月村 了衛

イラスト1
Pocket

新刊書

光文社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 槐 [ 月村了衛 ] へ。


水楢中学校野外活動部の弓原公一らが合宿で訪れた湖畔のキャンプ場で、惨劇は起こった。隠された大金を捜す半グレ集団・関帝連合がキャンプ場を封鎖し、宿泊客を虐殺し始めたのだ。囚われの身となった公一たち。だが絶体絶命の状況下、突然何者かが凶悪集団に反撃を開始した!謎の闘士と中学生たちが決死の脱出に挑む。今最も旬な著者による戦慄と興奮の物語。(「BOOK」データベースより)

典型的なアクションエンターテインメント作品だと言えると思います。同じ月村了衛の作品では『ガンルージュ』と似た印象の作品でもあります。

とにかく、物語のリアリティーなど全く無視した、アクションを見せるためだけの舞台設定であり、物語の筋立てです。本書を読んですぐは、この物語の舞台設定の安易さに驚いたというのが正直なところで、それくらい荒唐無稽な話です。

なにせ、半グレ集団がキャンプ場をおそい、そのキャンプ場にいる人間を皆殺しにするところから始めるのですからたまりません。その後の物語の展開も、いくらなんでも、と思わせられる場面が相次ぎ、感情移入などという話どころではなかったのです。

前に読んだこの作家の『ガンルージュ』も似たような印象ではあったのですが、本作はそれ以上でした。

両作品共に、普通人として生活している女性が、実はその世界では名の通った戦士であり、圧倒的な暴力により殺されそうになっている子供たちを救出する、という点で共通しています。ただ、私には『ガンルージュ』のほうがより、受け入れやすい設定だった、というだけです。

そして、本書を読んで時間を経たいまでは、痛快アクション小説として単純に楽しむべき小説であり、それ以上のものを求めるといけないと思うようになりました。そう思って読むと単純に痛快物語であり、ある種のカタルシスを得ることができるのかもしれません。

それは、 大沢在昌の作品の中にもその荒唐無稽さにおいて似たところを持つ作品群があります。その点でまず思い出すのは『明日香シリーズ』でしょうか。銃撃戦で頭部以外をハチの巣にされた麻薬取締官神崎アスカが、脳移植により女マフィアの美しい肉体を得て、かつてのパートナー仁王と共にマフィアと戦う物語というだけでその荒唐無稽さが分かるというものです。でありながら、痛快アクション小説として抜群の面白さを持っています。ただ、映画版は酷評されたようですが。

また、アクションと言えばやはり 西村寿行でしょう。なかでも『鯱シリーズ』は、仙石文蔵をリーダーとする天星、十樹、関根という四人の荒唐無稽なスーパーヒーローの活躍が爽快です。エロス満開ではありますが、アクション小説としても超一流だと思っています。

[投稿日]2017年08月16日  [最終更新日]2017年8月16日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

エンターテインメント性の強い、疾走感に満ちたアクション性が強い小説です。ジェットコースターと言われる小説を中心に集めて見ました。
二重螺旋の悪魔ソリトンの悪魔 ( 梅原 克文 )
両作品とも実にまことしやかな理論付けが為され、如何にもありそうな設定が構築されています。その世界の中でノンストップアクションが繰り広げられるのです。少々味付け程度のホラー性もありますが、何よりもその疾走感は凄いです。
グレイヴディッガー ( 高野 和明 )
主人公八神俊彦というワルのある一夜の逃避行を描いた作品で、その疾走感は久しぶりに読みました。「」ジェノサイドは、2012年版の「このミステリーがすごい!」第一位を獲得した作品で、若干アクション性は控えめですが、スケール感は増大しています。ただ、若干の問題が・・・。
魔獣狩り ( 夢枕 獏 )
エロスとバイオレンスといえばまずこの人でしょう。初期の夢枕獏の作品で、「サイコダイバー」シリーズとも呼ばれます。伝奇及び格闘小説の融合したような物語です。何も考えずにただただ小説世界に浸るべき作品でしょう。
ファントム ( D・R・クーンツ )
アメリカのとある町の住民が居なくなった。「太古からの敵」という正体不明の何者かを相手に戦いが繰り広げられます。モダン・ホラーの代表格として人気を博しました。ノンストップホラーサスペンスです。
ザ・キープ ( F.P・ウィルスン )
この作品もまたモダン・ホラーの代表格と言われます。ただ、この時期の同様の作品の中では一番人間が描かれていると思います。本書もナチスが勢いある時代のトランシルヴァニアのとある城塞を舞台に吸血鬼との戦いが繰り広げられます。「ナイトワールド・クロニクル」六部作の第一作です。
本

関連リンク

【BOOK】月村了衛さん「一種アウトロー的キャラ」が好き “半グレ集団”退治なら痛快でしょ
題名の「槐(エンジュ)」はヒロインの名前だ。それも、とびきり強くてクール。そして“意外な経歴”が凶悪な武装グループとの闘いの中で明かされていく。
コラム別に読む : 槐 [著]月村了衛 - 青柳美帆子 | BOOK.asahi.com
『土漠の花』や『機龍警察』シリーズ、『コルトM1851残月』などで次々に文学賞を受賞している作家、月村了衛。本書は月村の最新作にして、直球かつ豪速球のエンターテインメント小説だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です