紹介作品

イラスト1
Pocket

伊東 潤 雑感

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。日本アイビーエム株式会社を経た後、外資系企業のマネジメントを歴任。2003年にコンサルタントに転じて2006年に株式会社クエーサー・マネジメントを設立。2007年、『武田家滅亡』(角川書店)でメジャー・デビュー。2010年に専業作家となって今に至る。( 伊東潤 公式サイト

受賞歴
2010年 – 『戦国鬼譚 惨』で第32回吉川英治文学新人賞候補。
2011年 – 『黒南風の海』で本屋が選ぶ時代小説大賞2011受賞。『城を噛ませた男』で第146回直木三十五賞候補。
2012年 – 『黒南風の海』で第18回中山義秀文学賞候補。『国を蹴った男』で第148回直木三十五賞候補、第34回吉川英治文学新人賞受賞
2013年 – 『義烈千秋 天狗党西へ』で第2回歴史時代作家クラブ賞作品賞。受賞。『巨鯨の海』で第149回直木三十五賞候補、第4回山田風太郎賞受賞。
2014年 – 『王になろうとした男』で第150回直木三十五賞候補。『峠越え』で第20回中山義秀文学賞受賞。
2016年 – 『天下人の茶』で第155回直木三十五賞候補。
ウィキペディア : 参照 )

「伊東潤 公式サイト」においては、わが郷土熊本自慢の名城「熊本城」の築城秘話を描かれた小説『もっこすの城 熊本築城始末』が無料で読めます。

こちら『もっこすの城 熊本築城始末』から読むことができますよ。

NHK Web magazine」でも読めるそうです。是非どうぞ。

下記は『もっこすの城 熊本築城始末』を書くにあたっての伊東潤氏の言葉です。( 伊東潤 公式サイト : 参照 )

実は私は、2012と14年の二回、熊本城に行き、徹底的に見学することができました。
それゆえ震災による熊本県の被害と熊本城の崩壊には、ひどく心を痛めていました。
そのため当初の予定を変更し、この企画に取り組むことにしました。
戦国時代の人々がゼロから造った熊本城です。われわれにできないことはありません。
熊本城をよみがえらせるために、皆で頑張りましょう。

[投稿日] 2017年05月27日  [最終更新日] 2017年5月27日
Pocket

おすすめの小説

戦国時代を描いた歴史小説

戦国時代を描いた作品は数多くあり、同じ人物を多くの作家が描かれています。それぞれの作家の描き方を比べてみるのもまた面白いでしょう。
国盗り物語 ( 司馬遼太郎 )
文庫本で全四巻。前半が斉藤道三、後半で織田信長を描いた作品です。司馬作品は他にも秀吉や如水ら始めとして戦国時代を描いた作品が多数あり、そのどれもが名作と言えます。
徳川家康 ( 山岡荘八 )
国民的作家と言われた山岡荘八の代表作で文庫本で全26巻もある大作です。この作家にも多くの作品があり秀吉や信長も描いています。
新書太閤記 ( 吉川英治 )
国民的作家と言えば吉川英治もそうでしょう。『宮本武蔵』はあまりにも有名ですが、他にも多くの作品があり戦国期に関しても多くの作品があります。
真田太平記 ( 池波正太郎 )
新潮文庫で全12巻の大作で、真田を描いた作品としてはまず挙げられる作品だと思います。『鬼平犯科帳』などが有名ですが、歴史小説も勿論数多く書かれています。
武田信玄 ( 新田次郎 )
大河ドラマ『武田信玄』の原作です。山岳小説で有名な新田次郎ですが、信玄の生涯を描いたこの作品は非常に読み応えがありました。ただ、歴史小説としては誤りがあるとの批判もあります。
本

関連リンク

伊東潤 公式サイト
我が熊本の名城の話『もっこすの城 熊本築城始末』が連載されています。
歴史作家伊東潤のブログ【仍如件(よってくだんのごとし)2】
歴史作家伊東潤のブログ
伊東潤さん - WEB本の雑誌
歴史解釈と物語性を融合し、歴史モノが苦手な読者でも親しみやすいドラマを生み出すストーリーテラーは、実は長年にわたるIT企業勤務の経歴が。40代になるまで小説家になることなどまったく考えなかったという伊東さん、その読書歴、そして作家になったきっかけとは。
キャリアインタビュー~歴史小説家・伊東潤氏~ [キャリアプラン] All About
1月11日土曜日、大学での授業が終わった後、新宿駅近くの椿屋珈琲店新宿茶寮にて、キャリアに関するインタビューを行いました。今回のお相手はIBM時代の同僚で、歴史小説家に転身され大成功を収めている伊東潤氏。
歴史小説家・伊東潤さんが、昔も今も好きな本屋さん(有隣堂伊勢佐木町本店)
私は横浜生まれの横浜育ちである。実は、生まれた場所に今も住んでいる。 子供の頃は市電に乗せられ、よく伊勢佐木町に連れていかれた。伊勢佐木町には、大きなデパートや様々な商店があり、いつも活気に溢れていた。
嗜好と文化:第41回 伊東潤さん「自分の強みを生かそう」 - 毎日新聞
「城を噛ませた男」「国を蹴った男」「巨鯨の海」「王になろうとした男」と、歴史小説4作がいずれも直木賞候補に挙げられた人気作家が、「若いころは作家になりたいと思わなかった」と意外な言葉を口にした。