紹介作品

イラスト1
Pocket

諸田 玲子 雑感

1954年静岡市生まれ。上智大学文学部英文科卒。外資系企業勤務を経て、向田邦子さん、橋田壽賀子さん、山田洋次氏などの台本のノベライズや翻訳等を手がけた後、作家活動に入る。
1996年 『眩惑』でデビュー。
2002年 『あくじゃれ瓢六』で第126回直木賞候補。
       『源内狂恋』で 山本周五郎賞候補。
2003年 『其の一日』で第24回吉川英治文学新人賞を受賞。
2007年 『奸婦にあらず』で第26回新田次郎文学賞を受賞。
2012年『四十八人目の忠臣』で第一回歴史時代小説作品賞を受賞。

以上、「諸田玲子 オフィシャルウェブサイト」の「プロフィール」よりの引用です。

もしわけありませんが、いまだ、一冊しか読んでいないので紹介のしようもありません。

詳しい紹介は、もう少し他の本も読んでみてからのことにしようと思います。

[投稿日] 2015年09月02日  [最終更新日] 2015年12月30日
Pocket

おすすめの小説

女性の時代小説作家

女性の時代小説の書き手を挙げて見ました。
宇江佐 真理
女性らしいの優しい視点で描き出される市井の人々の暮らしに、ときには笑い、ときには涙を誘われながら是非一読してもらいたい作家です。一番の代表作としては個人的に「髪結い伊三次捕物余話シリーズ」がお勧めです。
梶 よう子
柿のへた」を始めとする「御薬園同心 水上草介シリーズ」など、心優しい物語が繰り広げられています。
杉本 章子
幕末から明治初期の日本を舞台にした作品を多く書かれています。そんな中、女歌舞伎の世界を舞台にした作品が「お狂言師歌吉うきよ暦シリーズ」です。艶やかな舞踊の世界で、商家の娘お吉を主人公とした物語です。
高田 郁
あい」は、七十歳を超えて北海道の開拓に身を捧げた関寛斎の妻である「あい」の物語です。この作家には「みをつくし料理帖シリーズ」という軽く読める人気シリーズもあるのですが、ひたすらに明るくそして侍の妻であり続けた女性の逞しく生きた物語の方がこの場にはふさわしいかと思いました。
今井 絵美子
全体として派手さはありませんが、四季の移ろいの描写も美しく、人間が丁寧な語り口で描かれています。特に「立場茶屋おりきシリーズ」などが好きな作品です。
朝井 まかて
恋歌」は、樋口一葉らの師である歌人中島歌子を描いた作品です。正面から武士を描いた作品ではなく、ひとりの女性の、天狗党に参加した夫への恋物語ではありますが、凛とした主人公の生き方は男も女もありません。本屋が選ぶ時代小説大賞2013及び第150回直木賞を受賞しています。
木内 昇
どことなくやるせない雰囲気をまとう根津遊郭を舞台として、鬱屈を抱えながら生きている主人公を描いた「漂砂のうたう」は第144回直木賞を受賞しています。「新選組 幕末の青嵐」は新撰組ものの中でもベスト3に入ると思っています。
本

関連リンク