高嶋 哲夫

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


「首都崩壊」というタイトルからくる、地震による惨禍が描写された作品、との思い込みとは異なり、巨大地震のもたらすであろう経済的な側面に焦点を当てた、シミュレーション小説というべき内容の作品でした。

「国土交通省のキャリアである森崎のもとに、異なるルートから東京直下型地震発生の可能性が高いという情報がもたらされた。同じ情報に接した総理大臣の能田は、国交省内に首都移転チームを立ち上げる。以前首都移転構想のリーダーだった村津を首都移転室の室長とし、森崎もそこに所属することになるのだった。

まず、個人的な不満点から書きますと、主人公の立場があまりにも都合が良すぎます。能田総理に情報をもたらしたアメリカ大統領特使と、日本の地震研究の第一人者とともに森崎の親友であり、常に最新の情報を一番に知る立場にいるのです。さらに言えば、首都移転室の村津室長の娘が世界的な建築家の所員であり、首都移転の青写真を作るチームの一員でもあるのです。この作家は、『首都感染』でも同様に主人公の立場があまりにも都合の良すぎる設定でした。

もう一つの不満点を書きますと、ネタばらしになるのであまり書けないのですが、物語の根本のところで、最終的に村津室長という個人の長期的展望に救いを求めているのは、いかがなものかという気はしました。

本書は地震そのものよりも、地震のもたらす経済的損失に焦点が当てられています。東京を巨大地震が襲い、それに日本政府がうまく対応できない状況が国際的な評価を下げ、経済の破たんをもたらしかねない、という点にあります。その対処法として首都移転が考えられたのです。

地震そのものではなく、地震のもたらす経済的観点から描かれているところはユニークです。経済というもの自体をあまり理解できていない私なのでとても面白く読みました。道州制の議論も首都移転に伴うものとして議論されるのですが、その点もあまり理解できていない分野でしたので、興味深く読みました。

本書についての著者のブログでは、「21世紀の『日本沈没』です。新しい日本の形を書きました。」と書いてあり、続けて『「経済」「為替」「金融」「世界恐慌」「国家破綻」「ヘッジファンド」……。』と経済に関係するような単語が羅列してあります。地震に伴う物理的損失やパニックそのものではなく、経済的側面を描こうとしたと言っておられるのでしょう。その面では作者の思惑に乗って引き込まれた訳です。これらの言葉の意味すらよく分かっていなかったので、別に調べる必要はありましたが・・・。

著者本人が『「新しい都市論」かな。』と書かれているように、シミュレーション小説として、新しい視点で読んだほうがよさそうです。そいう視点で見ると、パニック小説に期待する、人間ドラマの描写の薄さに対する不満も解消されるかもしれません。この点は、私の別館ブログの感想を修正することになります。

この作家にはほかに『M8』『TSUNAMI』『東京大洪水』のような自然災害三部作や、『首都感染』のような物語も書かれています。

[投稿日]2015年09月06日  [最終更新日]2015年9月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのパニック小説

各種パニック小説です。未読の作品もあります。
蒼茫の大地、滅ぶ ( 西村 寿行 )
中国からやってきた飛蝗(トノサマバッタ)のために壊滅的な被害をこうむった東北六県は、日本政府からも見捨てられ、日本国との軍事的対立をも辞さないとして独立を宣言するのだった。非常に面白いシミュレーション小説です。他に『滅びの笛』などもありますね。
日本沈没 ( 小松 左京 )
小松左京氏は「国土を失った民族の行く末」を描きたかったらしいのですが、そこにまでは至っていません。日本という国土そのものが無くなって行く過程がシリアスに描かれます。面白さは抜群です
終末のフール ( 伊坂 幸太郎 )
小惑星との衝突により、三年後の滅亡が判明している社会で、人はどう生きるのか。生きることの意味が問われる短編集です。未読ですが評判が良い本です。
夏の災厄 ( 篠田 節子 )
東京近郊で日本脳炎が発生。従来のものとは異なり、致死率が非常に高いものであり、対策も立てようがないのだった。特定のヒーローではなく、普通の人々の夫々の活躍が描かれています。
油断 ( 堺屋 太一 )
日本に油が入ってこなくなったら・・・。通産官僚であった著者が描くシミュレーション小説というべきかもしれません。
大空港 ( アーサー・ヘイリー )
グランドホテル方式によるパニックドラマです。一時期はこの人の作品は全てベストセラーでした。映画化もされています。
南極大氷原北上す ( リチャード・モラン )
スペインの国土ほどあろうかというロス棚氷が南極大陸から切り離され、時速13キロで太平洋を北上しはじめた。全編緊迫感に満ちた小説です。
本

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です