紹介作品

著作

  1. 星の子
イラスト1
Pocket

今村 夏子 雑感

広島県広島市生まれ。2010年「あたらしい娘」で太宰治賞受賞。「こちらあみ子」と改題、同作と新作中編「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』(筑摩書房)で、2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作「チズさん」が併録されたが、それ以外に作品の発表はなく、佐々木敦によれば半引退状態となっているという。2016年、新創刊された文芸誌「たべるのがおそい」で2年ぶりとなる新作「あひる」を発表。( 今村夏子 プロフィール : 参照 )

プロフィールを見ても分かるように、この作者は寡作でありながらも、本を出せば必ずと言っていいほどに何らかの権威のある賞の候補になったり、受賞したりしています。

今回、本屋大賞になった『星の子』を読んだばかりなのでこの作者についてはよく分かりませんが、『あひる』『星の子』と続けて芥川賞の候補に選ばれていることからしても、いわゆる純文学系の小説を書かれる作家さんのようです。

[投稿日] 2018年01月31日  [最終更新日] 2018年1月31日
Pocket

おすすめの小説

女性小説作家

中島 京子
東京郊外に住む平井家に住み込み女中をしていたタキという女性の太平洋戦争へと突き進む昭和の時代を描いた回想録という形式をとり、第143回直木賞を受賞した『小さいおうち』という作品しか読んだことがありませんが、この作品全編にあふれる主人公のいろいろな思いは素晴らしいものでした。
小川 洋子
この作家は「博士の愛した数式」しか読んだことは無いのですが、それでも80分しか記憶が持たない数学者と家政婦とその家政婦の息子が織りなす物語は、心地よい感動をもたらしてくれました。
井上 荒野
あまり数は読んでいないのですが、直木賞を受賞された「切羽へ」で見せられた官能的な文章には圧倒されました。
辻村 深月
鍵のない夢を見る」しか読んだことはないのですが、日常からのほんの少しの逸脱から展開される短編集です。
村山 早紀
児童文学作家として毎日童話新人賞最優秀賞などの受賞歴があり、「桜風堂ものがたり」では本屋大賞にもノミネートされています。他に、シリーズものとして人気の高い「コンビニたそがれ堂」などを書かれています。
本

関連リンク

芥川賞候補・今村夏子「劣等感を抱えていた子供時代」語る
7月19日に発表された第157回芥川賞の選考会で、受賞作の沼田真佑さん「影裏」と最後まで競り合ったのが、今村夏子さんの「星の子」(朝日新聞出版)だった。