紹介作品

イラスト1
Pocket

江國 香織 雑感

1964(昭和39)年東京生れ。1987年「草之丞の話」で「小さな童話」大賞、1989(平成元)年「409ラドクリフ」でフェミナ賞、1992年『こうばしい日々』で坪田譲治文学賞、『きらきらひかる』で紫式部文学賞、1999年『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞、2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞、2007年『がらくた』で島清恋愛文学賞、2010年『真昼なのに昏い部屋』で中央公論文芸賞、2012年「犬とハモニカ」で川端康成文学賞を受賞した。小説以外に、詩作や海外絵本の翻訳も手掛ける。( 江國香織 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

この作者については何も知らないまま、名前だけはよく目にするので一度くらい読んでみようか、という軽い気持ちで図書館の目の前にあった本を借りて見ました。ところが、江國香織という人の受賞歴を見てみるととんでもない人でした。


山本周五郎賞や川端康成文学賞などを始めとして直木賞も受賞されていたのです。

映画化もされている『冷静と情熱のあいだ』や『間宮兄弟』の原作者であることにも驚きました。

特に『間宮兄弟』のほうは、ドランクドラゴンの塚地武雅が出ていたこともあってDVDを借りて見たのですが、この人の作品を原作だったとは以外です。

また、『間宮兄弟』に関しては、私が読んだこの作者のただ一つの作品である『犬とハモニカ』という作品のイメージとはとても異なる内容だったので驚いたものです。

[投稿日] 2017年09月18日  [最終更新日] 2017年9月18日
Pocket

おすすめの小説

女性小説作家

女性を描く作家さんはあまり知りません。私が読んだ中での女性を描いている女性作家だけを挙げてみました。
井上 荒野
あまり数は読んでいないのですが、直木賞を受賞された「切羽へ」で見せられた官能的な文章には圧倒されました。
辻村 深月
鍵のない夢を見る」しか読んだことはないのですが、日常からのほんの少しの逸脱から展開される短編集です。
原田 マハ
暗幕のゲルニカ』はピカソの「ゲルニカ」を、『楽園のカンヴァス』はアンリ・ルソーの「夢」をモチーフに、絵画に魅せられた女性キュレーターが活躍するミステリーです。
高田 郁
あい」は、七十歳を超えて北海道の開拓に身を捧げた関寛斎の妻である「あい」。ひたすらに明るくそして侍の妻であり続けた女性の逞しく生きた物語です。この作家には「みをつくし料理帖」という軽く読める人気シリーズもあります。
朝井 まかて
恋歌」は、樋口一葉らの師である歌人中島歌子を描いた作品です。正面から武士を描いた作品ではなく、ひとりの女性の、天狗党に参加した夫への恋物語ではありますが、凛とした主人公の生き方は男も女もありません。本屋が選ぶ時代小説大賞2013及び第150回直木賞を受賞しています。
本

関連リンク

小説ってこんなふうに書くのか! 片岡義男と江國香織が惜しげもなく明かす
作家・片岡義男と江國香織ーー長きにわたり第一線で創作を続けているお二人は、どんなふうに小説を書いているのだろう? 批評家・佐々木敦氏を聞き手に、小道具の選び方から時間の流し方まで「創作のヒミツ」を縦横に語ってもらった。
江國香織 (Ekuni Kaori):小説家/きらきらひかる スペシャルインタビュー
「きっかけというのは、特にないです。書くことは昔から好きで、初めて小説を書いたのは小学校1年生の時でした。父と母の出会いから始まる家族小説です。
江國香織インタビュー 「人生」と「読書」が織りなす幸福に満ちた長篇〈『なかなか暮れない夏の夕暮れ』刊行記念〉
ランティエ連載時から反響を呼んだ二年半ぶりの長篇小説『なかなか暮れない夏の夕暮れ』。登場人物たちがとびきり愛おしく描かれ、「人生」と「読書」が織りなす幸福に満ちた本書の魅力に迫る。
恋に堕ちると人はそれまでの物語を脱ぎ捨て、はだかんぼうになる
今回は文体で冒険しようとか時系列をバラバラにして描いてみようとか、最初にそういうのを決めないで描いた小説なんです。そういうふうに描いたのは久しぶりでした。
楽天ブックス|著者インタビュー - 江國香織さん『パンプルムース!』
持っててうれしくなる本というか、いとおしいたたずまいの本ですね。出版社から「ちひろさんの絵で何か1冊」という企画がきたときはどう思われましたか。
江國香織さんインタビュータバコを喫う余地のある空間は、豊かだと思う
直木賞作家の江國香織さんは、外食が週5日に及ぶ時もあるといい、食に対して高い見識を持つ。愛煙家でもある江國さんにとって理想的なレストランとは、ルールを守ったうえで、互いに心地よく過ごせる“大人な客”が多い店だと語る。
【フィリアホール】インタビュー:江國香織(作家)
コンサートホールで、一流人と音楽アーティストのトーク&コンサートを愉しむ《本と音楽の素敵な出逢い》シリーズ。大好評の第2回は、直木賞作家であり女性ファンも多い作家・江國香織さんが登場します。
『東京タワー』の江國香織さん - e-hon
江國さんの小説は『きらきらひかる』の頃から興味を持って読ませていただいていまして、特にお気に入りは『神様のボート』なんですが、やはり恋愛がテーマとなっている作品が多いですよね。
江國香織 - 新潮ライブ!
いい匂い。あの街の夕方の匂い――人生の黄昏時を迎え、一人で暮らす雛子の元を訪れる人々の秘密と雛子の謎。切なさと歓びが暗闇から掬い上げられる、新しい長編。