとがき」によれば、そもそもは矢沢永吉の「黒く塗りつぶせ」という楽曲のタイトルがあり、しかし小説のタイトルとしては「黒く塗れ」の方がふさわしいということで決めたそうです。

話自体は捕物帳としての色合いの方が濃い作品ですが、犯罪の手段や処理の仕方そのものが私の好みではない話でした。

「慈雨」は、浅草で掏摸をしていた直次郎という男が再び伊三次の前現れます。

直次郎という男は、本書の前の巻で登場する男らしいのですが、シリーズの順を飛ばして読むとこういうことになります。

でも、コロナ騒ぎでの図書館閉館による電子図書での再読ですので、それも仕方ありません。

幻の声

 


 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの一作目です。

 

幻の声」 廻り髪結いをしている伊三次は、北町奉行定廻り同心の不破友之進の小者として、日本橋で起きたとある呉服屋の娘が誘拐された事件について調べていた。犯人は捕まったものの、自分が犯人だと名乗り出てきた駒吉という女について調べていたのだった。

暁の雲」 お文が以前世話になっていた伊勢屋忠兵衛の二代目が自分もお文の世話をしたいと言ってきた。そうした中、おなみが魚花の亭主が亡くなったという知らせを持ってきた。魚花のお内儀はおすみといい、お文の先輩芸者だったのだ。

赤い闇」 北町奉行所例繰方同心で不破友之進の隣人である村雨弥十郎は、このところの失火騒ぎが続いていることもあり、妻の火事見物に心を痛めていた。そこで友之進に妻の監視を頼むのだった。

備後表」 伊三次には喜八という畳屋の幼馴染がいた。喜八の母親はおせいといい伊三次の母親代わりともいうべき人だった。おせいは、備後表と呼ばれる畳表を編んでいたが、死ぬまでに自分の編んだ畳表がどんなふうに使われているのかを見たい、というのだった。

星の降る夜」 伊三次はやっと貯めた三十両という金を、大みそかの夜に盗まれた。自分の床を持ち、おぶんを嫁に迎えるための金だった。そのことを岡っ引きの留蔵にいうと、心当たりがありそうだった。

 

コロナ騒ぎで図書館が閉鎖されているなか、電子図書だけは借りることができましたので、読書メモも残していない昔に読んだ本書を読んでみました。

結論から言うと、やはり私個人としては紙の本がいいということです。検索出来たり、場所を取らなかったり、電子図書の長所はよくわかります。

それでもなお、紙の手触りと共にある読書に慣れているからでしょうか、紙の本を懐かしく思い起こしながらの読書となりました。

とはいえ、思ったよりも楽に読むことが来たのも事実であり、これからの読書はデジタル版も読むことを考えた方がいいかもしれないとは思った次第です。

 

本書は、宇江佐真理の新しいシリーズである『髪結い伊三次捕物余話』の登場人物紹介を兼ねた作品です。伊三次、お文、不破友之進という三人の関係を端的に表しています。

第一話目「幻の声」は、伊三次を中心とした話です。

ある誘拐事件の犯人だと名乗りを上げてきた女の心の裡を伊三次が明らかにする過程で、伊三次と文吉ことおぶんや、不破友之進との関係が描かれていきます。

次の「暁の雲」はおぶんです。お文と先代や当代の伊勢屋忠兵衛との関係を明らかにしながら、お文の先輩芸者とのやり取りの中、深川芸者の中でも気の強さで取っているお文の現在が語れます。

「赤い闇」は、不破友之進といなみをはじめとするその家族の姿が描かれます。とくに、いなみが抱える過去は波乱に満ちており、その過去をも飲み込んだ友之進との夫婦仲があります。一方、隣家の村雨家という不破家とは異なる事情を抱えた家族の姿もありました。

その次の「備後表」という話は、これぞ人情物語の典型ともいうべき心温まる物語です。王道すぎて、できすぎた話と言われかねないほどです。それでも私はこういう話が大好きだし、弱いのです。

最後の「星の降る夜」は、肝心なところで偶然の出会いがあり、そのことによって窃盗事件が終結に向かうという点で不満は残ります。

しかし、それでも伊三次を取り巻く人たちの心映えの温かさが感じられる、一息つける好編でした。

インビジブルレイン

姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人は柳井健斗」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだ。隠蔽されようとする真実―。警察組織の壁に玲子はどう立ち向かうのか?シリーズ中もっとも切なく熱い結末。

 

「姫川玲子シリーズ」の四作目となる、長編の警察小説です。

 

やはり誉田哲也という作家の作品ははずれがなく、とくに本「姫川玲子シリーズ」に属する作品は読みごたえがあると感じた作品でした。

ただ、本作はシリーズの中でも姫川の女の部分が強調された異色の作品となっているため、好みでないという評価を下す人が多いかもしれません。

そしてもう一点、本書は姫川班として活躍してきた姫川玲子の活躍の場が変更するという点でも特異な位置を占める作品と言えます。

 

