結城 充考

クロハシリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは アルゴリズム・キル [ 結城充考 ] へ。


組織捜査を逸脱する行動が問題視され、所轄署の警務課に異動になったクロハ。内勤中心の日々は単調だが、ようやく慣れ始めた。しかし、身元不明で傷だらけの少女が保護され、未成年の不審死が連続するなか、クロハのもとにも、存在しないはずの少年に関する、「奇妙な噂」がもたらされる。独自調査をはじめるクロハだったが、彼女は常に誰かに監視されているような気がしてならなかった―。(「BOOK」データベースより)

第12回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した『プラ・バロック』、『エコイック・メモリ』に続く、クロハシリーズの長編第三作です。他に第63回日本推理作家協会賞候補にもなった「雨が降る頃」を収納している『衛星を使い、私に』という短編集があります。

これまでの短編集も含めた三冊は、警察小説とは言っても、今人気の 今野敏佐々木 譲といった王道の警察小説とは異なったSFチックな独特な世界観を持った作品で、それなりの面白さを感じていました。

しかし、シリーズ前巻を読んでから本書を読むまでに間を置いたためか、どうも世界観に入り込みにくい。

シリーズものですから、これまでの主人公の背景が当然のこととして描いてあるため、主人公の性格、来歴を思い出すのに手間取ったことに加え、主人公のクロハの冗長なまでの心象の描き方に違和感を感じてしまったことが理由だと思われます。

前作においての捜査活動が原因でクロハは神奈川県警の機動捜査隊から所轄署の警務課へと移動させられていました。そうした中、その所轄署管内で未成年の不審な死が続き、所轄署内にに捜査本部が立つことになります。

その事件が気にはなりつつも、虐待が疑われる少年の保護に立ち合って欲しいとの区役所子供支援室からの依頼を受けるクロハでしたが、この電話はその後の無戸籍児童の問題へと繋がっていきます。

また、本部の電脳犯罪対策課のシイナからは、仮想空間上での陣取りゲームの中で、ユーザーが登録する柱の位置が、未成年の連続した不審死という現実の事件の発生場所と一致しているという情報がもたらされるのでした。

そうした舞台背景のもと、主人公クロハは姉の子アイを慈しんでいたのですが、クロハの仕事上の暴走が原因で引き離されています。また、捜査の一線から排除されていることもあり、常に内向きに生きているクロハです。それゆえだと思うのですが、前述のように本書ではクロハの心象描写が繰り返されます。

これまでのシリーズ各巻でもこのように心象が語られていたのかは忘れてしまっているのですが、多分本書のようではなかった、と思うのです。

登場人物の心象に深く入り込んだ作品と言えば、あさのあつこの『弥勒シリーズ』がありますが、本書は『弥勒シリーズ』での心象の描き方とは異なり、抒情性はあまりありません。本書の文章はずっと乾いています。

それは、このシリーズの持つ世界観が、バーチャルな世界を背景にしていることと無関係ではないとも思われるのですが、それにしてももう少し人間味があってもよさそうに思ってしまいました。

本書の登場人物はすべてカタカナで表記されていて、それも本書の雰囲気に一役買っていると思われるのですが、何よりも物語の中でバーチャル世界が展開され、その中でとある登場人物との会話が為されたりします。その世界感はやはりSFなのです。

[投稿日]2017年10月15日  [最終更新日]2017年10月15日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

少々毛色の変わった警察小説です。
孤狼の血 ( 柚月 裕子 )
菅原文太主演の映画『仁義なき戦い』を思い出させる、ヤクザの交わす小気味いい広島弁が飛び交う小説です。それでいてヤクザものではない、警察小説なのです。この手の暴力団ものが嫌いな人には最も嫌われるタイプの本かもしれません。
教場 ( 長岡 弘樹 )
警察小説というには少々語弊があり、警察学校小説というべきなのかもしれませんが、ミステリー小説として、警察学校内部に対するトリビア的興味は勿論、貼られた伏線が回収されていく様も見事です。
尾根を渡る風 ( 笹本 稜平 )
『「山岳+警察」小説』というのが惹句にあった文句ですが、どちらかというと『春を背負って』に近い、ミステリーというよりは、人間ドラマメインの連作短編集です。自らの失態により、青梅警察署水根駐在所へと降格された元刑事の江波敦史の人情豊かな警察小説です。
機龍警察 ( 月村 了衛 )
コミックやアニメでかなり人気を博した「機動警察パトレイバー」の小説版、と言ってもいいかもしれません。それほどに世界観が似た小説です。とはいえ、本書のアクション小説としての面白さはアニメ類似の作品として捉えていては大きな間違いを犯すことになるほどに重厚な世界観を持っています。
マル暴甘糟 ( 今野 敏 )
今野敏の人気シリーズの一つである『任侠シリーズ』の登場人物である、気の弱い甘糟達夫刑事を主人公として書きあげた小説で、本書を第一作としてシリーズ化されています。甘糟の相棒である郡原虎蔵は甘粕の先輩であり、マル暴刑事の典型のような男で、甘糟はいつもこの郡原刑事の顔色をうかがっているです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です