ダーク・タワー [ DVD ]

ニューヨーク。
少年ジェイクは毎夜同じ夢にうなされていた。
“巨大なタワー”“拳銃使いの戦士”そして“魔術を操る黒衣の男”…ある日、ジェイクは現実世界と夢で見た≪中間世界≫と呼ばれる異界が時空を超えて繋がっている場所を発見する。
中間世界に導かれたジェイクは、そこで拳銃使い<ガンスリンガー>に出会う。
彼は2つの世界のバランスを保つ塔=ダークタワーを守る最後の戦士であり、タワーの破壊を目論む<黒衣の男>を倒すため旅を続けていた。
一方、ジェイクが特殊な能力を秘めた存在であることに気づいた黒衣の男は、その強大なパワーを求め、ジェイクたちの前に立ちはだかる。
いま、ガンスリンガーと黒衣の男が相まみえる! !( Amazon 商品の説明 )

 

この作品の原作の『ダーク・タワー』の項で、原作の映画化について「この壮大な世界が壊れることが怖い気がします。」と書きましたが、残念ながらその心配は当たってしまいました。

原作の文庫本で全十六冊にもなる『ダーク・タワー』を九十五分という短い時間に収めるということが不可能なのでしょう。

出来上がった映画は全く別の作品でした。

 

ローランドが黒人が演じていること自体は別に何の問題もありません。

また、本映画版『ダーク・タワー』に出てくる「悪」を代表する“黒衣の男”を演じているマシュー・マコノヒーもそれなりに悪くないと思いました。

ただ、そもそもこの映画の脚本、もしくは演出上表現されている“黒衣の男”は、単にC級のSF映画に出てくる魔法使いでした。

また、その手下もチンピラであったり、造形の下手なクリーチャーに過ぎなかったりと、C級映画以下の出来としか思えませんでした。

原作の持つ、異世界における現実世界との差異、“黒衣の男”の不気味さなどは全くないのです。

 

残念ながら原作とは全く別物と考えるしかないと思います。

四日間の奇蹟 [DVD]

この映画は、第1回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した浅倉卓弥の『四日間の奇蹟』を原作としています。

私はこの映画は見ていませんが、レビューを見てみると評判はそれほど悪くは無いようです。感動した、という声がそこここで見られます。
ただ、評価しない人のレビューも少ないわけではなく、一般的には好意的な声もあるものの、どちらかと言うと評論家と言われる人たちからは辛口の評価が多いようですね。

影なき男 [映画]

探偵夫婦のニックとノラが難事件の解決に挑む1930年代の探偵映画「影なき男」シリーズ第1作。ニックは愛人を殺した容疑をかけられた発明家の捜索依頼を受けるが、その発明家が死体で発見され…。(「Oricon」データベースより)

ガラスの鍵 [映画]

ならず者ではあるが地域の実力者ポールが殺人事件に巻き込まれた。しかし無実を信じた彼の片腕のエドが事件の真相を探ろうと動き始める。冒頭でいきなりポールに平手打ちをくわせる彼の好きな女、ギャングに執拗に痛めつけられるエド、ストーリーの意外な展開をはじめ、見所たっぷりのフィルム・ノアール作品。(「Oricon」データベースより)

マルタの鷹 [映画]

サン・フランシスコで私立探 偵局を開いているサム・スペードは、ワンダリーという女から、サースビ ーという人物に尾行されているから救ってほしいと頼まれる。それをスペ ードの相棒のアーチャーが彼女の美しさにひかれて買って出た。しかしその夜ア ーチャーはサースビーと共に死体となって発見される。当局ではスペード とアーチャーの妻のアイヴァの間を怪しみ、彼の謀殺ではないかとの嫌疑 をかれられ、スペードは身の危険を守るため、ワンダリーを追及して、彼女の本 名がオーショネイといいサースビーとなにか一儲けを企てている間に、彼女は自分を裏切ろうとしたサ ースビーの尾行を頼んだことがわかった。スペードが事務所に帰るとカイ ロという奇妙な男が来て、黒い鷹の置物を探してくれたら5000ドルの謝礼を出 すというので、オーショネイとこの男の間に関係があると睨み2人を対決させたのだった… 。(Amazon「商品の説明」より)

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

総員出撃!死ぬまで戦え!ハリウッド×日本トップクリエイターが放つ、SFバトル・アクション!バグに猛襲された地球連邦軍の宇宙基地から脱出に成功した巨大戦艦が突如消息を絶った。パワード・スーツで武装した精鋭部隊を乗せた宇宙船が救出に向かったが、戦艦はすでに大量のバグに占拠され制御不能となっていた。しかも戦艦が目指していたのは地球で…。(「Oricon」データベースより)

荒牧伸志監督以下、日本人スタッフを中心に作成されたCGアニメ映画。

スターシップ・トゥルーパーズ3

ポール・バーホーベン製作総指揮による人気SFシリーズ第3弾。対バグ戦争も最終局面を迎え、地球連邦軍は戦力を増強、新兵器のパワードスーツを導入し壮絶な戦いに挑む。(「キネマ旬報社」データベースより)

本作品で初めてパワードスーツが登場しますが、首をひねるしかないものでした。

スターシップ・トゥルーパーズ2

ハリウッドを代表するVFXアーティスト、フィル・ティペットが監督を務めたSFアクション第2弾。昆虫型エイリアンの猛攻撃に合ったシェパード将軍率いる中隊は、撤退して廃墟へ逃げ込むが…。(「キネマ旬報社」データベースより)

一作目以上にB級とも言えない、との印象が強い映画でした。

内容は全く記憶にありません。

スターシップ・トゥルーパーズ

ロバート・A・ハインライン原作の「宇宙の戦士」を、ポール・バーホーベン監督が映画化した、昆虫型エイリアンと人類の壮絶な死闘を描いたSF大作。キャスパー・ヴァン・ディーン、ディナ・メイヤーほか出演。(「Oricon」データベースより)

2014年現在でアニメ版も含めて四作が作られています。

原作の主人公の成長譚の側面が切り捨てられて、昆虫型の異星人との戦闘シーンが展開されている、という印象でした。何よりパワードスーツが無く、ハインライン原作と謳ってはいけない、と言われても仕方がないでしょう。三作目で初めてパワードスーツが登場しますが、これも首をひねるものでした。

四作目の「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」は荒牧伸志監督によるフルCGアニメーションです。これは見ていません。