イラスト1
Pocket

荒俣 宏 雑感

荒俣宏と言う人は博覧強記の知識人として今でもメディアによく登場する人です。「帝都物語」という一大長編小説で名を知られるようになり、怪奇現象や超常現象のコメンテーターとしても知られています。

この作家はフィクション、ノンフィクション併せて多数の著作があるようですが、私は「帝都物語」しか読んでいないので他の著作の紹介は出来ません。

ただ、この「帝都物語」という作品は、荒唐無稽ではありますが、全体的な構成は別として個々の事柄は博物学や神秘学に裏付けられています。SF小説(ファンタジーでもSFでも分類はどうでもいい)ですが、「風水」という言葉が一般化したのはこの作品からではないでしょうか。

特に映画版の評判がよく、当時の日本映画の一大作品であった事は間違いありません。

[投稿日] 2014年12月29日  [最終更新日] 2015年7月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのSF伝奇小説

半村 良
妖星伝 」  SF伝奇小説の最高峰だと思っています。
隆 慶一郎
吉原御免状 」  吉原誕生の秘密が記された「吉原御免状」をめぐる伝奇活劇小説。
山田 風太郎
魔界転生 」  復活させられた柳生宗矩や宮本武蔵らが同じく復活した柳生十兵衛と戦います。
栗本 薫
魔界水滸伝 」  ラヴクラフトのクトゥルー神と日本古来の神々との戦いが描かれた作品です。これは面白い。
夢枕 獏
陰陽師 」  安倍晴明の活躍を描いています。
本

関連リンク