イラスト1
Pocket

三浦 しをん 雑感

とても読み易い作品を書かれる作家さんです。その視点はユニークで、各作品の主人公の職業も便利屋であったり、辞書編集者であったりと、多岐にわたります。極めつけは林業をテーマにもされています。

この作家の作品では「まほろ駅前多田便利軒」が第135回直木三十五賞を受賞し、瑛太、松田龍平でシリーズで映画化され、更にテレビドラマ化もされています。また、「舟を編む」が2012年本屋大賞を受賞して、松田龍平主演で映画化され、「風が強く吹いている」「WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜」も映画化されています。

この作家は他にも読むべきであろう作品が大量にあります。個人的には今のところはずれと思う作品は無く、多分他のどの本をとってもそうだろうと思います。他の作品も近いうちに読み進むことでしょう。

[投稿日] 2014年12月26日  [最終更新日] 2015年7月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのスポーツ小説

読後に様々な形で心に染み入る物語を載せてみました。
一瞬の風になれ ( 佐藤 多佳子 )
陸上短距離走者が主人公の青春小説です。私が読んだスポーツ小説の中ではもしかしたら一番のお勧めかもしれません。
武士道シリーズ ( 誉田 哲也 )
16歳、17歳、18歳と、ある剣道少女の成長物語です。
ボックス! ( 百田 尚樹 )
初めてボクシングを舞台にした作品を読みました。
ひかりの剣 ( 海堂 尊 )
この作家にしては珍しく、ミステリーではなく剣道に打ち込む主人公の物語です。

おすすめの青春小説

読後に様々な形で心に染み入る物語を載せてみました。
GO ( 金城 一紀 )
韓国籍の少年の内心の葛藤を描いた作品です。映画化もされています。
夜のピクニック ( 恩田 陸 )
高校時代の歩行祭。その一夜の出来事での青春群像を生き生きと描いてあります。
船に乗れ! ( 藤谷 治 )
音楽、それもクラシックをテーマにした本にこれほど引き込まれるなんて思ってもみませんでした。
レイジ ( 誉田 哲也 )
ロックバンドに青春をかけた男二人の成長を見届けます。
青年の樹 ( 石原 慎太郎 )
あの暴走老人石原慎太郎の初期の作品です。少々古いでしょうが、青春小説の元祖でしょう。面白いです。
ドロップ ( 品川 ヒロシ )
ご存じ漫才師「品川庄司」の品川の自伝的小説です。ヤンキー要素満載の青春です。
本

関連リンク