辻堂 魁

風の市兵衛シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 夕影 風の市兵衛15 (祥伝社文庫) [ 辻堂魁 ] へ。


“算盤侍”唐木市兵衛は、公儀十人目付筆頭片岡信正の依頼で、下総葛飾を目指していた。信正の配下返弥陀ノ介は親友市兵衛の出立に際し、伝言を託す。葛飾近くの貸元に匿われている女宛だった。道中、市兵衛は貸元が人徳者だったが三月前に暗殺されたと知る。跡目を継いだのは美人の三姉妹で、市兵衛はその手下を偶然助けたことから、縄張り争いに巻き込まれ…。(「BOOK」データベースより)

風の市兵衛シリーズ第十三弾です。

今回の物語は、痛快小説のど真ん中を行く王道の痛快小説でありました。対立する二つの一家の一方は昔ながらの任侠道を大事にしている一家であり、もう一方は役人と結んで無理を承知の横車を押すヤクザもの。ましてや任侠道を大切にする一家は、先代が殺された後美人三姉妹が一家を切り盛りしているというのですから、市兵衛がどちらに力を貸すかなど、問うまでもありません。

今回の依頼は、下総葛飾のとある寺にいるらしい、普化僧となっている息子の消息をたずねて欲しいというものでした。また、併せて返弥陀之助からも、葛西の吉三郎親分のもとにいると思われる、かつての敵で異国の剣の使い手である「青」の様子を見てきて欲しいとの頼みもありました。

ところが、葛西の吉三郎親分は何者かの手によって殺されており、その後を美人三姉妹が継いでいたのです。この一家こそが任侠道を大切に守ってきた一家であり、対立する一家に狙われていたのです。

本来の、普化僧になっているらしい息子の消息を確かめる仕事をこなす市兵衛。それと同時に、弥陀之助と青との恋模様があり、そして美人三姉妹と市兵衛との絡みもあり、痛快小説としては盛りだくさんの内容でありながら、更にそのそれぞれを丁寧に描写しているのはいつものこの作者の物語です。

高倉健の任侠映画を思わせる舞台設定と、

[投稿日]2017年07月18日  [最終更新日]2017年7月18日
Pocket

おすすめの小説

女性が描くおすすめの人情小説

今回はちょっと視点を変えて、女性作家の描く人情小説です。女性ならではの優しい視点で語られる人情ドラマで、読み終えてからほんのりと暖かな気持ちにさせてくれます。
立場茶屋おりきシリーズ ( 今井 絵美子 )
品川宿門前町にある「立場茶屋おりき」の二代目女将のおりきの、茶屋に訪れる様々な人との間で織りなす人間模様が、美しい条件描写と共に語られます。
髪結い伊三次捕物余話シリーズ ( 宇江佐 真理 )
髪結いの伊三次とその妻とお文、そして伊三次が世話になっている同心の不破友之進の家族の物語です。
みをつくし料理帖シリーズ ( 高田 郁 )
天涯孤独の身である澪は、かつての雇い主であった大阪の「天満一兆庵」の再興を夢に、江戸は「つる家」で様々な事件を乗り越えて生きていく。
信太郎人情始末帖シリーズ ( 杉本 章子 )
呉服太物店美濃屋の跡継ぎの信太郎と引手茶屋千歳屋の内儀おぬいの二人を中心とした人間模様を描く人情物語です。
御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です