イラスト1
Pocket

樋口 毅宏 雑感

東京都豊島区雑司ヶ谷生まれ。
帝京大学文学部卒。
コアマガジンにて「BUBKA」の編集、白夜書房にて「コリアムービー」「みうらじゅんマガジン」の編集長を務める。
2009年『さらば雑司ヶ谷』で小説家デビュー。
2011年、『民宿雪国』で第24回山本周五郎賞候補と第2回山田風太郎賞候補になる。
2012年、『テロルのすべて』で第14回大藪春彦賞候補になる。日本文芸家協会会員。
2015年、弁護士の三輪記子と結婚。
ウィキペディア : 参照)

何ともよく分からない作家さんです。

卒業後、アルバイトからエロ本雑誌の編集に入り、「来る日も来る日もエロ本を作ってい」たと言います。しかしその仕事は「投稿したいって言っている読者の奥さんとか彼女とエッチする」( 町山智浩 樋口毅宏『ルック・バック・イン・アンガー』を語る : 参照 )ことだったりと凄い経験を経ておられ、なんだかよく分かりません。

その後、「みうらじゅんマガジン」他の編集長を十年以上もやって、作家の白石一文に出会い、その伝手で小説を書くようになって『さらば雑司ヶ谷』を著し、その後『日本のセックス』、『民宿雪国』、『雑司ヶ谷R.I.P.』・・・、と立て続けに出版されています。

この作家の作品は『さらば雑司ヶ谷』とその続編である『雑司ヶ谷R.I.P.』しか読んでいないのですが、その内容自体が一言では語ることができない内容なのです。エロスとバイオレンスと言い切れば少し違うし、新興宗教を描いてはあっても、宗教色が強いわけではなく、だからと言って頭から否定しているわけでもありません。シリアスでもなければ、漫画チックというほうがいいのでしょうが、それでも違います。

とにかく細かなところでの引用がすごい。「好きな人の好きなものを引用するのはオマージュで、好きでもないのに引用するのはただのパクリ。僕の本を読んでいいと思った方は、ぜひこちらを見てください」( 作家の読書道 : 参照 )ということのようです。

私はまだ見ても、読んでもいないのですが、最近作の『太陽がいっぱい』の帯に「樋口毅宏引退作品」との言葉が書かれているそうです。ホントに引退されるのか、子育てがひと落ちつきしたら(樋口毅宏 男の子育て日記 : 参照)また作家として活動されるのか、この作家の言うこと、やることはよく分かりません。

[投稿日] 2017年02月17日  [最終更新日] 2017年2月17日
Pocket

本

関連リンク

作家の読書道 第114回:樋口毅宏さん
2009年に『さらば雑司ヶ谷』でデビュー。スピード感あふれる展開、さまざまな映画や小説作品へのパスティーシュを盛り込んだ斬新な手法で読者を翻弄する樋口毅宏さん。
町山智浩 樋口毅宏『ルック・バック・イン・アンガー』を語る
これ、僕ね、帯を書いています。推薦文を。で、これ、樋口毅宏くんっていう小説家の方の文庫化なんですけれども。これ、僕はね、彼はすごく昔から知り合いでですね
パクリストの仁義は「EXILEになりたいボーイ」を救うのか
「優れた芸術家は真似る。偉大な芸術家は盗む」BYピカソ。サブカル大好きの小説家・樋口毅宏さんと漫画家・渋谷直角さんが今回語るのはパクリ問題。
『甘い復讐』 (樋口毅宏 著) | 著者は語る - 週刊文春WEB
昨年、大ヒットを記録した『タモリ論』(新潮新書)の著者、樋口毅宏さんが新刊『甘い復讐』を上梓した。初めての短編小説集だ。
樋口毅宏 男の子育て日記「おっぱいがほしい!」その1 | デイリー新潮
小説家・樋口毅宏さんは結婚を機に京都に移住した。弁護士として活躍する奥さんに代わり、日中は樋口さんがつきっきりで子育てをしているという。
大事なことは全部プロレスに教わった——樋口毅宏×燃え殻
cakes で大好評を博した小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』でお馴染みの燃え殻さんと『さらば雑司ヶ谷』や『タモリ論』などで知られる作家の樋口毅宏さん。
作家・樋口毅宏が引退表明!? 「作家なんて男子一生の仕事じゃない」
『タモリ論』などのヒット作で知られる作家・樋口毅宏が、まさかの引退!? 刊行されたばかりの新作小説『太陽がいっぱい』。その帯にはハッキリと「樋口毅宏引退作品」との言葉が打たれていた。