夢枕 獏

イラスト1
Pocket

新書

双葉社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


格闘小説なんですが、この作品のように真正面から格闘技と取り組んだ作品はそれまであまり無かったのではないでしょうか。

主人公は丹波文七という空手を初めとする種々の格闘技を学んだ若者で、それに対し、空手家松尾象山、プロレスのグレート巽など現実の格闘家を彷彿とさせる人物が配置されています。他にも柔術や古武術などの使い手も登場する格闘技の一大イベント小説となっています。

武道に対する作者の強い思い入れが感じられる作品です。

エロスは全くなく、純粋に「誰が強いのか」という現実の世界での問いかけを小説の中で表現しようとしているのでしょう。

今では無くなったK-1やプライドが一世を風靡しましたが、それらよりずっと前にこの小説は書かれています。プライド等の格闘技に興味のない人には面白くはない物語かもしれません。でも、少しでもそれらの格闘技を面白いと思った人にはたまらない作品だと思います。

なお、本シリーズは現在のところ餓狼伝全13巻と、新・餓狼伝2巻、別巻1が出ていて、上記各リンクは餓狼伝全13巻全体を4分冊とした「新装版」にリンクしています。

[投稿日]2015年04月05日  [最終更新日]2015年4月5日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの格闘小説

夢枕 獏 という作家の格闘小説には他に「餓狼伝」「獅子の門」「東天の獅子」他もあります。
孤拳伝 ( 今野 敏 )
中国で独学で拳法を学んだ少年が、日本で復讐を遂げ、さらなる成長を目指す成長譚。物語自体はともかく、理詰めの格闘場面の描写は見事です。
義珍の拳 ( 今野 敏 )
日本に空手(唐手)を伝えたとされる松濤館流空手の始祖船越義珍を描いた物語。
高千穂 遙 ( 暗黒拳聖伝 )
20年以上前に読んだ本なので正直良く覚えていませんがとても面白かったと・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です