イラスト1
Pocket

渡辺 容子 雑感

東京都生まれ。東京女学館短期大学卒業。
会社勤務を経てジュニア小説作家となり、その後、大人向けの小説に転身。
1992年、『売る女、脱ぐ女』で小説現代新人賞受賞。
1996年、女性保安士を主人公とした本格派推理小説『左手に告げるなかれ』で江戸川乱歩賞を受賞。
ウィキペディア 参照 )

今のところ、八木薔子シリーズしか読んでいません。

この作家は面白いので是非お勧めです、とまではいきませんが、八木薔子シリーズも第二作目以降のボディーガードになってからのほうが私の好みには合っていました。

他の作品も、ぼちぼちと読んでみたいと思います。

[投稿日] 2017年05月31日  [最終更新日] 2017年5月31日
Pocket

おすすめの小説

女性推理小説作家

原田 マハ
暗幕のゲルニカ』はピカソの「ゲルニカ」を、『楽園のカンヴァス』はアンリ・ルソーの「夢」をモチーフに、絵画に魅せられた女性キュレーターが活躍するミステリーです。
柚月 裕子
『あしたの君へ』のようなヒューマンドラマから『佐方貞人シリーズ』のような社会性の強い検察官・弁護士を主人公にした小説、更には『孤狼の血』といったエンタメ性の強い警察小説まで、今一番のっている作家の一人と言えます。
篠田 節子
東京近郊で致死率の非常に高い日本脳炎が発生する。特定のヒーローではなく、普通の人々の行いを描く「夏の災厄」は、上質のシミュレーション小説だと思います。
桐野 夏生
バブル経済崩壊後の現代社会で生きる人々を描いた「OUT」は高い評価を受け、米国のエドガー賞長編賞に日本人作家として初めてノミネートされました。
乃南 アサ
直木賞を受賞した「凍える牙」は「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で、十分な読み応えがあり、この人の代表作と言えるでしょう。
本

関連リンク

作家「渡辺容子」のブログ。/ウェブリブログ
「渡辺容子」のブログです。新刊の宣伝や好きな音楽とガーデニング、日常をタラタラ綴ってまいります。