紹介作品

イラスト1
Pocket

東山 彰良 雑感

1968年 台湾台北市生まれ。5歳まで台北市で過ごした後、日本へ移住。
1987年 西南学院高等学校卒業。
1991年 西南学院大学経済学部経済学科卒業。
1995年 大学院経済学研究 科経済学専攻修了。
2002年 「タード・オン・ザ・ラン」で第1回「このミステリーがすごい!」(宝島社主催)大賞銀賞・読者賞を受賞し作家デビュー。
2009年 『路傍』で第11回大藪春彦賞を受賞。

未だ二冊しか読んでいないこの作家さんですが、最初に読んだ『路傍』と直木賞を受賞した『流』との印象の違いに驚きました。最初に読んだ『路傍』は取り留めもない話だとあまり好印象はなかったのですが、直木賞受賞作の『流』はエンターテインメント性豊かでありながらも、主人公の内面に斬りこんでいる、文学的香りさえも漂う作品だったのです。

しかし、「作家の読書道 第164回:東山彰良さん」を読んでその疑問も分かったような気になりました。つまり、「文学にしろ音楽にしろ、すべては大衆文学だし、すべてはポップスだと思っている」という東山彰良氏にとって、『路傍』も『流』も単に表現の方法が少し異なるにすぎないのでしょう。

もともと『百年の孤独』のガブリエル・ガルシア=マルケスなどが好きだという東山彰良氏は、『世界の果てのビートルズ』というスウェーデンの小説についても「伏線が全然回収されないんですけれど、全然気にならない」のだそうです。マジック・リアリズム的な世界が好きなのでそうです。

更に、いろいろな傾向の作品を書かれていることについて、「僕は区分というものを考えていなくて、文学にしろ音楽にしろ、すべては大衆文学だし、すべてはポップスだと思っている」と言い切っています。「結局、大衆が楽しむためのもの」なので、私がいつも疑問に思う純文学と大衆文学との関係も、「すべてが大衆文学だと考えると、全然当たり前のように思える。なんでもアリです。」と言われます。

確かに、純文学と言い大衆文学といっても読み手には関係のないことで、同じ文章表現作品の一つにすぎないものです。ということで、『NARUTO』の小説版の『NARUTO ド純情忍伝』など書かれていることも納得です。

こうした解説があって初めて、私の中で『路傍』や『流』の世界が一つの線で結ばれました。

[投稿日] 2016年01月31日  [最終更新日] 2016年1月31日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのノワール小説作家

私が読んだ東山彰良氏の二作品はノワール小説めいていたので・・・・。
馳 星周
ノワール小説と言うとこの作家が思い出されます。しかし、深町秋生の作品の持つ雰囲気とは少々違うと思うのです。よりダークな作品が好みであれば、「不夜城」に代表されるこの作家かもしれませんが、テンポ良く読み進めたいのであれば深町秋生でしょう。
木内 一裕
一世を風靡したヤンキー漫画の「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者と同一人物です。小説の作風もスピード感にあふれていて、読み易い作品を書かれています。深町秋生に似た雰囲気を持った作家といえば、まずはこの人を思い出します。「水の中の犬」から始まる一連のシリーズなどは、一番近いかもしれません。
逢坂 剛
ハードボイルド作品の第一人者の一人です。どの作品も、細部に至るまでリアリティを追求されており、その世界観に安心して浸れる作家さんです。そうした作品の中でもワルを中心に据えた作品と言えば「禿鷹の夜」から始まるハゲタカシリーズでしょう。
結城 昌治
数多くの作品を書かれている作家さんですが、読んだ作品の数はそんなにありません。ドラマ版の話で恐縮なのですが、でももう30年以上も前に、主人公の悪徳刑事を室田日出男が演じたドラマ「夜の終る時」は、今でも強烈な印象が残っています。
東野 圭吾
現代のベストセラー作家の中でもトップを走っていると言ってももいい作家であることは言うまでもありません。この人のノワール小説と言えば「白夜行」でしょう。ミステリーの形式を借りた人間ドラマ作品といった方が良さそうな印象を受けた作品でした。
本

関連リンク

東山彰良さん - WEB本の雑誌
台北生まれ、日本育ちの東山さんはどんな幼少期を過ごし、いつ読書に目覚めたのか? さまざまな作風を持つ、その源泉となった小説とは?
直木賞作家・東山彰良「又吉さんと同じように」やったから今心配なこと
受賞以来、取材などで忙しい毎日を送っているが、現状を「不整脈のようなもの」だと作家・林真理子さんに吐露した。
直木賞作家・東山彰良さん、『NARUTO』に深い関わり
直木賞受賞作『流』とノベライズ作品の文体からわかるサブカルと文学の関係とは。ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんが語り合います。