渡辺 容子

イラスト1
Pocket

新刊書

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは エグゼクティブ・プロテクション [ 渡辺容子 ] へ。


トップランナー、真姫の警護を担当することとなったボディガードの八木は、自らの髪を金色に染め、ハイ・プロファイル・プロテクションを実施する。企業のイメージキャラクターとして、アスリートとして、涙を見せず気丈にふるまう真姫に、悲劇は襲いかかる。コーチが殺害され、あらぬ疑いをかけられた真姫を救うため、八木の率いる女性警護チームがあらゆる危険を排除すべく動いたが―『左手に告げるなかれ』の江戸川乱歩賞作家、渡辺容子が圧倒的なスピードとスケールで描く渾身のボディガードエンターテインメント。(「BOOK」データベースより)

本書は、位置付けとしては第42回江戸川乱歩賞を受賞した『左手に告げるなかれ』の続編ということになるのでしょう。ところが、前作での主人公八木薔子の職業は保安士、つまりは万引きGメンだったのですが、本書での八木薔子は女性ガードマンになっており、物語も主人公の職種が変わっているためか、アクション性を帯びたミステリーとでも言うべき物語になっています。

本書での警護対象者である真姫はマラソンランナーであり、さまざまな妨害や物理的な攻撃まで受けているのですが、あるとき彼女のコーチが殺されてしまいます。コーチは誰に、そして何故殺されたのかという謎を抱えながら物語は進み、真姫に対する妨害行為の裏には企業の思惑が絡んでいることが判明してきます。

ボディーガードの本来の職務からすると襲撃者に対する反撃などはもってのほかであり、まずは警護対象者を安全に逃がすこと、つまりは「逃げる」ことこそ職務だと聞いたことがあります。とすれば、必然的にアクション小説としての場面は後退せざるを得ないということでしょうか。それでも、やはりエンターテインメント小説としての面白さは損なわないように、うまく処理してあります。

本作品では、ボディーガードという職務の内容を、スタッフの動きまで描写しつつ、読者に分かりやすく描いてあります。本作では女性が主人公であるからこそ、真姫の心のうちまで配慮するガードを心がけるという特色を出していて、物語の持つリアリティーも満たし、読みごたえのある作品だと思いながら読みました。

どうもこの間の保安士からボディガードへの異動の話は短編集の『ターニング・ポイント』に記してあるようです。近いうちに読んでみましょう。


ボディーガードを主人公にした小説といえば 今野敏ボディーガード工藤兵悟シリーズという作品があります。傭兵として世界の戦場で戦ってきた経験を活かしてボディーガードを生業としている工藤兵悟の活躍は、アクションを得意とする今野敏らしい作品に仕上がっています。

また、 大沢在昌 にも腕利きのボディガード・キリを主人公とした獣眼という作品がありました。こちらは、大沢作品にしては若干キレがないかと思わせられる作品でした。しかし、読み手の好みに左右されるような気もします。

[投稿日]2017年06月01日  [最終更新日]2017年6月1日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

機龍警察 ( 月村 了衛 )
コミックやアニメでかなり人気を博した「機動警察パトレイバー」の小説版、と言ってもいいかもしれません。それほどに世界観が似た小説です。とはいえ、本書のアクション小説としての面白さはアニメ類似の作品として捉えていては大きな間違いを犯すことになるほどに重厚な世界観を持っています。
グレイヴディッガー ( 高野 和明 )
主人公八神俊彦というワルのある一夜の逃避行を描いた作品で、その疾走感は久しぶりに読みました。
ボディーガード工藤兵悟 ( 今野 敏 )
その優れた格闘術と世界の戦場で戦ってきた傭兵経験を活かしてボディーガードを生業としている工藤兵悟の活躍を描いたアクション小説。
鯱シリーズ ( 西村 寿行 )
仙石文蔵をリーダーとする天星、十樹、関根という四人の荒唐無稽なスーパーヒーローの活躍が爽快です。エロス満開ではありますが、アクション小説としても超一流だと思っています。
亡国のイージス ( 福井 晴敏 )
日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞を受賞しています。ミニ・イージスシステム搭載ミサイル護衛艦「いそかぜ」を自衛隊員と共に乗っ取った北朝鮮工作員に対し、仙石恒史先任伍長が叩きを挑みます。
本

関連リンク

『エグゼクティブ・プロテクション』(渡辺容子):|講談社BOOK倶楽部
『左手に告げるなかれ』の江戸川乱歩賞作家、渡辺容子が圧倒的なスピードとスケールで描く、渾身のボディガードエンターテインメント!
著者メッセージ: 渡辺容子さん『エグゼクティブ・プロテクション』
勢いで打ち明けちゃいますと、作品の完成直後は、こんな電話を掛け、「八木」に身辺警護を依頼したい、と思わず本気で考えていたほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です