紹介作品

イラスト1
Pocket

佐藤 正午 雑感

1955年生まれ、長崎県出身。1983年、デビュー作『永遠の1/2』で『第7回 すばる文学賞』を受賞。2014年『鳩の撃退法』(小学館刊)で『第6回 山田風太郎賞』受賞。2017年7月、『月の満ち欠け』(岩波書店)で『第157回 芥川賞・直木賞(平成29年度上半期)』の直木三十五賞を受賞。( 佐藤正午のプロフィール : 参照 )

この作家に関してはその名前も知りませんでした。ただ、どこかで見たのでしょうか『永遠の1/2』という書名だけは知っていただけです。

根岸芳太郎監督で映画化もされているこの作品ですあ、この映像も見ていない私でした。

[投稿日] 2017年08月29日  [最終更新日] 2017年8月29日
Pocket

本

関連リンク

第157回直木賞受賞の佐藤正午氏が電話で会見(全文1)取っちゃったなって感じ
日本文学振興会は19日夜、第157回芥川賞・直木賞(2017年上半期)受賞作を発表し、芥川賞には沼田真佑氏の「影裏(えいり)」、直木賞には佐藤正午氏の「月の満ち欠け」を選出した。
インタビュー : 「自身のいらだち反映」 佐藤正午さん5年ぶり長編小説
長崎県佐世保市在住の小説家、佐藤正午(59)が5年ぶりとなる長編『鳩の撃退法』(小学館)を11月に出した。女にだらしない小説家を主人公にした上下巻計千ページ近い大作だが、巧みな筋と表現で一気に読ませる。