紹介作品

著作

  1. 天地明察
イラスト1
Pocket

冲方 丁 雑感

1977年生まれ。早稲田大学中退。1996年、『黒い季節』で第1回スニーカー大賞金賞を受賞し作家デビュー。2003年、『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞を受賞、ベストSF 2003国内篇第1位に輝く。小説の他にゲーム、コミック原作、アニメ制作と活動の場は幅広い。他の著書に『ばいばい、アース』『テスタメントシュピーゲル』などがある。( 楽天ブックス|著者インタビュー : 参照 )

「物心ついたときに読んでいたのが…79年版の『デイリーコンサイス英和和英辞典』。ネパールに住んでいた11歳から13歳くらいまでの頃、これが唯一身近にあった日本語だったので、ひたすら読んでいた」というほどですから、子供のころから言葉に非情な関心があった方なのでしょう。とにかく日本語の本は大人の物であろうと手当たり次第に読んだと書いてありました。

ただ、「「ガンダム」の「ポケットの中の戦争」のビデオを手に入れた人がいたので、1から全部、セリフと情景を翻訳しました。それが12、13歳の頃。これはすごく大変で、1年がかりで訳しました。」とか、帰国してからの高校時代などに「ヘーゲルの『哲学史講義』とか。キェルケゴールの『死に至る病』は何を言っているのか分からないので、全部書き写しました。」( 以上 WEB本の雑誌 : 参照 )とあるように、その言語感覚は普通の人とは異なっていたようです。

そうした来歴を持っている方なので「日本のコンテンツの海外輸出」について、日本人は「どんな文化も日本的なものとして吸収してしまう能力には非常に長けている」「日本語というのは、世界でも類を見ない“6種類の文字を使う”言語なんですよ」「その結果、情報的にも情緒的にも密度の濃い表現を際限なく広げていくことができるようになったわけです」( UGOI JAPAN : 参照 )という視点を持つにいたったのでしょう。

子供時代をグローバルな環境で育ち、日本語について貪欲であっただけに、言葉を丁寧に扱うと共に、この人なりの視点が生まれたのでしょう。「二次創作解禁」などというユニークな試みも同様の視点の延長線上にあると思われます。(ぶらりずむ黙契録 – 公式ブログ : 参照 )

この人の仕事も、プロフィールを見ても分かるようにとても多岐にわたっています。まだ『天地明察』しか読んではいませんが、本来は私の好きなジャンルであるSFを書かれている作家さんなので、日本SF大賞を受賞した『マルドゥック・スクランブル』を始め、読んだいない作品ばかりなので楽しみです。

[投稿日] 2017年02月20日  [最終更新日] 2017年2月20日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのSF小説作家

日本SF界の大御所クラスの作家さん達です。はずれはありません。
小松 左京
亡くなられて数年が経ちますが、日本SF界の重鎮であることな間違いのないところです。更には、SFというジャンルを超えた巨人とも言え、その著作は多岐にわたります。果しなき流れの果にはクラークの作品にも劣らない壮大な物語です。
光瀬 龍
百億の昼と千億の夜」という作品があります。プラトン、釈迦、弥勒と意外な名前が続出し、時空を越えた旅が始まります。 小松 左京果しなき流れの果にと同様に、スケールの大きな、日本を代表するSF作品の一つだと思います。
星 新一
ショート・ショートの名手で、掌編のそれぞれに小さなひねりがきいて飽きさせません。
筒井 康隆
この人の個性は好き嫌いが分かれるかもしれませんね。でも、この人のスラプスティックな笑いは他の人では味わえないものです。かと思うと、「家族八景」のような、テレパシー能力を持つ少女の苦悩を通して人間を描く作品も書いています。
半村 良
伝奇SF小説の第一人者です。「妖星伝」のように壮大な法螺話を、サービス満点のエンターテインメント小説に仕上げる腕は抜群です。一方「雨やどり」のような人情話も書かれています。
本

関連リンク

ぶらりずむ黙契録 - 公式ブログ
もの書き冲方丁の試しにやってみたブログ。ぶらりと更新中。 「冲(うぶ)」は、「沖(サンズイ)」ではなく「冲(ニスイ)」です。
tow_ubukata - 公式サイト
冲方丁 PERSONAL WEB SITE 公式サイト。作品リスト、小説の基礎技術概論、質問と回答集、日記。
冲方サミット
各社協力をし合って冲方丁作品をより盛り上げていこうという命題のもと、冲方丁本人をはじめ、冲方丁関連書籍を発行する各出版社やビデオメーカーのスタッフ一同が集結した組織・“冲方サミット”。
冲方丁さん - WEB本の雑誌
小説だけでなくゲーム、アニメーション、漫画と、幅広い分野で活動を続ける冲方丁さん。SF作品で人気を博すなか、昨年末には時代小説『天地明察』を発表、新たな世界を広げてみせました。
冲方丁さんインタビュー | BOOK SHORTS
漫画、アニメ、ゲーム、小説など多彩なジャンルでご活躍中の作家 冲方丁さんに、ご自身の作品の二次創作解禁や、物語の持つ力についてお話伺いました。
冲方丁さん、自作の2次創作“全面解禁”を提案 「グレーゾーン」ではない
小説家・冲方丁さんが自身の作品の2次創作を“全面解禁”すると表明。ファン活動と海賊版の区切りを明確にすることで違法な利用を抑え、作品の宣伝や人材育成にもつながればという。
冲方丁さんが副賞10万円で購入した本 2010年本屋大賞
『2010年本屋大賞』で大賞を受賞された冲方丁さんが副賞の図書カード10万円分で購入した中身とは!?
スペシャルレポート Vol.8 「ラノベ」と「エンタメ小説」ジャンルを超えて
ジャンルを超えた作家として、クリエイターとして、常に進化とチャレンジをし続ける彼に、その尽きない表現欲求の源を語ってもらった。