横山 秀夫

イラスト1
Pocket

文庫

文藝春秋

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。(「BOOK」データベースより)

本書はD県警シリーズの一冊で、64(ロクヨン)とは昭和64年に起きた誘拐事件を指し、D県警内部で密かに伝えられてきた呼称です。

主人公はかつては第一線の刑事だったのですが、今は広報官という立場に居ます。この”広報官”という職種を主人公に据えた作品を他には知りません。

この主人公が広報官という立場から、第一にはマスコミと、第二に警察組織自体と、第三には自分の部下たちと戦うのですが、その描写が泣かせます。

そうした中、再び誘拐事件が起きます。この誘拐事件をめぐり、広報官として関わる主人公と警察組織、マスコミ、そして犯人とのせめぎあいが続きます。この作家の一番の見せ所なのでしょう。物語は一気にクライマックスへ向かいます。

少々長い本ですが、十分な読み応えがあります。実に面白い小説です。

ところで、広報官は警察という組織の窓口であり、その警察は当然公開すべき情報も組織として決定されるのだと思っていたのですが、この本の中ではそうでもないようです。刑事部は広報を信用せず、情報を小出しにしかしないのです。この作家は警察と言う組織のことをフィクションとはいえ適当に作って書くとは思われないのですが。実態はどうなのでしょう。

2015年4月から、NHKでピエール滝を主人公とし、全5回のドラマとして放映されています。

[投稿日]2015年04月23日  [最終更新日]2015年11月11日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

推理小説の分野は佳品が多く絞ることが難しい分野ですね。個人的な、あくまで個人的な参考意見だと思ってください。
砂の器 ( 松本 清張 )
本書は社会派推理小説の名作中の名作です。先年、ビートたけし主演でテレビドラマ化されました。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
警官の血 ( 佐々木 譲 )
親子三代にわたり警察官となった男達の人生を描く大河小説です。2007年の日本冒険小説協会大賞を受賞し、直木賞のノミネート作でもあります。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
隠蔽捜査 ( 今野 敏 )
正論を正論として生き抜くキャリアが主人公です。
新参者 ( 東野 圭吾 )
卒業―雪月花殺人ゲームを最初とする「加賀恭一郎シリーズ」は、この作家の「ガリレオシリーズ」と並ぶ超人気シリーズです。
教場 ( 長岡 弘樹 )
警察小説というには少々語弊があり、警察学校小説というべきなのかもしれませんが、ミステリー小説として、警察学校内部に対するトリビア的興味は勿論、貼られた伏線が回収されていく様も見事です。
本

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です