辻堂 魁

風の市兵衛シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


風の市兵衛シリーズの二作目です。今回の舞台は内藤新宿の磐栄屋(いわさかや)という呉服太物問屋です。

この磐栄屋では店の主人が暴漢に襲われ怪我を負ったり、跡継ぎである息子は仕入れ先の武州で古参の手代と共に山中で盗賊に襲われて落命したりと災難が続いていた。そこで、代わって仕入れに行くことになった娘のお絹のために、腕が立ち算盤もできる者を探していた。たまたま請け人宿の宰領屋(口入屋)にいた市兵衛は、その話を請けることになる。ただ、磐栄屋の災難は麹町に店を構える呉服店の岸屋が糸を引いており、手先である地元新宿の大黒屋重五というやくざが嫌がらせを仕かけていたのだった。

残念なことに、私は第一作目ほどの面白さは感じなかったのですが、文芸評論家の縄田一男氏は「あとがき」で、私の感想とは真逆に、「本書は、一作目の二倍は面白い」と書いておられました。

確かに、本書は磐栄屋の主人の人となりに焦点が当てられていたり、他方では市兵衛を磐栄屋へと結びつけるきっかけになった小僧の丸平(がんぺい)が、こまっちゃくれてはいるが憎めない小僧として描かれていたりと、主人公以外の登場人物への配慮が一作目よりも丁寧に為されているようです。

でも、個人的にはその点こそが、市兵衛が一歩引いた形となり、一作目ほどの面白さを感じなかったと思うのですが。でも、市兵衛の人となりは一作目で十分に語ってあるし、まだその一端しか見えていない市兵衛の過去も少しずつ紹介されてはいるし、などと考えると、私の本作品に対する第一印象は修正すべきなのかもしれません。

一作目で大変な目にあった同心の渋井鬼三次は、本作でもなかなかに重要な役割を果たしていたり、市兵衛の影の仲間とも言うべき存在も変わらずに活躍し、読者を楽しませてくれています。それほどに、本作品はエンターテインメント小説としてかなり面白さを持つ作品であることは否定できないでしょう。

[投稿日]2015年04月14日  [最終更新日]2015年7月7日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です