紹介作品

イラスト1
Pocket

J・ヴァーリイ 雑感

1947年テキサス州オースティン生まれ。74年に短編「ピクニック・オン・ニアサイド」で作家デビューし、たちまち高い評価と人気を獲得した。これまでにヒューゴー賞・ネビュラ賞・ローカス賞のトリプルクラウン2作、ヒューゴー賞とローカス賞のダブルクラウン1作、ほかにローカス賞7作(うち短編集部門4作)という受賞歴を持つ(日本の星雲賞も2回受賞)、70-80年代を代表するアメリカSF作家の一人である。長編に『へびつかい座ホットライン』(1977)、『スチール・ビーチ』(1992)など。(出典:「東京創元社」)

ジョン・ヴァーリイと言えば「八世界」です。異星人により地球の正統な後継者とはみなされなかった人類はほとんど抹殺されたものの、一部の人間は太陽系の各地(水星、金星、月、火星、タイタン、オベロン、トリトン、冥王星)へと脱出し、生き延びます。この八つの世界を舞台にした物語を称して「八世界」と言います。その際のテクノロジーとなったものが「へびつかい座」から送られてきた種々の情報でした。この「八世界」を舞台にした長編が『へびつかい座ホットライン』です。

また、「八世界」をベースにしている第一短篇集『残像』で1978年にネビュラ賞、1979年にヒューゴー賞及びローカス賞を受賞というトリプルクラウンを果たしています。

ハインラインを尊敬していて、ハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』に出てくる月世界のコンピューターを思わせるセントラル・コンピュータ(CC)が多くの作品に登場します。

ただハインラインとは異なり、この作者の作品に出てくるガジェット(仕掛け)として、人間の肉体の改変に対する禁忌は無いという点が挙げられます。更に言えば「性」でさえも自由に変換可能なものとなっているのです。

この点で コードウェイナー・スミスの「人類補完機構シリーズ」を思い出してしまいました。「人類補完機構シリーズ」では、動物を改造して作られた「下級民」が人類の下僕として登場します。その世界感は異なりはしますが、微妙に似たものを感じているのは私の記憶違いでしょうか。

このあとの時代に登場する「サイバーパンク」の香りを少しではありますが感じ、その点で若干の距離を置いた記憶があります。

しかしながら、「古き良き」SF小説作家であることに間違いは無く、後述の大野万紀氏も言うように「四倍角の大文字で書くべき『SF』作家である。そのヴィジョンは伝統的なSFの力に満ちている」のです。

[投稿日] 2016年11月23日  [最終更新日] 2016年11月23日
Pocket

おすすめの小説

日本のSF小説

人体改造も当たり前という雰囲気を、少しだけでも持った世界を前提としている、ちょっと変わった日本のSFを集めてみました。
皆勤の徒 ( 酉島 伝法 )
全四編の短編集です。表題作である「皆勤の徒」が第二回創元SF短編賞を受賞しています。ただ、とても難解でよほどのSF好きな人でなければ、この有機的世界の感覚にはついていけないと思います。ただ、よく読みこむとイマジネーションの世界の奥行きが広く、引き込まれそうです。
天冥の標 ( 小川 一水 )
全十巻という長大な作品で、SFの種々の要素が入った読み応えのある作品です。
躯体上の翼 ( 結城 充考 )
サイバーパンク臭を十全にまとわりつかせたアクション小説、というところでしょうか。
新世界より ( 貴志 祐介 )
ホラーというよりも、壮大なイマジネーションの世界が繰り広げられるSFと言うべきかもしれません。
盤上の夜 ( 宮内 悠介 )
第一回創元SF短編賞で山田正紀賞を贈られた表題作にはじまる全六編の短編集です。本書で第33回日本SF大賞を受賞しており、近年の日本SF界の有望新人です。ただ、人間の内面へと向かう作風は、個人的な好みからは若干外れています。
本

関連リンク

「ジョン・ヴァーリイ論」
性転換、クローン、人工知能といった、SFではごくありふれたアイデアが、ヴァーリイの世界では新たな光を当てられ、そこから、現在の我々にとってはきわめて異様な、もう一つの日常世界が作り上げられているのである。
ジョン・ヴァーリイ著『残像』 - 障害保健福祉研究情報システム(DINF)
本作はそうしたタイムパラドクスどころか時間の旅のようなモチーフは一切登場しない。これがSFかと思えるほど、なのだが、そこにまんまとやられてしまう作者の仕掛けがあるように思える。
山岸真/ジョン・ヴァーリイ『汝、コンピューターの夢 〈八世界〉全短編1』
価値観の変容が進む状況を肯定的に捉えて描かれたヴァーリイのSFは、それがさらに進んで価値観が止めどなく多様化しているいまも、そしてこれからも、普遍的な――同時代性を感じさせる――物語として読まれていくのだろう。