山本 一力

イラスト1
Pocket

新刊書

光文社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


山本一力著『だいこん』の続編です。前作で、浅草という土地で一膳飯屋「だいこん」を繁盛させた主人公の’つばき’が、深川で新たな店を出すところで終わったのですが、その後のつばきの更なる苦労が描かれています。

浅草で苦労した末に、江戸でも独特な気風を持つ深川という町で新しく一膳飯屋「だいこん」を開店したつばきだった。そこに、大店である佐賀町の木島屋から、上棟式のときの弁当という大口の注文が舞い込む。新しい土地での幸先のいい仕事に、精いっぱいの心意気で客先の体面をも考えた弁当をこしらえるつばきだったが・・・。

主人公が、困難に直面しながらも、ひたすらに人としての正道を貫き、周りの人の助けを得て、商売の心得を学びながら成長していく、一つのパターンの物語ではあるのです。そうした定番ものではあるのですが、魅力的な登場人物や、巻き起こるトラブルへの、さまざまな人たちの助力を得ながらも主人公の必死な、それでいて真摯に対処していく物語の筋立てが実に魅力的です。

山本一力という作家には同様の設定の作品も多く、千葉の菜種農家生まれの主人公が深川の油問屋の養女になり、数々の障害を乗り越え生きていく『菜種晴れ』、絵師である親の才能を受け継いだ娘が襲いかかる数々の困難を乗り越えていく成長物語『ほうき星』などがあります。

他の作家でいうと、一人の女料理人である少女の成長期でもある 高田郁の『みをつくし料理帖シリーズ』は爽やかな読後感をもたらしてくれる作品です。また、私がかつて読んだ本で忘れられない作品に、ふた昔も前の作品ですが、金も力も無い一青年が相場の世界でのし上がっていく物語として 獅子文六の小説「大番」があります。この作品は胸躍らせて読んだものです。

山本一力の文章は決して美しい文章ではありませんが、好きなブログの一つである「独り読む書の記」の管理人のkosoegawaさんが書いておられるように、私には「この物語は、一膳飯屋を営む娘の成功物語では決してなく、苦労物語で」あり、人間の誠実さを全力で肯定しているところが好ましいのだと思えます。

他の作品にしても同様です。正直であること、誠実であること、努力すること、なかなかに難しいそれらのことを骨子としながら、読み物として面白い作品を多数書かれているのです。この作家のもう一つの傾向である「漢(おとこ)」を描いた作品でも、結局は同様に’誠実さ’が描かれているのです。

[投稿日]2016年01月14日  [最終更新日]2016年1月14日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの人情小説

これと言って限定できる分野ではありません。私の好きな作品の一部です。
髪結い伊三次捕物余話シリーズ ( 宇江佐 真理 )
髪結いの伊三次とその妻とお文、そして伊三次が世話になっている同心の不破友之進の家族の物語です。
立場茶屋おりきシリーズ ( 今井 絵美子 )
品川宿門前町にある「立場茶屋おりき」の二代目女将のおりきの、茶屋に訪れる様々な人との間で織りなす人間模様が、美しい条件描写と共に語られます。
信太郎人情始末帖シリーズ ( 杉本 章子 )
呉服太物店美濃屋の跡継ぎの信太郎と引手茶屋千歳屋の内儀おぬいの二人を中心とした人間模様を描く人情物語です。
御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。
橋ものがたり ( 藤沢 周平 )
江戸の町の様々な「橋」をモチーフにし人情時代短編小説集。
人情裏長屋 ( 山本 周五郎 )
この作家の短編作品集は武家もの、滑稽ものなどどれか一つの分野ということはありません。本作品集にしても武家ものが多いようですが、市井ものもあり、私が最初に読んだ作品集ということで取り上げました。
雨やどり ( 半村 良 )
時代小説ではありませんが、人情ものと言えばお勧めです。SFの巨匠としての顔のみならず、人情小説の大家でもある半村良の直木賞受賞作品です。
本

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です