イラスト1
Pocket

相場 英雄 雑感

新潟県三条市生まれ。新潟県立三条高等学校を経て外国語専門学校卒業後、キーパンチャーとして1989年に時事通信社に入社。当初は情報端末の編集部門で市場データの編集業務を担当していたが、市況担当記者に欠員が生じたため記者職に転じた[1]。経済部記者として日本銀行、東京証券取引所などを担当したが、大卒ではないという理由で大蔵省担当にはなれなかった[2]。2005年、『デフォルト 債務不履行』で第2回ダイヤモンド経済小説大賞(現・城山三郎経済小説大賞)を受賞し小説家デビュー。2006年、時事通信社を退社し作家専業になる。BSE問題を扱った2012年の『震える牛』が累計28万部のベストセラーに[3]。2013年、『血の轍』が第26回山本周五郎賞候補作、第16回大藪春彦賞候補作になる。(「ウィキペディア」からの引用)

未だ二冊しか読んでいないので相場英雄という作家の感想を書くまでには至りません。

でも、既読の二冊を読んだ限りでは多分もう読まない作家、というわけでもなさそうです。綿密な取材と、それに基づく構成と力強さを感じ、読み応えを感じたのも事実です。

特に経済面が強い作家だということであり、確かに流通の側面の描写には凄いものがあります。

ただ、好みの問題かもしれませんが、個人的にはもう少し人間描写に厚みがあれば、と思いました。この二作品を読んだ限りでは、流通過程関連の描写や経済事犯の描写はそれなりのものが感じられても、私にとっては、その裏にいる人間についてその行動の意味や動機づけなどにもう少し力を割いた作風が好みのようです。

[投稿日] 2014年12月29日  [最終更新日] 2015年10月16日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

推理小説の分野は佳品が多く絞ることが難しい分野ですね。個人的な、あくまで個人的な参考意見だと思ってください。
砂の器 ( 松本 清張 )
本書は社会派推理小説の名作中の名作です。先年、ビートたけし主演でテレビドラマ化されました。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
木賞受賞作品。相当に面白い。
警官の血 ( 佐々木 譲 )
親子三代にわたり警察官となった男達の人生を描く大河小説です。2007年の日本冒険小説協会大賞を受賞し、直木賞のノミネート作でもあります。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
キャリアの刑事鮫島が新宿の町を掃除する。骨太のハードボイルドと言っても良いでしょう。
隠蔽捜査 ( 今野 敏 )
正論を正論として生き抜くキャリアが主人公です。
ストロベリーナイト ( 誉田 哲也 )
若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説!(Amazonの内容紹介より)

おすすめの経済小説

価格破壊 ( 城山 三郎 )
ダイエーの創業者中内功がモデルです。
ハゲタカ ( 真山 仁 )
NHKでドラマ化され評判を呼びました。
炎熱商人 ( 深田 祐介 )
第87回直木賞受賞作品です。
油断! ( 堺屋 太一 )
現役の通産官僚時代に書いた本です。その後多方面で活躍されています。
大番 ( 獅子 文六 )
少々古い本ですが、相場の仕手戦を描いていて、面白さは保証付きです。
本

関連リンク