高田 郁

イラスト1
Pocket

文庫

角川春樹事務所

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 出世花 [ 高田郁 ] へ。


「不義密通を犯した妻の血を引く娘に、なにとぞ善き名前を与えてくださらぬか」幼いお艶と共に妻敵討ちの旅に出て六年、江戸近郊で無念の死を遂げた矢萩源九郎が寺の住職に遺した言葉である。しかし、源九郎の骸と魂は三昧聖によって清められ、安らかに浄土へ旅立つ。「艶」から仏縁の「縁」と改名した少女が美しく成長する姿を、透明感溢れる筆致で描く感動の時代小説。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。(「BOOK」データベースより)

本書は作者高田郁の小説家としてのデビュー作です。

主人公の仕事が現代で言う「おくりびと」という設定がまず驚きました。

「湯灌場」を持つというお寺で育てられた主人公は、死者を風呂に入れ、死に化粧まで施す「湯灌」という作業を通じて他者とかかわり、成長していきます。

設定が設定なので「死」から正面と向き合うのですが、決して暗くも、重くもなく、他の作品とそれほど異ならない筆致で物語は進みます。

デビュー作ということですが、とても新人とは思えませんでした。

[投稿日]2015年04月13日  [最終更新日]2017年5月25日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの人情小説

海の見える理髪店 ( 荻原 浩 )
通常言う人情小説とは異なるかもしれませんが、心に染み入る様々な家族の物語が語られる、直木賞を受賞した作品集です。
雨やどり ( 半村 良 )
SFの巨匠としての顔のみならず、人情小説の大家でもある半村良の直木賞受賞作品です。
善人長屋 ( 西條 奈加 )
『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した著者の、人情味にあふれた連作の時代短編小説集です。
濱次シリーズ ( 田牧 大和 )
梅村濱次という歌舞伎の中二階女形を主人公にした作品です。軽く読めるのですが、それでいて舞台小屋の小粋な雰囲気が全編を貫いている、人情小説といえると思います。ミステリー性はあまりありません。
ご隠居さん ( 野口 卓 )
落語や書物などの圧倒的な教養があり、人あたりもさわやかな腕利きの鏡磨ぎ師の梟助じいさんが、さまざまな階級の家に入り込み、おもしろい話を披露し、ときにはあざやかに謎をときます
本

関連リンク

【ダ・ヴィンチ2015年4月号】「高田郁」特集番外編 | ダ・ヴィンチニュース [http://ddnavi.com/dav-contents/230089/a/_green]
ダ・ヴィンチ2015年4月号の第二特集は、「みをつくし料理帖」シリーズで知られる高田郁(たかだ・かおる)さんの特集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です