イラスト1
Pocket

濱 嘉之 雑感

1957年、福岡県生まれ。中央大学法学部法律学科卒業後、警視庁入庁。警備部警備第一課、公安部公安総務課、警察庁警備局警備企画課、内閣官房内閣情報調査室、再び公安部公安総務課を経て、生活安全部少年事件課に勤務。警視総監賞、警察庁警備局長賞など受賞多数。2004年、警視庁警視で辞職。2007年『警視庁情報官』(講談社刊)で作家デビュー。他に同名シリーズ『公安特命捜査 警視庁情報官II』がある。危機管理コンサルティング会社代表なども務めるかたわら、TV、紙誌などでコメンテーターとしても活動している。( 濱嘉之 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

経歴を見ても分かるように、現実に公安警察に勤務されていたという経歴を持っておられ、書かれてい公安警察小説のリアリティーは他の追随を許しません。

普通の警察小説のように、殺人などの事件がおき、その犯人を捜し出すというパターンの小説ではありません。国家の存立のための諜報を第一義とするという組織の存在理由からも、通常の警察とはその職務を異にしている公安警察の現実の姿を描いているそうです。

ジョブチューンというテレビ番組があり、その中の警察特集で、江藤史朗という公安出身の方が公安警察の実際を語っておられました。この江藤史朗氏こそが濱嘉之氏だということは、後になって知りました。


公安警察の実際をリアルに描いている作家さんとしては、ほかに 竹内明という人がいます。TBSテレビの報道局記者として「オウム真理教事件」などの大事件を取材してきた人だそうで、この人の書く背乗り ハイノリ ソトニ 警視庁公安部外事二課などの作品も、そのリアリティにおいては同質のものがあります。

他には、警察小説のベストセラー作家の一人である、 今野 敏も、めずらしく公安警察員を主人公にした作品を書いておられます。倉島警部補シリーズがそれで、シリーズ当初は傍系小説的色合いもありましたが、近年の作品は公安の職務に沿った内容の作品になっていると思います。

[投稿日] 2017年09月12日  [最終更新日] 2017年9月12日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説作家

濱嘉之という、公安関連に強い作家さんとは異なりますが、正統派の警察ものを書かれる作家さん達です。
佐々木 譲
作品のジャンルは多岐にわたるようですが、とくに警察ものが人気が高い作家さんのようです。「警官の血」などは、親子三代にわたり警察官となった男達の人生を描く大河小説で、2007年の日本冒険小説協会大賞を受賞しており、直木賞のノミネート作でもあります。他に「笑う警官」を始めとする『道警シリーズ』も人気があります。
堂場 瞬一
胸を熱くするスポーツ小説の名手でもあるこの作家は、またハードボイルドタッチの作品も書かれています。孤高の刑事鳴沢了の活躍を描く「刑事・鳴沢了シリーズ」は圧巻です。
笹本 稜平
山岳小説の笹本稜平とはまた別の顔があります。どちらかというと、正統派というよりも個人がメインの冒険小説的な物語が多いようです。とはいえ、「越境捜査」では仲間と組んで動いたりもします。
長岡 弘樹
これまでの警察小説とは異なる、異色の警察小説。いや警察学校小説である「教場」は、計算された伏線がきれいに回収されていく様も見事なミステリー小説です。
雫井 脩介
この作家には、警察小説と呼べるものはあまりありません。ただ、あるミスで左遷された警察官が、再度第一線に呼び戻され、誘拐事件の犯人にテレビを通じて話かける「犯人に告ぐ」が実に面白い小説でした。ほかには「ビター・ブラッド」くらいしかないと思います。
本

関連リンク

特別インタビュー - 中央大学
警視庁勤務を経て、危機管理コンサルティング会社代表、そして作家としてヒット作を生み出し続ける濱氏。「警視庁情報官」シリーズ(講談社)をはじめ、警察内部をリアルに描いた物語の数々は、多くの読者を魅了している。
警察内部の不祥事を摘発する嫌われ者「ヒトイチ」 その目線から描き出
警察出身者であり、これまで数々の警察小説を手掛けてきた濱さん。今作の主人公に据えたのが警視庁の人事一課、通称「ヒトイチ」の監察係長です。
インテリジェンス対談 竹内明×濱嘉之 日本の公安警察VS.中国スパイ
日中対立の最前線は、尖閣諸島だけではない—。日本国内で政財界に食い込み暗躍する中国諜報員たち。彼らと公安の戦いを描く新刊『背乗り』の著者・竹内氏が元公安捜査官の作家・濱氏と語る!