イラスト1
Pocket

畑野 智美 雑感

1979年東京都生まれ。2010年『国道沿いのファミレス』で第23回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『夏のバスプール』『海の見える街』『南部芸能事務所』『メリーランド』『運転、見合わせ中』『ふたつの星とタイムマシン』『夏のおわりのハル』『春の嵐』がある。( 畑野智美 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

[投稿日] 2017年08月19日  [最終更新日] 2017年8月19日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの青春小説作家

恩田 陸
何となくファンタジックな雰囲気の推理小説を主に書かれていますが、第2回本屋大賞を受賞した『夜のピクニック』のような、軽くミステリアスな青春小説も書かれていて、素晴らしく面白い作品です。
金城 一紀
代表作の『GO』は直木賞を受賞した、著者の自伝的な作品で、在日韓国人である主人公の立場が明確に示されている作品です。一方で、『ゾンビーズシリーズ』ののような痛快青春小説も書かれています。
蓮見 恭子
駅伝に魅せられた一人の女の子が高校生になり、陸上部にはいって、目標とする女の子の走りに近づくために必死で努力する姿を描いた長編青春小説が『襷(たすき)を、君に。』です。他にもスポーツ小説を多く手掛けている作家さんです。
藤沢 周
ラップ命という高校生羽田融が剣道にのめり込んでゆく姿を、二人の内面に深く切り込んで描き出している『武曲(むこく)』しか読んでいません。「超純文学」との謳い文句通りに、明るい青春小説ではありませんでした。
米澤 穂信
このあと『古典部シリーズ』の第一作として高い評価を受けることになるのが『氷菓』で、青春ミステリ小説として第五回角川学園小説大賞奨励賞を受賞した作品などを書かれていて、『真実の10メートル手前』では直木賞候補にもなっています。
本

関連リンク

畑野智美さん - WEB本の雑誌
2010年に地方都市のファミレスを舞台に人間模様を描く『国道沿いのファミレス』で小説すばる新人賞を受賞してデビュー、二作目の『夏のバスプール』がフレッシュな青春小説として評判を呼び、三作目、図書館に勤務する人々の群像劇『海の見える街』は吉川英治文学新人賞の候補に。
キングコング 西野 公式ブログ - 畑野智美にハメられた - Powered by LINE
畑野とは古い付き合いで、以前、彼女が出した『ふたつの星とタイムマシン』という小説のカバーイラストも描かせてもらった。すごく面白いすぎる本なのである。
『国道沿いのファミレス』畑野智美|担当編集のテマエミソ新刊案内
見事その夢を実現させた畑野さん。畑野さんを作家の道へと導いたともいえる村山さんに、受賞作の魅力とともに、先輩受賞者ならではの温かな励ましを贈っていただきました。