辻堂 魁

風の市兵衛シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 架け橋 風の市兵衛20 [ 辻堂魁 ] へ。


唐木市兵衛を相模の廻船問屋が言伝を持って訪ねてきた。相手は返弥陀ノ介の許から姿を消した女・青だった。伊豆沖で海賊に捕えられるも逃げだしたらしい。弥陀ノ介には内密にと請われ、市兵衛はひとり平塚に向かう。一方、弥陀ノ介は“東雲お国”と名乗る女海賊の討伐のため浦賀奉行所に派遣される。だが、お国は、弟を殺された哀しみで、復讐の鬼と化していた…。(「BOOK」データベースより)

風の市兵衛シリーズ第十八作目の作品です。

 

市兵衛が、深川油堀の一膳飯屋「飯酒処 喜楽亭」で飲んでいるとき、廻船問屋弓月の主の七衛門という男が、「青」との一文字だけが書かれた一通の手紙を抱え訪ねてきて、市兵衛に「助けてほしい。弥陀ノ介には言うな」との伝言を伝えます。

早速に、七衛門の船で青が待つ須賀湊へと向かった市兵衛は、お腹がそうとわかるくらいに丸くなっている青と再会します。話を聞くと、弥陀ノ介のもとを逃げ出した後、品川宿で上方商人に拾われ船で上方へ向かう途中に難破して海賊に拾われたものの、海賊の一人を斬って逃げだし、七衛門に助けられたと言うのです。

すぐに弥陀ノ介のもとへ連れ帰ろうとする市兵衛でしたが、弟を殺された海賊の首領東雲お国の復讐心は強く、その手下が市兵衛と共にいる青を見つけるのでした。

 

今回は久しぶりに物語の展開として新鮮に読むことができました。前巻でも「シリーズとしての普通の面白さ」しかないと書きましたが、本巻は痛快小説として、いつも以上に惹かれた作品でした。

それはやはり、異国の女剣士である“青”が再びこの物語に登場してきたことによるものでしょう。話自体は、青の復帰と復讐心に燃える海族との闘い、と言うに尽きるのですが、やはりいつもと異なる人物の登場によりシリーズの流れも雰囲気が変わると思われます。

本書自体もそうなのですが、弥陀之助と青との組み合わせが今後のこのシリーズにどのように関わってくるものなのか、そうした物語全体の流れに対する興味がかき立てられます。

 

合わせて、このシリーズのもう一つの魅力である、豆知識の披露があります。今回も前巻に続いて船の話です。

それは、弁財船と呼ばれる大坂と江戸とを結ぶ大型木造帆船の話であり、関東近辺の海運に用いられた五大力船という海川両用の廻船についての説明です。

本書では、廻船問屋弓月の五大力船と、海族の乗る、帆走・漕走併用の小型の高速船である押送船(おしょくりぶね)が物語の中心となっています。

 

本書ではもう一点、市兵衛の婿入りの話で盛り上がっている一膳飯屋「飯酒処 喜楽亭」の仲間の話もまた小さな山であるのかもしれません。始めて市兵衛の婿取りの話が本格的に進み、宮仕えをする市兵衛が誕生するかもしれないのです。

シリーズものの常として、若干の魅力度の落ちてきたことを感じないでもなかったこの物語ですが、今回は少しですが盛り返したような気がします。

 

ちなみに、シリーズも二十巻となり、“青”という新しいメンバーが増えたと考えていいものなのか、シリーズの二十一巻目には、気付いたら『風の市兵衛 弐』と名称に「弐」の文字が付加されていました。このシリーズも心機一転し、新たな展開が見られることを期待したいものです。

[投稿日]2018年04月15日  [最終更新日]2018年4月15日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの人情小説

髪結い伊三次捕物余話シリーズ ( 宇江佐 真理 )
髪結いの伊三次とその妻とお文、そして伊三次が世話になっている同心の不破友之進の家族の物語です。
立場茶屋おりきシリーズ ( 今井 絵美子 )
品川宿門前町にある「立場茶屋おりき」の二代目女将のおりきの、茶屋に訪れる様々な人との間で織りなす人間模様が、美しい条件描写と共に語られます。
みをつくし料理帖シリーズ ( 高田 郁 )
天涯孤独の身である澪は、かつての雇い主であった大阪の「天満一兆庵」の再興を夢に、江戸は「つる家」で様々な事件を乗り越えて生きていく。
信太郎人情始末帖シリーズ ( 杉本 章子 )
呉服太物店美濃屋の跡継ぎの信太郎と引手茶屋千歳屋の内儀おぬいの二人を中心とした人間模様を描く人情物語です。
とんずら屋シリーズ ( 田牧 大和 )
隠された過去を持つ弥生という娘の「夜逃げ屋」としての活躍を描く、連作の短編集です。痛快活劇小説と言えるでしょう。この作家には他にからくりシリーズという娘が主人公のシリーズもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です