紹介作品

著作

  1. 火花
イラスト1
Pocket

又吉 直樹 雑感

1980年大阪府寝屋川市生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動中。著書に『第2図書係補佐』『東京百景』、せきしろとの共著に『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』、田中象雨との共著に『新・四字熟語』がある。(本の話WEBより)

今さらあらためて語ることも無い、漫才コンビ「ピース」のボケ担当です。
以前から読書が大好きで、中でも太宰治が好きだということを公言していました。

『文學界』の2015年2月号に初の中篇小説『火花』が掲載されると、創刊以来初の重版となり話題となりました。その後、文藝春秋より『火花』の単行本が発売されると版を重ねます。

そして『火花』は第28回三島由紀夫賞候補になりますが、おしくも受賞はなりませんでした。しかし、第153回芥川賞を受賞するに至り、『火花』は一大ブームとなり、発行部数も二百万部を越えることになります。そして、Netflixと吉本興業による映像化も実現することになりました。

[投稿日] 2016年10月28日  [最終更新日] 2016年10月28日
Pocket

本

関連リンク

ピース又吉、文芸誌デビューが話題に 「文學界」が創刊以来初の増刷
1月7日に発売した文芸雑誌「文學界」2月号の増刷が決定しました。「文學界」の増刷は82年前の1933年に創刊されて以来、資料に残る範囲で、初めてのこととなります。
お笑いコンビ「ピース」又吉直樹 初めて書いた本格小説『火花』
売れない芸人の徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人である神谷と電撃的に出会い、「弟子にして下さい」と申し出た。
「好きやから」で、やってます。又吉直樹 糸井重里対談
この対談は『火花』が『文學界』に掲載された後、単行本化される前に行われました。
又吉直樹は水嶋ヒロを超えた――『火花』を最初に文芸誌で誉めた評論家
「火花」は、芸人が描いた文章の中では、間違いなくレベル高い方に入りますよ。芸人だから売れるとか、成功するというわけでは、必ずしもないんですよ。その誤解は、解いておきたい。
ピース・又吉による初の純文学小説『火花』が、とにかく心地よい
お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が、文芸誌『文學界』に初となる純文学小説『火花』を発表した。それにしても新聞各紙が小説掲載をこぞってニュース記事にしたのは驚いた。