暴力団大和会系の下部組織に属するチンピラが刺殺されるという事件がおきます。捜査本部には暴力団担当の組織犯罪対策部第四課も加わり、姫川玲子も暴力犯担当の下井警部補と組むことになります。

ただ組対四課が自分のところで犯人を挙げると張り切っていて、彼らの主導によって本事案は暴力団抗争に絡んだ事件との見方が主力になります。

ところが、柳井健斗という男が犯人だとのタレコミがあり、警察の上層部からは柳井健斗には触らないようにとのお達しが出されるのです。

柳井健斗とはかつて警察不祥事に絡んだことのある名前であり、あらためて警察の不祥事を明るみに出すことはないとの判断が働いたのです。

しかし、姫川がその命令に従うはずもなく、相方の下井警部補の影の協力もあり、単独での捜査に走るのでした。

 

その単独捜査の過程で知り合うことになったのが極清会の会長であり、大和会の系列組織である石堂組の若頭補佐でもある牧田勲という男です。

この男と姫川玲子との関係が本書の一番の見どころということになるのでしょうか。

 

個人的には、このシリーズの一番の魅力は登場人物たちの個性がぶつかり合う絡みの場面だと思っているのですが、本書もまたその例に漏れません。

確かに見せ場である姫川と牧田とのからみも気になるところであるのは間違いありません。

しかし、個人的にはそれよりも姫川の相方である下井と姫川との会話や、姫川の上司である捜査一課十係長の今泉春男警部や、捜査一課課長の和田徹警視正と姫川との関係の方がが気になるのです。

さらにガンテツをも巻き込んだ捜査一課の上層部の人間関係と、さらにその上の長岡刑事部長らとの関係が目が離せません。

同時に、彼らの関係、その行動の描き方に魅せられるのです。

 

当然のことではありますが、本書で描かれる事件の発端となったチンピラの殺人事件の捜査の様子それ自体も勿論よく描かれています。

その事件に隠された真実が柳井健斗や牧田を動かし、そのことによって姫川ら警察が動き、その中での人間ドラマの描き方が私の好みと見事に一致するのです。

このように、本書はエンターテインメント小説としての面白さを見事に体現しているシリーズであり、その中の一冊であることをしっかりと思い知らされる構成になっています。

そして先に述べたように、本書で描かれている事件のゆえに姫川の警察官としての人生は新たな展開を見せる、という意味でも重要な一冊だと言えます。

 

ちなみに、本書は映画化もされています。

姫川を演じているのはもちろん竹内結子であり、牧田勲を大沢たかおが演じています。

原作である本書とは若干ストーリーが異なるようで、また姫川と牧田との恋模様に重きが置かれている気もしますが、それでもなお本書の雰囲気を色濃く残している作品だと思います。

また、2019年にリメイクされたテレビドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」においてもその第七話と第八話でドラマ化されているそうです。

 

 

なんてこったい!-若旦那道中双六(4)

四日市宿で伊佐蔵の意外な正体を知ってしまった巳之吉。自分を子供扱いした祖父の儀右衛門に怒り心頭の巳之吉は、東海道の旅を放り出し伊勢を目指す。その途上、蝦夷から来た二人の客を伊勢詣に連れていくという大坂の海産物問屋『北海屋』の手代と知り合うが、辿り着いた伊勢の地で、蝦夷の二人が行方知れずになり―。愛嬌たっぷりの若旦那が繰り広げる、笑いと涙の珍道中!時代劇界の超大物脚本家が贈る人気シリーズ第四弾!!(「BOOK」データベースより)

 

若旦那道中双六シリーズの第四巻目の長編人情小説です。

前巻『べらぼうめ!』で、京を目指す巳之吉を陰から助けてきた伊左蔵が、実は「渡海屋」の先代儀衛門の指示を受けた子守役であったことを知った巳之吉は、京への旅をつづける意欲をなくし、伊勢へと方向転換をするのでした。

 


 

清吉という男の連れの急病の蝦夷人のために持っていた薬を分け、そのとき言われた伊勢国安濃郡の「津」にある「奈良屋」という旅籠で彼らを待つことになります。しかし、その宿では盗人に間違われたり、と散々な目に逢う巳之吉でした(>第一話 奉納金泥棒)。

その後、たどり着いた伊勢で知り合った江戸深川にいた庄助という男が居候しているお房という女の家に泊まる巳之吉です。翌日、伊勢の内宮で連れの蝦夷人を探す清吉と再会した巳之吉は、旅の途中で聞いた話から蝦夷人を探し出し、これを救い出すのでした(第二話 庄助饅頭)。

