紹介作品

著作

  1. ダイナー
イラスト1
Pocket

平山 夢明 雑感

1961年、神奈川県川崎市生まれ。法政大学時代はホラー映画の自主制作に熱中。「週刊プレイボーイ」にデルモンテ平山名義でZ級ホラー映画のビデオ評論を手がけた後、93年より本格的に執筆活動を開始。実話怪談『「超」怖い話』『東京伝説』『怖い本』『怖い人』などのシリーズおよび、短編小説も多数発表し、ホラー界のスーパースターとなる。短編『独白するユニバーサル横メルカトル』により、2006年日本推理作家協会賞を受賞。翌年、同名タイトルの作品集は『このミステリーがすごい!』国内部門一位。10年『ダイナー』で日本冒険小説協会大賞を受賞。自作の映像化にも意欲的で、原作、出演、監督をこなしている。( 平山夢明 | アーティストプロフィール | ラジオデイズ : 参照 )

[投稿日] 2018年01月10日  [最終更新日] 2018年1月10日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのホラー小説作家

貴志 祐介
黒い家」で、第4回日本ホラー小説大賞を受賞しました。この本が人間の本質をついているようで一番怖かった。
夢枕 獏
この作家も叙情性豊かな物語から、山岳小説、格闘小説と多方面の顔を持っています。中でも「魔獣狩り 」は「サイコダイバー」シリーズとも呼ばれていて、単純に楽しめる伝奇アクション小説です。
菊地 秀行
もっぱらエロスとバイオレンス満開の伝奇ホラー作品を書かれています。ホラーとは言っても異世界のクリーチャーが登場するということで、「魔界行シリーズ」が初期の作品ではあるものの、この作家のエッセンスが詰まった作品だと思います。
小野 不由美
屍鬼」は、猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。
鈴木 光司
リング」シリーズを始めとする、心理的に迫る恐怖感は見事です。
本

関連リンク

平山夢明 公式ブログ 独白する三兄弟が超怖い
平山夢明 公式ブログ
【平山夢明 ブログ】ある日記
平山夢明 ブログ(旧ブログ)
作家の読書道 第89回:平山夢明さん - WEB本の雑誌
夜眠れなくなるくらい怖い話、気持ち悪くなるほどグロテスクな話を書く作家、といったら真っ先に名前が挙がる平山夢明さん。ご自身も、幼少時代に相当な体験をされていることが判明。
平山夢明さんが「書けなくなった時にしたこと」
狂気の作家、平山夢明さんが「書けなくなった」「ドン詰まりでダルマ状態だった」という状況に陥ったときに、精神科の臨床医でもあり著作も多数ある春日武彦さんに相談したところ、出てきたアドバイスは「掃除しろ」だったという話。
超遅筆作家・平山夢明が印刷所から言われた衝撃の一言 - エキサイト
小説家の平山夢明と京極夏彦が、4年ぶりにTOKYO FMで共演しました。筆が遅いことでも有名な平山の執筆は、京極をして「八大地獄の一番下みたい」といわしめるほど。そんな平山が、本を刷る印刷所の人にいわれた、心にくる名言があったそうです。
みごろし|集英社 WEB文芸 RENZABURO レンザブロー
[デッドエンド小説] 日常を脅かす、本格短編シリーズ。
楽天ブックス|著者インタビュー - 平山夢明さん『独白するユニバーサル横メルカトル』
日本推理作家協会賞短篇賞、「このミス」第一位、おめでとうございます! 『超怖い話』などの著作で知られている平山さんですが、今回、初めての短篇集を編まれるにあたってどのような選び方をしたのかから教えてください。
平山夢明×柚木麻子 タブーなしのぶっちゃけトーク! 「ホラー」と「食」の交わるところ
『ダイナー』など、狂気と恐怖を描いてきたホラー作家・平山夢明さんと、『BUTTER』など多くの作品で女性と食を描いてきた作家・柚木麻子さん。まったく別のジャンルで活躍するお二人ですが、実は大の仲良しなのです。