イラスト1
Pocket

大沢 在昌 雑感

1956年生まれ。愛知県名古屋市出身。慶応義塾大学中退。
1979年 第1回小説推理新人賞を「感傷の街角」で受賞し、デビュー。
1986年 「深夜曲馬団」で日本冒険小説大賞最優秀短編賞受賞。
1991年 「新宿鮫」で第12回吉川英治文学新人賞と第44回日本推理作家協会賞長編部門受賞。
1994年「無間人形 新宿鮫4」で 第110回直木賞。
2001年「心では重すぎる」で日本冒険小説大賞。
2002年「闇先案内人」で日本冒険小説大賞を連続受賞。
2004年 「パンドラ・アイランド」で第17回柴田錬三郎賞受賞。
第一回日本推理作家協会チーフブレンダー。
2006年「狼花 新宿鮫9」で日本冒険小説大賞。
2010年第14回日本ミステリー文学大賞受賞。
2012年「絆回廊 新宿鮫10」で日本冒険小説大賞。
2013年 ロイヤルアングラー賞受賞。
2014年「海と月の迷路」で第48回吉川英治文学賞受賞。


大沢在昌という名前を最初に聞いたのは『黄龍の耳』という漫画の原作者としてだったのか、『新宿鮫』という日本推理作家協会賞受賞作品の著者としてだったのか、今では定かではありません。でも、漫画の原作者の名前を覚えていたのですから、その漫画自体を面白く読んでいたのでしょう。実際、ちょっと調べてみたらスーパーヒーローが大活躍するその内容もすぐに思い出しました(でも忘れてはいたということです)。

この作家も作品数が多い。基本的にハードボイルド、アクションものと言えるのでしょうが、中に『らんぼう』のようなコメディタッチの作品もあります。

種々のジャンルを書き分ける多作の作家ではありますが、エンターテインメント小説の書き手として抜群の面白さを持つ、職人的な作家さんの一人であることは間違いありません。

私が読んだのは全作品中の3分の1位でしょうか。なかなか読破とまではいかないようです。

また、同じくベストセラー作家である宮部みゆきや京極夏彦らと共に「株式会社大沢オフィス」を設立したこともミステリーファンの間では有名な話ですね。公式サイトは「大極宮」です。

[投稿日] 2015年04月23日  [最終更新日] 2017年6月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのハードボイルド作家(国内)

以下の各作品はハードボイルドという括りが無くても、お勧めの作品群です。
北方 謙三
現在の日本のハードボイルド作家の第一人者でしょう。「ブラディ・ドール シリーズ 」に代表される作品群は、何時までも色褪せません。
志水 辰夫
叙情性豊かと評される文章は、シミタツ節と呼ばれています。一時期はハードボイルドと言えば北方 謙三か志水辰夫かとも言われました。「飢えて狼」から始まる三部作は今でも是非一読の価値あります。近時は時代小説を書かれていますが、シミタツ節は健在です。
藤原 伊織
テロリストのパラソル」など、その文章は格調高く、この作家の作品はハードボイルドという絞りがなくても面白い作家の上位に来ると思います。
東 直己
ススキノ探偵シリーズ」では、札幌はススキノを舞台に饒舌な「俺」が活躍します。
原 尞
正統派のハードボイルド作家とて人気の高い人です。ただ、19年間で長編4作、短編1作、エッセイ集が1冊という寡作なひとです。「私が殺した少女」では、第102回直木賞も受賞しています。チャンドラーに傾倒し、その影響を受けていると言い、全ての作品が、沢崎探偵の物語です。
本

関連リンク

大沢在昌 | 『大極宮』公式ホームページ
大沢オフィス〈大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆき〉公式サイト
第6回ゲスト:大沢在昌さん (前編)
「どんな賞をもらっても、いざ書き始めたら、『いかに読者を楽しませるか』、それしか考えていない」
九州大学で大沢在昌さんが会場の笑いを誘う:活字文化公開講座
九州大学で開かれた「活字文化公開講座」は、約250人が参加。作家の大沢在昌さんが「ミステリーと私」をタイトルに基調講演を行い、ユーモアを交えた興味深い話に聴講者は熱心に聞き入りました。
ファンキー加藤がW不倫発覚後、初の雑誌対談で騒動に言及…でも相手の大沢在昌から「反省したじゃねーよ」と公開説教
いったいファンキー加藤は、大沢在昌とどんな言葉を交わすのか、さっそく読んでみたところ、対談は謝罪会見のわずか10日後、6月17日に行われたらしい。
その人の素顔|大沢在昌(作家)講演 「小説家サバイバル術。電子書籍の未来を見すえる」
第14回は作家の大沢在昌さん。プロの小説家として生きることの厳しさや心構え、そして電子書籍と出版界の未来について語ってくださいました。
嗜好と文化:第22回 大沢在昌さん「自分の夢と可能性をあきらめるな
とりあえず、ある材料で何でも作ります。朝市に行ったときに買った食材をしまっておいたり、釣りに行って釣れた魚を調理したり。
ほぼ日刊イトイ新聞 - 太田和彦+大沢在昌の居酒屋幼稚園
「5人くらいいっぺんに殺したいんだけど、 やっぱり毒物かな」とか、質問してくる同業者とかはいますけど、電話で(笑)。