清吉らと別れた巳之吉は、伊勢内宮で女衒に連れていかれそうな娘を助けます。しかし巳之吉はそれが騙りであったことに気付くのでした(第三話 伊勢音頭)。

やっと伊勢を離れた巳之吉は再び伊勢路を京へと向かいます。その後、騙りの一味の悪事を暴いた巳之吉は、その一味に捕まってしまうのでした(第四話 雲助峠)。

一方、江戸では巳之吉の帰りを待つお千代が巳之吉の仲間になにかと面倒をかけているのでした。

 

前巻『べらぼうめ!-若旦那道中双六(3)』についての項で、「はっきりしないと思われていたこの物語の色が、その漠然とした色こそが持ち味だと感じてきた」と書きました。

でも、その「漠然とした色」も二巻と続くとやはり何となくそれなりの刺激が欲しくなるようです。

それは、なにもヒーローが活躍する活劇や剣戟でなくてもいいのです。人情ものとして読み手の心に残る話でも、爆笑もののコミカルな話でも、ほかの何かでも構いません。

 

前巻でそれなりに本シリーズの特色を捕らえようと思ったのですが、やはり私の嗜好とことなる路線としか言いようがありません。

本シリーズも残りはあと一巻です。なんとか最後まで読み終えようと思います。

天満橋まで 風の市兵衛 弐

定町廻り“鬼しぶ”の心配をよそに、唐木市兵衛は未だ大坂に在った。世話になった長屋のお恒の息子が、突然、殺されたのだ。堂島の蔵屋敷で働く孝行息子だったが、その背中には幾つもの刺し傷があった。下っ引の良一郎らと下手人を追う市兵衛。堂島は米の取り付け騒ぎに震撼していた。同じ頃、市兵衛をつけ狙う刺客が現れた。気配からかなりの凄腕と思われ…。(「BOOK」データベースより)

 

序章 西方浄土 | 第一章 土佐堀川 | 第二章 東天満 | 第三章 権現松 | 第四章 梅田墓所 | 終章 帰郷

 

新シリーズ『風の市兵衛 弐』の第五弾です。

 

大坂に来るきっかけとなった小春の姉の死から始まった事件自体は、市兵衛らの活躍で一応解決していた。

しかし、大坂でお世話になったお恒ばあさんの裁縫仕事を手伝いつつ裁縫の手ほどきも受けている小春の望みで、未だ大坂にとどまっている一行だった。

ところが、そのお恒の一人息子で島崎藩蔵屋敷蔵元《大串屋》の手代をしている豊一が、蔵屋敷で働いていた通いの出仲仕に惨殺されるという事件が起きる。

事件が起きた島崎藩蔵屋敷ではなにか問題があったらしく、豊一の遺骸を亡骸を引き取りに行った市兵衛らの一行は、蔵方の侍から、豊一から何か預かっていないかと尋ねられるのだった。

一方、前巻の終わりで市兵衛と立ち会い敗れた野呂川白杖の兄保科柳丈は、同じく彦根城下に住まう配下の剣士室生斎士郎に、白杖の死の実際を調べその無念を果たすようにと命じていた。

 

前巻の新シリーズの第四弾『縁の川 風の市兵衛 弐』で大坂に来ていた市兵衛たちですが、本巻においてもまだ大坂にとどまっているままです。

 

 

その大坂で、市兵衛たちが世話になっていたお恒ばあさんが難儀に会っているため、その手助けをすることになる、というのが本巻の中心となる話です。

その一方で、本作での市兵衛の相手として室生斎士郎という侍が登場します。この侍は前述の通り前作で市兵衛に倒された野呂川白杖の兄である保科柳丈から命じられた剣士です。

この剣士は本書の本筋の話とは無関係に登場してきた人物であって、市兵衛との剣劇場面用の設定のために設けられた人物との印象があります。

それは、シリーズの中で今後は保科柳丈という男が黒幕となるのではないか、この男が市兵衛の敵役として残っていくという展開の伏線ではないかとも受け取れるのです。

 

また、本書では島崎藩の蔵屋敷での米に関する取引が事件の核心となっていて、その実際についての知識が説明されています。

ここでの現物取引である正米取引と先物取引である空米取引との仕組みについての説明は、ウィキペディアでも説明されているところです。

こうした江戸時代の経済の仕組みについての解説が本シリーズの特徴の一つでもありますが、本書ではこれまで以上に詳しい説明が載っているように思えます。

 

このような相場の話を扱った作品として必ず思い出すのが 獅子文六が著した『大番』という作品です。

この作品は、戦後の東京証券界でのし上がった男の一代記であって、日本橋兜町での相場の仕手戦の様子が描かれた痛快人情小説です。、少々古い本(1960年代)ですが面白さは保証付きです。

 

 

ともあれ、本書『天満橋まで 風の市兵衛 弐』は、シリーズの中ではあまり大きな展開はない、一息ついた物語だと言えます。

新シリーズになって早々に描かれた吉野の村尾一族はもう絡んでは来ないのか、また心強い仲間である返弥陀ノ助はどうなっているのか、そちらの話も読みたいものです。