紹介作品

著作

  1. 涙香迷宮
イラスト1
Pocket

竹本 健司 雑感

1954年、兵庫県生まれ。東洋大学文学部哲学科中退。在学中に、中井英夫の推薦により、雑誌「幻影城」で『匣の中の失楽』を連載しデビュー。この作品は、『黒死館殺人事件』『ドグラ・マグラ』『虚無への供物』と続く「黒い水脈」の系譜を継ぐものと評され、若い世代を中心にカルト的支持を得た。『囲碁殺人事件』『将棋殺人事件』『トランプ殺人事件』と続く「ゲーム三部作」を発表後、SF方面にフィールドを広げていたが、新本格ムーブメントの時期に、本人や友人作家が実名で登場するメタミステリ『ウロボロスの偽書』を発表。一連のウロボロス連作として、今日まで続いている。他に、『ツグミはツグミの森』など著書多数。活字以外でも、『入神』など漫画を執筆したり、プレイステーション・ポータブルの本格推理ゲーム『TRICK×LOGIC』のシナリオも書くなど、多方面で活躍中。( 竹本健治 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

[投稿日] 2017年11月11日  [最終更新日] 2017年11月11日
Pocket

本

関連リンク

竹本健治|講談社文庫|講談社BOOK倶楽部
デビュー作の『匣の中の失楽』を世に出したあと、雑誌「幻影城」が崩壊して拠点を失ってしまった僕に、次の発表の場を提供してくれたのは、のちにマネージメントをお願いすることになった磯田秀人さんだった。
竹本健治「ゲーム3部作」シリーズ特設サイト|講談社文庫
一昨年、第4の奇書『新装版 匣の中の失楽』が復刊され、即日重版決定。続く新作『涙香迷宮』は「このミステリーがすごい! 2017年版」(宝島社)国内編第1位に輝いた。そして伝説の「ゲーム3部作」の連続刊行が開始。完結編は、『トランプ殺人事件』。文庫化特典:書下ろし短編「麻雀殺人事件」も収録!
竹本健治HP - So-net
近年は更新されていないようです。
神戸新聞NEXT|文化|暗号小説で本格ミステリ大賞 相生出身・竹本健治
暗号ミステリーの大作「涙香(るいこう)迷宮」で第17回本格ミステリ大賞に輝いた兵庫県相生市出身の作家竹本健治さん(62)=佐賀県武雄市。くしくも、今年は作家活動40年の節目となる。
正気か狂気か。読者を迷宮に誘いこむ竹本健治のマジック | 文春オンライン
世の新刊書評欄では取り上げられない、5年前・10年前の傑作、あるいは書評子にスルーされてしまった傑作など、あなたが知らない徹夜必至の面白本を、熱くお勧めします。