紹介作品

著作

  1. くちなし
イラスト1
Pocket

彩瀬 まる 雑感

1986(昭和61)年千葉県生れ。上智大学文学部卒。小売会社勤務を経て、2010(平成22)年「花に眩む」で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞しデビュー。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『桜の下で待っている』『やがて海へと届く』など。手触りのある生々しい筆致と豊かなイメージに溢れた作品世界が高く評価されている。小説の他の著書として、東日本大震災の被災記『暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出―』がある。( 彩瀬まる | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

[投稿日] 2018年02月11日  [最終更新日] 2018年2月11日
Pocket

本

関連リンク

作家の読書道 第174回:彩瀬まるさん - WEB本の雑誌
確かな筆致や心の機微をすくいとる作品世界が高く評価される一方、被災体験をつづった貴重なノンフィクション『暗い夜、星を数えて 3・11被災鉄道からの脱出』も話題に。海外で幼少期を過ごし、中2から壮大なファンタジーを書いていたという彼女の読書遍歴は?
インタビュー 作家 彩瀬まるさん|集英社 WEB文芸 RENZABURO
2013年春に刊行された、彩瀬まるさんの長編デビュー作『あのひとは蜘蛛を潰せない』。ドラッグストアで店長として働く28歳の梨枝を中心に、ひとりの女性が初めての恋を経て自立にいたる道のりを卓越した筆力で描き出し、書店員を中心に熱い注目を集めている。
彩瀬まるさんの読書日記:作家の"ぬか床"に放り込まれる「知らない世界の本」とは
丁寧に紡がれた物語の中に、きっと誰の心にも響く一文がある――。そんな心に灯をともしてくれる作品で、多くの本読みから高い支持を集めている新鋭・彩瀬まるさん。
宮木あや子×彩瀬まる - オンライン書店Honya Club.com
普段から仲良しの女性作家2人が語る、お互いの作品と、「作家仲間」という存在について。
よわむしぱちん|コフレ|祥伝社WEBマガジン
「コフレ」は小説、エッセイ、コミックなどの読み物を提供する無料ウェブマガジンです。大切なものをしまってある宝箱を開くときのようなわくわくした気持ちで、アクセスしていただければ幸いです。