紹介作品

イラスト1
Pocket

中島 京子 雑感

1964年東京都生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。
出版社勤務、フリーライターを経て、2003年『FUTON』で作家デビュー。
2010年『小さいおうち』で第143回直木賞受賞。同作は山田洋次監督によって映画化され、2014年公開。
著書に『イトウの恋』『ツアー1989』『平成大家族』『宇宙エンジン』『東京観光』『妻が椎茸だったころ』などがある。
(『「ブックショート」中島京子さんインタビュー』 より引用)

映画が先にありきで読んだ『小さいおうち』の一冊しか読んでいません。

ということで、この作家の雑感など書けないのです。もう少し、他の作品を読んでからのことにしたいと思います。

[投稿日] 2015年09月22日  [最終更新日] 2015年12月30日
Pocket

おすすめの小説

女性そのものを描いている女性作家

女性そのものを描いた作品はあまり知りません。いま思い浮かぶ女性作家だけを挙げてみました。
井上 荒野
あまり数は読んでいないのですが、直木賞を受賞された「切羽へ」で見せられた官能的な文章には圧倒されました。
朝井 まかて
恋歌」は、樋口一葉らの師である歌人中島歌子を描いた作品です。正面から武士を描いた作品ではなく、ひとりの女性の、天狗党に参加した夫への恋物語ではありますが、凛とした主人公の生き方は男も女もありません。本屋が選ぶ時代小説大賞2013及び第150回直木賞を受賞しています。
高田 郁
七十歳を超えて北海道の開拓に身を捧げた関寛斎の妻である”あい”の物語である「あい」は、明るくもたくましい女性の一代記です。この作家には「みをつくし料理帖」という軽く読める人気シリーズもあります。
辻村 深月
鍵のない夢を見る」しか読んだことはないのですが、日常からのほんの少しの逸脱から展開される短編集です。
本

関連リンク