イラスト1
Pocket

百田 尚樹 雑感

1956(昭和31)年、大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組構成を手がける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)『モンスター』『影法師』『大放言』『カエルの楽園』『雑談力』などがある。( 百田尚樹 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

百田尚樹という人は「探偵!ナイトスクープ」などの構成作家として長年勤めていると聞きます。だからこの作家は読み手の心に迫るストーリーの組み立が上手く、人間を描くのが上手いのでしょう。

作品ごとにその舞台設定が全く異なり、更には読者が全く知らない世界についての情報小説的なところもありながら、その上で登場人物が個性的で小説としての面白さがあるのですから、人気が高いのは良く分かります。

この人を語る上ではその舌下事件を抜きにしてはいけないでしょうね。その数も多すぎて、例示すらも困難なほどですが、NHK経営委員を務めたりする公的な身分をも有する人としては、如何なものかという気はします。

なお、「永遠の0」「モンスター 」は共に2013年に、「海賊とよばれた男」は2016年に映画化され、好評を博しました。ただ、「モンスター 」は2014年11月現在ではまだDVDとしては発売されていません。

[投稿日] 2015年04月17日  [最終更新日] 2017年6月26日
Pocket

本

関連リンク

百田尚樹さん - WEB本の雑誌
現在、デビュー作の『永遠の0』が大ベストセラーとなっている百田尚樹さん。放送作家として『探偵!ナイトスクープ』などの人気番組を手がけてきた百田さんは、本とどのように接してきたのでしょう。
テリー伊藤対談「百田尚樹」(1)放送作家になったきっかけは
同じテレビマン出身の天才テリーが、百田氏の表現者としての原点から、日中韓問題の争点まで、本音を鋭く聞き出した!
ベストセラー作家 百田尚樹インタビュー(1)とにかく読者を楽しませたい
最近では、論壇誌にもちょくちょく登場しては自説を伝える百田さん。『永遠の0』『海賊とよばれた男』、論壇での発言の3つに通底する「憂国」について、今回はたっぷり語っていただいた――。
第45回 ハッと気づいたら50歳だった(百田尚樹さん編)|本屋さんと私
このロングインタビューでは、百田氏が送り出す幅広いジャンルの小説世界が、いったいどのようなバックボーンから生まれてきたのか、じっくりと伺った。
「臆病な零戦操縦士」に込めた思い 百田尚樹さんに聞く|アート&レビュー
原作となった作家・百田尚樹さんの同名小説は発表当初の低空飛行から、異例の経過をたどりミリオンセラーに。作品に込めた思いを百田さんに聞いた。
「若い頃から左翼が嫌いでした」 百田尚樹氏インタビュー① | デイリー新潮
百田尚樹氏が、日本の政治状況やマスコミを痛烈に風刺した『カエルの楽園』は発売から3ヶ月で20万部を突破するベストセラーとなり、現在もランキングの上位に位置している。
吉田豪 百田尚樹を語る - miyearnZZ Labo
吉田豪さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で作家・百田尚樹さんについて話していました。