渡辺 容子

イラスト1
Pocket

新刊書

双葉社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは イン・パラダイス [ 渡辺容子 ] へ。


小田切可憐は、かつて公私ともにパートナーだった桜井勇気を交通事故で失って以来、希薄な人生を送っていた。現実から逃げるかのように、見合い同然で今の夫のもとに嫁ぎ、それなりによき妻として振る舞ってきた。そんな可憐の唯一の趣味がパチンコ。ホールのなかだけの、本名すらも知らない仲間たちとの、あっさりとした人間関係がなによりも居心地がよかった。ところが、そんな仲間の女性のひとりが自殺を遂げる。死の原因を探りにきた彼女の元夫は、死んだ桜井と瓜ふたつだった。可憐は、その元夫に惹かれる自分に疚しさを感じつつ、彼の素人捜査に付き合うのだった…。家庭、仕事、遊び、道ならぬ恋…自分たちの「楽園」を探して彷徨う現代女性を描いた社会派ミステリー。(「BOOK」データベースより)

平凡(?)な主婦が、趣味とするパチンコで知り合った仲間の自殺の謎を解こうと素人探偵として挑む物語です。

パチンコを唯一の趣味とし、パチンコホールで知り合った仲間たちとの他愛もない毎日をおくる小田切可憐。彼女は、かつて婚約者でもあった桜井とデュオを組みヒット曲も出していたのですが、桜井を交通事故で失うという過去を持っていました。

ある日、相談があると話しかけられたパチンコ仲間の永遠子の頼みを断ったその日に、永遠子は死んでしまいます。そのことに負い目を負っていた可憐は、永遠子の兄という、死んでしまった婚約者の桜井に瓜二つの男に心を騒がせ、共に永遠子の自殺の謎を探ろうとするのです。

この物語は可憐たちの行う永遠子の死の謎の追及が見どころとなっているのはもちろんですが、あわせて、可憐の桜井似の男に対する恋心と、若干オタク的な雰囲気を持ってる可憐の現在の夫の柾との夫婦というもののあり方、という複数の見どころがあるように思います。

女性目線でしか描けないであろう、かつての男と今の男の間で揺れる女心、と言ったところでしょうか。

一般的なミステリー作品では普通に起こるサスペンスフルな出来事は本作ではあまり起こりません。そういう意味では、普通の主婦の普通の生活の中で繰り広げられるミステリーだと言えるのでしょう。

ただ、過去のこととはいえ、ヒット曲を飛ばし生活に困らないだけの金を有している女を普通の主婦と言えるかは気になるところですが、そこは目くじらを立てるほどのものでもないと思われます。

私が読んだ作品には主婦が主人公のミステリーは思い浮かびません。ただ、 月村了衛の『ガンルージュ』がありました。ただ、この作品は、テロリストにさらわれた子供を助け出すために、今は普通に生活をしている主婦の秋来律子が、昔の凄腕工作員だった姿を取り戻し、ワケあり担任教師の渋矢美晴と共に誘拐犯との戦いに挑む、という話であり、サスペンスアクション小説ではあっても、主人公が普通の主婦であるミステリーとは言えないと思います。

普通の主婦を主人公としたサスペンスとして調べて見ると、勿論いくつか上がりますが、調べていく中でよく見る作品の一つに、柴田よしきの『PINK』という作品がありました。主人公の夫が、ある日を境に別人のようになってしまい、殺人容疑で逮捕までされてしまいます。「震災後の神戸を舞台に、愛の再生を描いた傑作長篇ミステリー。」との惹句があり、なかなかに面白そうです。

また、加納朋子の『七人の敵がいる』という作品も散見されました。「育児と仕事を何とか両立してきた、ワーキングマザーの陽子。息子の小学校入学で少しはラクになるかと思いきや、PTA・学童父母会・地域子供会などに悲鳴を上げる、想像以上に大変な日々が幕を開けた……。」との内容紹介の文言からすると、ミステリーというよりは惹句にある通りの「痛快子育てエンターテインメント」というべき作品のようです。

ちなみに、本書に出てくるパチンコのCR機とは、プリペイドカードに対応したパチンコ台のことだそうですが、でも実際はフィーバー台のように殆どギャンブルだった台のことを言っていたような気がします。私がパチンコにはまった遥か昔にはもちろんありませんでした。私がやめる頃に出始めたのではなかったでしょうか。

また、私がやっていた頃はホールも今のようにお洒落でもなく、女性でやている人はそれほど多くは無かったと記憶しています。

[投稿日]2017年09月17日  [最終更新日]2017年9月17日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた推理小説

刑事・雪平夏見シリーズ ( 秦 建日子 )
大酒飲みで、無駄に美人といわれている女性刑事を主人公とする警察小説です。本書は、篠原涼子主演でテレビドラマ化され人気を博した「アンフェア」の原作でもあります。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。
女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ ( 吉川英梨 )
警視庁鑑識課に勤める原麻希は、かつての上司の戸倉加奈子と共にそれぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。そこにはかつて壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
姫川玲子シリーズ ( 誉田 哲也 )
「姫川玲子シリーズ」の一作目であり、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に、刑事たちの活躍が描かれます。若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です