イラスト1
Pocket

梶尾 真治 雑感

タイムリープものを得意とするSF作家です。最初は短編が得意な作家だ、という印象を持っていたのですが、そのうちに「サラマンダ-殲滅」という作品で第12回日本SF大賞を受賞してしまいました。その後も、映画化された「黄泉がえり」や、この人の得意とする時間旅行ものの「つばき、時跳び」などの長編が発表されています。

この作家の一番の特徴は、主人公の置かれる状況の特異な設定であり、その状況を貫くロマンチシズムでしょうか。この作風はデビュー作の「美亜へ贈る真珠」からずっと続いています。

一方「波に座る男たち」という長編などはどこか筒井康隆を彷彿とさせる作品と言えると思うのですが、他にも少々ブラックな作品なども書いています。

この作家の作品では、選択肢が限定された状況の下で主人公がどのような行動をとるのか、が実に巧妙に描かれることが多いのですが、その選択肢が限定された状況を作り出すアイデアがまた秀逸なのです。まずはどの作品でも良いですから読んでみてください。面白いこと請け合いです。

わが郷土の先輩でもあるこの作家は是非一読の価値ありと言えます。

ただ、とても読みやすいという点が特徴のこの人の作品は「北方謙三」や「船戸与一」といった少々毒のある、骨太の小説が好みの方からすると物足りないかもしれません。

[投稿日] 2014年12月26日  [最終更新日] 2015年4月9日
Pocket